今日、耳鼻科の再診に朝から光ちゃんパパと出かけた。

『あのね・・私は医者がなんと言っても、この子はどうも聞こえていない事が多い気がするし、今でもたまに耳を触っている事が多いので痛いのかもしれないの。キチンと聞いてみてよね』ママは気になっていたのでパパに言いつけた(笑)

結果・・・
どうして、医者はもっと早く気がつかなかったんだろう・・。

光ちゃんは鼻の中に大きなポリープが出来ていて、それが耳の膿や空気の換気を妨げているので、中耳炎を繰り返し。
今日3度目の聴力検査では『かなり聞こえていない事が有る可能性がある』の診断が出た。

ここ一ヶ月の間に2度も聴力のテストをして、毎回『耳はキチンと聞こえています』と言ったじゃないか!

そして、『ミュンヘンの大学病院で早期に診断を受けて手術を受けてください。入院に掛かる日数は最低3日。全身麻酔で行われ、3日間はママも一緒に入院する事になる』と言われたそうだ。

帰ってきたパパはママに説明できず、ここまでの情報は何とかネットで調べて理解した。

何なんだ!光ちゃんが始めて中耳炎に掛かったのは去年の年末、今まで4回も中耳炎になって、なぜ?早いうちに専門の病院への診察を薦めてくれなかったんだ!ママには分からないけれど、もしかしてもっと早かったらこんな小さな子供に全身麻酔で手術なんてしなくても良かったんじゃないのか?

もし、今日もママがパパに言わなかったら?光ちゃんはこのまま慢性中耳炎になるか?難聴になってしまったんじゃないのか?

そしてまた、今回もまた抗生物質が処方された。
今までもう何種類の抗生物質をこの短期間に出したんだ?
子供は自分では症状をうまく訴えられない、だから、こうしてママである私が医者に連れて行くのに、そこで納得できる診断が受けられない。しかし、連れて行かないわけには行かない。

なんだか・・理不尽で納得できない。

こんな小さな子に・・全身麻酔で手術・・・。いくらなんでも可哀想で・・。でも、やらなければ、悪化するだけなら、しないわけにいかないだろう。

医者によってはこの手術はこの年ではまだ早すぎてしないほうが良いと言うらしい、紹介されたミュンヘンの病院は専門だと聞いた。ここで、出来れば他の方法が見つかることを祈っている。

予約は12月14日。どうなるんだろう・・・。
2004.11.29 初映画!
今日は近所のショッピングセンターに新しくオープンした映画館に出かけることになった。

『映画館はさあ~!ポップコーンが食べられるんだよねえ~!』光ちゃんはこの前からそればっかり・・
『あのおおお・・・映画を見に行くのであって、ポップコーン食べに行くんじゃないんですが・・・』ママは思ったが、光ちゃんはどこで見たのか?

映画館=ポップコーンの図式が出来上がっているらしい。

『果たして、映画の上映中大人しく見ていられるんだろうか?』ママ・・かなり不安だった。

しかし、この映画館!チケットの購入も座席もすべてインターネットで出来ちゃう!
いやああ~!便利だねえ。

おや?ところで、ドイツの映画館ってのはみんなこうして座席指定なのか??ママは初めてなので、良く分からないが、そうだったらかなり便利。値段も日本に比べればかなりリーズナブルだし、第一出来立てなので、きれいだし、座席も二人用の席なんかあって、とにかく広いんだよ!

ポップコーンも購入して、始まる前にアイス売りが来て、これまた買う。(苦笑)

結局、ポップコーンは多すぎて半分以上捨てちゃったんだけど・・甘いのと塩味とあって・・ママは塩味が良かったんだけど・・光ちゃんのリクエストで甘いのになっちゃった。

見た映画は”ポラーエクスプレス”光ちゃん音の大きさにかなりビビッて居てママの手をしっかり握っていたし、途中で一回、トイレに行ったけれど。おとなしく見ていた。

なかなか、良い映画では有ったけれど、やっぱり、光ちゃんには難しかったと思う。光ちゃんにはまだアニメの方が良いね。

しかし、終わったとき、光ちゃんはまた
『まだ帰らない~!!』と、泣き叫び・・ついでに、飲まなかったジュースを捨てるために、ママが飲んだら。
『光ちゃんが飲みたかった~!!!』と、叫び・・またまた、ここでも周りの失笑をかった。

これって・・毎回そうなんだけれど。日本語で叫ぶのは止めて欲しいわ!そこまで全部ドイツ語なのに、こういう我がままだけは、日本語って、フェアじゃないわよねえ!!(怒)

その結果・・映画の後の映画館の隣のイタリアンレストランでの食事はお預け(涙)になり・・ママの怒りをかって・・・帰ってきたのは言うまでも無い。

折角、楽しかったのに・・毎回こうなんだもん。嫌になっちゃうよなああ~・・

まあ・・初映画・・こんな感じで終了しました。
今日は光ちゃんとピザ作りをした。

生地から作るのは初めてなんだけれど・・・

『おお!大きくなったよおお~♪』発酵させたピザ種を見て光ちゃん大興奮。

『光ちゃんがするよおお~』と、のし棒を離さないので、
『まあ・・どうせ私たちが食べるんだから・・どんな形になってもいっか・・』って思って、光ちゃんに任せた。

『光ちゃん穴を開けないようにね!力いっぱいしちゃ駄目よお』それだけ言って、ママは具を切った。
チラッと見ると光ちゃん真剣な顔をして生地を伸ばしている。

『これでいい?』光ちゃんは言う。
『そうねえ~・・じゃあ・・今度は伸ばした生地にオリーブオイルを塗って、フォークで穴を開けて、トマトソースを塗って。』と、ママも一緒に隣でする。

次は切った具を見せる。

『たまねぎ、パプリカ、トマト、サラミ、ツナ缶、片寄らないように上手においてねえ。』ママが言っている横で、光ちゃん、サラミを摘んで
『ちょっと味見♪』なんて言って食べている。(笑)

山盛りになっちゃったが・・気にしない!

『最後にチーズを乗せよう』ママが言うと、光ちゃん
『これも光ちゃんがするううう~』と言って、山盛りにする。

表示よりも少々長い時間焼かなきゃいけなかったけれど。

出来上がった!!!

『うわあーー。食べる~!』光ちゃん張り切っていたが・・
『あ・・あつい・・・冷ます・・』と言う。光ちゃん熱い物は苦手・・

それでも、自分で作ったピザは美味しかったらしく、食べながらも
『またこのピザ食べたいねえ。また一緒に作ってねえ~』と言う。

しかし・・隣で食べていたパパ・・
『生地が厚いな・・』とか何とか言いながら、6分の一も食べずに終了。見ると上手に乗せたサラミだけ食べている。
『生地は光ちゃんが作ってくれたのよ』と言ったのに、パパはそれ以上食べない。見ると光ちゃんものすごく悲しそうな顔をしている。

挙句・・
『僕はピザはあまり好きじゃないんだよなあ・・』だと。

光ちゃんが楽しんで食べたのでよしとするが、次回はパパの居ないときに作ろう。だって、これじゃあ、折角光ちゃんが作ったのに・・うれしさも半減じゃん!!!(怒)

ママは光ちゃんに
『光ちゃんの作ってくれたピザは美味しいねええ~』と言って食べた。『そう?』と、光ちゃんは笑顔になった。

明日はまた新しい魚料理に挑戦する。これも、絶対にパパは好きじゃないだろうね。良いのだ!パパはダイエットするべきなんだから!!

肉ばっかり食べていたら・・近いうちに死ぬぞ!パパ!
最近、ママは光ちゃんを連れて買い物に行かなくなった。理由は一つ!
一緒にいる買う買う星人(爆)が煩いので・・

しかし、昨日は写真を受け取らなきゃいけないのと、光ちゃんの誕生日にビリーから貰ったレーシングカーの一個が壊れて調子が悪いので、新しいのを一つ買おうと思って連れて行った。

いつも、日用品や食料品の買い物でも何でも
『これ買う!』と煩いので、玩具売り場なんてのは持っての外なんだけれど・・・どうせ、光ちゃんの気に入ったレーシングカーを買わないと、後から他のが欲しくなるので本人に選ばせることにした。

『光ちゃんはさあ・・パトカーが良いんだ~♪』そう言っていたんだが・・・生憎、パトカーは売り切れて置いていなかた。

『じゃあさあ・・この黄色いレーシングカーにしなよお~』ママが言ったが、光ちゃんはどうしてもパトカーが良いらしく、
『光ちゃんはそれじゃなくてパトカーが良いんだよ・・』という。
『でもさあ・・もう一個無けりゃ一緒に遊べないじゃん・・これでいいじゃない?』ママは言った。

そう、レースカーは2台無きゃレースにならないんだもん。一台は後ろのウィングが壊れているので、走らせてもすぐに飛び出しちゃってスピードが出せないので、毎回、ママは負けちゃってつまらない(爆)

しかし、光ちゃんは
『でもさあ・・パトカーが良いんだ・・』と言う。

『そっか・・じゃ、パトカーが見つかったら買おうね?今日は、ここにはパトカーが無いので、買わないよ』ママが言うと、光ちゃん、チョット考えて・・
『うん・・』と言った。

いやあー。ビックリしたねえ。いつもなんでも欲しい物だと思っていたが・・欲しいものが決まっていると、渋々ながらもあきらめる事が出来るようになってきたんだねえ。

当たり前のことなんだろうけれど・・・ママちょっと成長を感じた。
もうすぐニコラウスの日(12月6日)が来るので、その時までにどこかで調達して靴下の中に入れてやることにしよう。

日本ではなじみが無いと思うが、早いもので日曜日は1.Adventだ。

我が家にもすでに4本のキャンドルの置かれたAdvents Kranz(待降節の環飾り)がある。
このAdvents Kranzは、モミの小枝で編んだ環に4本のろうそくを立てたもので。待降節の日曜日こどに1本ずつ火をともし、4本とも終わるとクリスマスが来る)
今週待つから、町ではクリスマスマーケットも始まる。

いよいよ、クリスマスシーズンに突入する。

そうそう・・追記ではあるけれど・・・
来春の日本への里帰りの航空券を予約した♪まだ値段がわからないので、あくまでも仮予約なんだが・・
来年の6月にご主人の転勤で日本を離れてしまう友達がいるので、なんとしてもこの時期に帰りたい。
3月11日出発の、5月9日戻り。なんだか、わくわくする。
朝、光ちゃんを幼稚園に送っていこうと車のところに行ったら!大変!!!

『げ!ドアまで凍っている・・開かない・・』
きのうまでは雨だったのに・・今日は冷え込んだらしく、車は一面氷に覆われていた・・・(涙)

この前、氷を溶かすスプレーを買ってきたのに、パパが使って車の中に放置してある。使うにもドアが凍って開かないんだからどうにもなら無いじゃん!!!(怒)

ドアは引っ張っても何をしてもビクともしない!

『ひゃああああああーーー。凍っちゃった!!!』ママはあせっているのに、光ちゃんは楽しんでいる。

こんな酷寒の中、ただでも、風邪だとか中耳炎だとか言っている光ちゃんを立たせておくわけには行かないので、力任せに運転席のドアをこじ開けて、なんとかスプレーを取り出せた。

『ぷしゅ・・ぷしゅううう』冷たい車内に放置してあったもんだから、出が悪い・・・(涙)持っている手がどんどんかじかんで来る。

なんとか、窓にスプレーして光ちゃんを中に入れて、ドアは開けっ放しのまま(閉まっちゃうと困るもんね)暖房を掛ける。

んもおおおお!!出るまでに15分くらい掛かっちゃったよ!!

しかし、このスプレーすごいねええ~。10秒くらいでどんどん凍りついた霜が溶ける。中身はなんなんだろうねえ?

やっと、幼稚園についた頃に、視界が良くなっていた。

今度から、光ちゃんを乗せる前にスプレーだけはしておいたほうが良さそうね・・。

どうやら・・本格的な冬に突入だ・・
『ママ・・。おしっこ・・』光ちゃん寝付いてから1時間半位で起きて言った。
『おしっこ?早く行っておいで!』ママは寝ぼけながらも光ちゃんにそう言った。
『ふぇ・・ふぇ・・ふぇ・・・』いつもならすぐにトイレに飛んでいくのに、なぜか?光ちゃんメソメソしている。

『もう出ちゃった?』ママは聞いてみたが、まだそんな感じでもないので、
『廊下の電気つけて急いでいっておいで』ママはそう言った、光ちゃん暗い所が怖いので言っているのかと思っていったのだが・・なぜか?光ちゃん一回廊下に出たのに、
『ふぇ・・ふぇ・・・』って泣きながらドアを閉めてズボンの前を押さえてベットに戻ってくる。

『おしっこ出ちゃったの?』ママは再度聞くが、そんな様子も無い。

『・・?早く行っておいでよ』寝ぼけてベットとトイレと間違われちゃったら大変だ!と思ってママは再度促す。

『ふぇ~ふぇ~・・』ベソかきながらも光ちゃんバスルームに行った・・・。と思ったら。

『ふぇ~!ふぇ~!』バスルームで泣いている。
『どうした?』居間でテレビを見ていたパパが光ちゃんに聞いている。

『ありゃりゃ・・間に合わなかったか~。ママ~!!』とパパが呼んでいる。
『良いのよ!』ママは光ちゃんに声を掛けて着替えを持っていった。

『あらまあ・・』どこからこんなに出るんだろうねえ?って思うほど、バスルームはおしっこだらけジャン・・。まあ仕方が無い。

『こっちにおいでよ』ママは下半身びっしょりの光ちゃんを呼ぶが、光ちゃん泣いちゃっている。

『泣かなくても良いじゃない?ベットは今日は濡れなかったんだからね?チョット遅かっただけよ・・』ママはそう言うが・・光ちゃん泣いているので、パパはママが光ちゃんを叱っているとでも思ったようで、眉をしかめる。

『あのなあ・・こんなことで怒らないぞ!少なくともあなたよりはこういうことには慣れているんだから!(怒!)』ママはそう思いながら・・光ちゃんを着替えさせる。
『眠い~眠い~・・ふぇ~ふぇ~・・』光ちゃんベソかく。

『モップで拭かなきゃ駄目ねえ・・光ちゃん先にベットに戻っておきなよね?ママは後から行くからさ』そう言ってモップを取りに行った途端・・・

『ガシャン!』モップがパパの放置しておいたビール瓶にあたり、割れた!(涙・・)
『大体!何でこんな所にビール瓶を放置してあるんだよ!ボケ!(怒)』ママは心の中で悪態をつく。

『ふぇ~ママ~!!』光ちゃんはベットで半泣きだし、バスルームはオシッコだらけで臭いし、ついでにここではビール瓶が粉々じゃん!!!!!夜の10時半にさあ・・(涙)
しかも!パパは知らん振りでテレビ見ていて!

『ママはオシッコ拭いてから行くから!』って言っていたら起きてきて泣いている。
『何泣いているのよおお?』ママこうなるといささか鬱陶しい。
『オシッコはしたくなかったのにいいいい~!ママが言うから出ちゃったんだよおおお~!!』そんなことを言って泣く。
『なんだよそれ?そういう責任転嫁って無いんじゃない?』粉々のビール瓶を眺めてママはそう思った。

『全く!この家の男たちは!!!!(怒)』

ママが割れたビール瓶を拾い集め、掃除機を出し始め、光ちゃんの泣きが一層酷くなってきた頃、パパが来た。
『何泣いているんだ?(これは光ちゃんに)もう俺がする!(これはママに)』と、言ってきた。
『ふん!もう大方片付いているわい!』ママはそう思ったが、オシッコの海のバスルームのモップ掛けを黙々とした。(そう!パパはオシッコの後片付けはしたくないわけよ!)

この人ってさああ・・自分はなんだと思っているんだろう?今まで4年間、ずっと思っていたんだけれど・・
あんた!どうしてここまで育児に参加しないんだ?そのくせ、なぜ文句だけは言うんだ?
私は何かい?この子の乳母か何かかい?じゃ、あんたはそれに見合う報酬を私に払っているって思っているのか?
冗談じゃないぞ!!!
駄目だな・・・

光ちゃん、ここ数日、オネショしたり、夜中にオシッコで起きる事が多い。
疲れているんだろうか??ぐっすり眠れていないんだろう。
かわいそうに・・・早く眠れると良いんだけれど・・。
光ちゃんの咳・・・
寝るまで1時間半も咳き込んじゃった。
あまりの酷さに、途中で咳止め飲ませたけれど・・酷い。

幼稚園から戻って、今日もまた光ちゃん昼寝しちゃった。
光ちゃんをご存知の方なら、これがどんなに珍しい事なのか?分かるだろう・・。きっと、しんどいに違いない。

でも、医者も何度も行っているし、はっきり言って
『これ以上は・・』と、感じる程薬も変えて飲んでいる。

どうなっちゃっているのか?このままじゃ寝不足も続くしかわいそうだ・・・どうすりゃいいんだろう?
ここいらでまた日本へ戻って薬を貰いたい・・

ドイツの薬じゃ効かない・・そんな気がする。
2004.11.22 Piraten Party!!!!
今日は待ちに待った”海賊パーティ”だ!

光ちゃんは朝からウキウキ♪
『幼稚園に行きたくないなあ・・』昨日貰ったおもちゃで遊びたい光ちゃんだが
『幼稚園に行かないとみんなが光ちゃん病気だと思って、パーティに来てくれないかもよおお~!』ママが言うと、光ちゃんは

『あ!そうだ!』と眠い目をこすりつつ支度して出かけた。

光ちゃんの留守中にママは、買い物を済ませて、部屋の飾り付けや風船を膨らませる事や、鍵付きの宝箱を作らなきゃいけない!中に入れるみんなへのプレゼントも箱つめしなきゃいけない!

大忙しだった・・・ケーキのデコレーションは帰ってきてからすれば良いので、買い物のついでにお昼も買ってきちゃった。(手抜き・・)

光ちゃんを迎えに行ってラファエロが昨日から来ていない事が気になったが・・・他の二人はパパやママが
『じゃ!3時にね!』と言ってくれた。

午後3時・・どうにか部屋の飾りつけもケーキも間に合った。

カメロがパパに連れられて到着!

続いてパトリックがママと来た。ところが!ここで、パトリックカメロを見るなり、ジャケットも脱がずに玄関に立ったまま
『帰る!!ママ~!』とぐずりだした。

なんでも、昼間にカメロがパトリックの遊んでいた”棒”を取り上げて意地悪したらしく・・パトリック曰く・・
『カメロとは友達じゃない!』らしい・・仕方が無く、パトリックのママが何とか説得にかかる間に、お隣のデニスがママと一緒に来た。

ラファエロは来なかった・・(涙)

パトリックを取り成すのに時間がかかり・・結局、予定していたゲームも何も無し!(苦笑)
party1
しかも・・どうしても”海賊”にはなりたくないらしく、カメロと光ちゃんだけが”海賊”になっていた・・

『はあ・・苦労して作ったのに・・(涙)』ママは思ったが・・まあ仕方が無い。

そうこうする内に・・『びーー!』誰か来た。
『あ!ラファエロかなあああ~??』光ちゃんがうれしそうに迎えに出たら・・なんと!1時間も時間を間違えて迎えに来たカメロのパパだった・・・(おいおい・・)

仕方が無いので、結局すべて保護者同伴のパーティになっちゃったが・・
ケーキも食べ終わった5時になってパトリックのママが
『さあ・・帰りましょう』とパトリックを促す。
『いや!』初めはかなり気難しかったパトリックだが、楽しくなって帰りたくなくなっちゃったらしい(嬉)
party2
『来週は家に遊びに来てもらいましょうね!』パトリックのママがそう言ってくれて、何とかパトリックは帰ることに同意した。

『びびーーー』ブザーが鳴った。
『ん?』そう思って玄関を開けると・・そこには、
『あれえ?時間間違った?』と、間抜けな事を言っているラファエロのパパとラファエロが居た!!!

『ラファエロ~~♪』光ちゃんはみんなを送り出すのも忘れてラファエロと遊びたがる。

『じゃあねえ~』その間にみんな帰っていった。

『あええ?4時45分って言わなかった?』ラファエロのパパは言う・・
言わなかった!15時って言ったはずだけれど・・良いのよ!入って!』ママは言った。

大体さあ・・そんな中途半端な時間から子供のパーティはしないだろう??ちょっと間の抜けたラファエロのパパだったが、
『どうせ金曜日だから、7時頃にでも迎えに来てよ』といっておいた。

光ちゃんはラファエロが来てくれてもう嬉しい。

『ラファエロ~。これで遊ぼうよ~』と、色々玩具を提供するんだが・・当のラファエロは全て始めての玩具だから一人で遊びたい。
『じゃ!僕もそれで遊ぶ!』光ちゃんが言うと、ラファエロは
『じゃ違うの探す!』と言う・・
party3

『おやおや・・この二人・・・』ママは寂しそうな顔の光ちゃんを横目に見て事の成り行きを見守る。

『これで遊ぼう!』光ちゃんが言うと、ラファエロは
『こっちで遊んでくれたら僕のベストフレンドだ』と言う。
『じゃあ・・これで遊んでくれたら僕のベストベストフレンドだ!』光ちゃんは言う。そうするとラファエロも負けずに
『こっちで遊んでくれたら僕のベストベストベストフレンドだ!』と言った・・光ちゃん考えて
『Na Ja Gut(まあそれでいいよ)』と言って譲歩した。

あはは。光ちゃんが譲歩するなんてねえ~!

こんな感じでうまくいきだしたら・・・ラファエロのパパが来ちゃった。光ちゃんは玄関に迎えに出て
『入るでしょ?コーヒーでも飲む?』と聞く。(爆)
『ありがとう!君は良い子だねえ~。でも、今飲んできちゃったからいらないんだ。ありがと!』と言う。

『パパもここに残る?』ラファエロはパパに言っているが、
『何言っているんだよ?帰らなきゃ!』と言う。

最後はパパが帰りたがらないラファエロに
『今度一緒に遊べば良いじゃないか!』と言って摘んで(爆)帰っていった。

『あああ・・帰っちゃった・・』光ちゃんは残念そうだった。でも、なんとか楽しいパーティだったようだ。ママは泥のように疲れたが・・・

そうそう・・ラファエロ・・ここに来てすぐにパパに言われておしっこに行ったんだけれどさあ・・どうもウンチもしたような気がするのよねえ・・でも、光ちゃん曰く・・お尻拭かなかったらしい・・・(爆)
言ってくれれば拭いてあげたのになあ・・ズボンのホックは自分で出来ないとママに言いに来たのに、気がついたらもうズボン履いて戻ってきちゃったのよねえ・・・

どうなったかなあ・・?(爆)

今日は、パトリックのママが
『私はMelinolaよ。もうSieっていう堅苦しい言い方は止めて名前で呼んでね』と言ってくれた。

Sieはドイツ語では親しくない人や目上の人に使う敬称なんだけれど・・名前で呼んでね。と言ってくれた。

しかし、折角仲良くなったのに、パトリックは間もなく引っ越して幼稚園を変わってしまうと聞いた。とはいえ・・同じ町の端っこに行ってしまうだけなんだけれど・・・この幼稚園、本当に引っ越してしまい子供が多いんだねえ・・(光ちゃんの天敵だった、ニアメも近々引っ越してしまう)

それでも、パトリックのママは
『引っ越して幼稚園は変わってしまうけれど、折角仲良くなったんだもの、定期的に会わせて遊ばせましょうね』と言ってくれた。
これが唯一の救いだな・・・

カメロは通りをはさんだ所に住んでいるし、デニスはお隣だし、ラファエロのパパもこの近所に住んでいるので、今度は一緒に休日にでも遊びにおいで!と言っておいた。

光ちゃんのお友達!なんだか良い感じだよ。
光ちゃん!4歳のお誕生日おめでとう!
4sai

かなり見づらいんだけれど・・・ママの作ったケーキを壁紙にUPしてみました。(すぐに変えますが・・)

2日間のパーティの写真も少しですが後ほどUPします。

風邪は相変わらずですが・・なんとか誕生日と海賊パーティは乗り越えました。

詳しくは後ほど・・・
今日はおじさんのフィリップが来た。

光ちゃんはまたまたプレゼントをゲットした!(多すぎるっての!)
プレイモビールの郵便配達車だ。

『うわあ~!でも、郵便局は無いの?』と言う。

『おい!図に乗るな!!!』ママは思う。

ちょっと、光ちゃんプレゼント貰いすぎて麻痺してきている気がする。確かに、大人だってプレゼントはうれしい。でも、光ちゃんはもう半ば当たり前と言う感じになっている。来月はニコラウスとクリスマスがある。

またまた、プレゼント攻撃だ!!(苦笑)

物のありがたみが欠けている・・・ママはちょっと心配だ。

ママは疲れた・・・
いやああ~。がんばったよ!

光ちゃんはまだ痰の絡んだ咳が酷い。

そんなわけで、今日は休養日!
光ちゃん耳が痛くて仕方が無い。
痛み止めのシロップがもう1本飲み終える・・。
これは、あまりに変だ。

また、パパと耳鼻咽喉科に出かけた。

明日は光ちゃんの4歳のお誕生日なのに・・・かわいそうに・・せめて耳痛みだけでも、消えて欲しい。

・・・・・ここから、追記。・・・・・・

さっき、パパと光ちゃんが医者から戻ってきた。
前回は、『軽い中耳炎・・』だったのが・・・どうやら、『ものすごく酷い中耳炎』になってしまっていた。

この前、耳鼻咽喉科に行ってから・・その後、何度小児科や救急医に出かけて何度も言ったのに・・・。どの医者もそこまで酷くなっているとは分からなかったし、一回も
『耳鼻咽喉科の診察をお勧めします』とも言わなかった。

小児科の先生は優しくて、いつも休憩の時間も割いて子供達を診てくれるので本当にありがたい存在だ・・

でも、こうして『どうしても痛い!!』と、本人が泣いて訴えているのに、『薬が効くまでは数日かかるから・・』ってのもおかしな話だよな。

たまたま、今朝、ママが医者に行って、新しい薬を買いに、お気に入りのお兄ちゃんの居る(爆)薬局で、空いていたので、話し込んでみた時にも、薬局のお兄ちゃんでさえ
『え?耳の痛みがそんなに続くのはおかしいなあ・・それに、普通なら抗生物質飲めば痛みは1回か2回目には消えるはずなんだけれど・・・もう一回、医者に診てもらったほうが良いと思うなあ・・』って言っていた。

ねえ?そうなのよ。3日飲んで効き目が出るまで10日かかると言う抗生物質でも、痛みが有るのはおかしいのよね?

帰ってきてパパは激怒していた。(だから・・前からいっているじゃんか!!)
『なんていい加減な医者なんだ!次回検診の時には必ず文句を言ってやる!』とね・・本当かね?あんたは、いつもそう言っても本人の前じゃ言えないじゃんか!

とにかく、光ちゃんはがんばっていろいろ薬を飲んだのに、全く改善していなくて、お尻に入れず座薬もあまりの咳の苦しさに何度も我慢していれたのにさあ・・

なんか・・あんまりじゃない?

耳鼻咽喉科の先生は
『もし、これから耳が痛いと言ったらすぐに小児科ではなくここに連れてきて下さい!』と言ったらしい。

今夜は耳の入れる薬を我慢して入れた・・明日の幼稚園でのお誕生日会やお家でのお誕生日会。そして、金曜日の待ちに待った”海賊パーティ”が痛み無しで楽しめますように。
今日はやっと光ちゃん幼稚園に出かけた。

ママは反対したんだけれど。パパが『医者がもう行って良いと言ったんだから・・本人も行きたいのならOKだ!』なんて、バカな奴だ!

そして・・帰ってきて光ちゃん疲れたのか?5時に自分でベットに入ってしまった。何も食べていないので6時半に起こしたが・・ものすごく真っ赤な顔をしている。熱があるのか?熱さまし(痛み止め)を飲んでしまっているので、熱があるのか分からない・・

泣きながら少し食べて、ソファに転がってまた寝てしまった。

こんなことはおかしい!いくら疲れても光ちゃんが寝入ってしまうことは無い。

だから、まだ幼稚園は早かったんだよ・・・

心配だ。
2004.11.15 今度は・・・
昨日の薬は4時間効くようだ・・
切れると起きて咳き込む。

それでも、今日は何とか元気も出てきた。

しかし・・・今度はママが本格的になってきた。
咳が止まらない・・・・(涙)

どうやら、光ちゃんと同じ気管支炎のようだ・・
昨夜は咳が出て眠れなかった。

今日は渋るパパを無理やり説得して(半ば脅迫)救急医に出かける。

思ったとおり、この前もらった薬ではもう効かないようで、ママの希望していた(医者か??ママは・・)気管支拡張剤入りの薬と座薬をもらう。

熱も断続的に出ているようで、ぐずぐず言っては泣く。
はあ・・
光ちゃん、やっぱり、昨夜は酷かった。無理して出かけたので、夜には何度も起きちゃった。

今朝、ママが眼医者に行く時、留守番を泣いて嫌がったが、パパが兼ねてからの約束だった、コンクリートミキサー車を買ってくれると言うのでがんばって留守番した。

ほんの数十分、トイザラスに行ったんだが・・。帰りの車の中でまた耳が痛くなっちゃった。

そして・・夜、咳が酷くて、吐いた・・・。

かわいそうに・・・大丈夫だろうか??変えてもらった、咳の薬が強いのかもしれない。

またまた、苦しい夜が始まった。
2004.11.12 Martinsfeier
今日は楽しみにしていた”MARTINSFEIER”(聖マーティンズデー)夕方に再度幼稚園の前に集まって、みんなで提灯行列をする。

光ちゃんかなり前から楽しみにしていたのだが・・・光ちゃんの楽しみなイベントにはつき物の”病気”になってしまった。

朝、昨夜咳が酷かったので、医者に行ってから幼稚園に出かけたにも関わらず・・・
夕方家を出る1時間前に
『うわあああ~んん!!耳が痛い~!!!』と、泣き出した

『え!?だって、今朝、医者に行って診てもらって何とも無かったんでしょ??』ママが聞くが、光ちゃん耳を押さえて涙を流して泣いている。

『ちょっと!(怒)パパ?今朝、お医者さんで耳診てもらったんじゃないの?光ちゃん、耳が痛いって泣いているわよ!!!』ママはパパに言った。

『そんなはずは無い!朝は、何とも無いって言われたんだから!』というが、もう1時間で出かけなきゃいけないので、パパは渋々再度、小児科に電話した。先生にパパは
『さっき、なんとも無かったのに・・そんなはずは無いですよねえ?』と言うと先生は『中耳炎なんて1時間後にでもなるものですよ。』と言ったらしい。(ほれみろ!)

先生も同じ幼稚園に子供が通っているので
『早くしないと、提灯行列に間に合わないわよお!早く診せに来てください!』と言ってくれて、すぐにパパと光ちゃんはお医者さんに出かけた。

結果・・・咳からまたもや耳に来てしまった。このころは、光ちゃんはもう耳が痛くて仕方が無いのに、行きたい!
お医者さんが気を利かせて、痛み止めをその場で飲ませてくれたらしく、
『すぐに効くと思いますよ。これで、当面は何とかなるでしょう』と言ってくれたらしいが、一向に効かないで、泣く。

明日は幼稚園は休ませようと決めて、”提灯行列”に出かける。

駐車場に車を止める頃には、あっちからもこっちからも子供達が集まってくる。

『光ちゃん~~!!!』見るとラファエロが同じ駐車場に車を止めて、光ちゃんを見つけて飛び出してきた。
『ラッファエロ~~♪ハロー』光ちゃんうれしそうに手を振り・・二人でふざけながら歩く。

ラファエロのパパも一緒に来る。(彼女連れで・・・そう・・ラファエロのパパとママは離婚しちゃっているようだ・・)

ママは早速、ラファエロのパパに光ちゃんの誕生日の話を切り出す。
『あのお・・・息子の誕生日の招待状を出したんですが・・来られますか?』そう聞くとラファエロのパパは意外そうに
『え?いつ?ああ・・そういえば、いつだか・・あの子の母親の所で招待状見たな・・・』とつぶやいた。
『11月19日の金曜日に・・』と言うと、ラファエロのパパは
『その日なら大丈夫!住所はどこ?』なんて、早速、携帯電話を出して記憶させていた。

『良かった!うちの子はいつもラファエロの話ばっかりするもので・・来てくれなかったら寂しかったと思うわ』とか何とか言うと、ラファエロのパパも
『ラファエロもいつも光ちゃんの話ばっかりしているよ』と言っていた。

この間も、当の二人は仲良くふざけ合って歩いている間に、集合場所の教会に出た。

rafael


ここには、馬や聖マーティンのコスチュームを着た人、警備のために来てくれた消防署の人や光ちゃんの大好きな”POLIZEI(警察官)”が居た。

『ねえねえ・・ママ!おまわりさんが居るよ!』光ちゃん近寄りたいのに、近寄れないで居る。
『挨拶してみれば?』ママが言うと、光ちゃん手を出して
『ハロー!』って握手求めている(苦笑)
おまわりさんも
『ハロー!名前は?』って聞いてくれて。
『光ちゃん(もちろん本名のドイツ名で)』と名乗る。ママがもじもじしている光ちゃんに
『ねえねえ・・光ちゃんもおまわりさんのコスチューム持っている』って教えてあげれば?と言うと、光ちゃん
『光ちゃんもおまわりさんのコスチューム持っているんだ!』と言う。おまわりさんはニコニコして
『じゃあ、将来は警察官になるんだね?』と言うと。光ちゃん
『うん!』と言う・・おい?そうなのか??(苦笑)この前は確か・・消防士だったんじゃあ・・??

おまわりさんと話せて光ちゃんかなりハイになってしまったが・・見ると誰も居ないので、驚いて、ラファエロ一家と一緒に教会の中に入る。

そのとき、ラファエロが”提灯”持っていないので、パパが光ちゃんの去年の物を貸してあげようと家に取りに戻ることにした。
ラファエロのパパは
『何でラファエロだけが提灯を作らなかったんだ?』って聞いていたんだけれど・・・これって、ラファエロのせいじゃなくて・・・1年目の子供はみんなママが一緒にこの前作ったのにねえ・・ラファエロのママは来なかったし、パパにも言っていなかったんだねえ・・。

教会の中で”Martinsfeier”の話の劇が有った。その間にパパは戻って”提灯”を持ってきてラファエロに貸してあげた。
良かった!これで、ラファエロも一緒に歩けるね。

光ちゃん、実はこの頃、かなり具合が悪くて・・
『ママ~。ママ~(涙)』って泣いてばっかり。かわいそうに、
『そんなに痛いのなら帰ろうか?』ママが言うと、泣きながら
『帰らない~!!(涙)』と泣く。周りは何で光ちゃんが泣いてるのか?分からないのでイチイチ
『実は1時間前から中耳炎で・・耳が痛いの』と言い訳する。(苦笑)それを聞くとみんな
『あらあ・・かわいそうに・・』と納得する。

それでも、何とか行列が終了して・・焚き木を囲んで、フルーツポンチやレープクーヘンを買って食べる。

この頃、またラファエロが光ちゃんの近くに戻ってきて、今度は仲良しのパトリックも挙句の果て・・カメロも近くに集まっていた。

この4人・・・なかなか良いコンビのようで・・
『フォイヤー!!消火ああ!!!』なんて叫びながら、注意して見ていると4人だけ妙にハイになって、一歩ずつ確実に焚き木に近寄っている・・

そのたびに、それぞれの親が
『ラファエロ!』
『パトリック!』
『光ちゃん!』
『カメロ!』と、怒鳴り声を上げて下がらせるが・・最後には追いかけっこになってしまった・・・。(苦笑)

光ちゃんにもママにもパパにも楽しい時間で有った。

が・・帰ってからが大変だった・・はしゃいだせいで、疲れるし、耳の痛さが酷くなってきたようで、
『ひー!ひー!!』泣く。

さっき、やっと最後の薬飲んだら、寝ちゃったけれど・・明日の朝には痛みが無くなっていると良いけれど・・・

それでも、みんなと一緒に”提灯行列”出来て良かった。
今日は、今年入った園児のママが持ち回りで参観できる日だった。朝から光ちゃんはうれしい。

『今日はママも一緒に幼稚園に残るんだねえ~?光ちゃんがいろいろ教えてあげるよね』そう言っていた。
ママも光ちゃんがどんな所で戦っているのか(笑)見るのは楽しみで、酷い咳を我慢して出かけた。

いやあ~。かわいいねえ~。幼稚園生!ちょっと、こいつは手強そう!ってのは何を隠そう光ちゃんじゃん!

他の子は、甲斐甲斐しく年下の子の面倒を見たり、友達とふざけあったり・・

自由時間は自分たちで今日はどこで遊ぶか?表に自分の写真をクリップで留めて決める。
人数が多くなってしまったときは、あきらめるしか無い。
みんなそれぞれ、希望の所に貼って出て行く。

光ちゃん・・・ママにくっついていたので、希望のレゴはすでに満員。仕方が無く、パズルやなにかですごす。
何といっても、子供達、珍しい生き物(ママの事ね)と、遊びたくて仕方が無い、光ちゃんが油断していると、ママのそばに子供が寄ってきて質問攻めにあわせるので、光ちゃんおちおちボーーッとしていられない。

途中、園長先生にオフィスに呼ばれる。
園での光ちゃんの印象なんかやママの質問なんかを話すためなんだが・・・

ここで・・気にしていた事をズバリ指摘された。

1.集中力が著しく劣っている。他の子供がいすに座ってキチンとお話を聞いているのに、光ちゃんはアッチコッチ見たり、椅子を揺すったり、挙句、何が書いてあったのか?の質問には答えられない。

2.物凄く大きな声で叫ぶように話す、注意すると、物凄く小声で話し、中間の声が無い。

などなど・・・ママはかなりショックを受けた。

最後には一度小児科の先生に相談してみては?といわれた。

あっちゃ・・・落ち着きが無いのは分かっていたし、うるさいのも分かっていた・・しかし、沢山の子供を見ている幼稚園の先生に言われるとさすがに考え込んじゃう。

家に戻ってパパに話してみた。

『う~・・・ん』考え込んでいるがあまり重要視していない。
この反応はすでに察していた。

しかし・・・パパが話したことに対して、
『あ~はあ・・・』と、まるで納得したかのように見える光ちゃんに
『あなたパパが何を言ったのか分かっているの?』と聞くと。
う~ん・・パパが何を言っているのか?分からないんだよね・・』という。

そう・・どうやら、ママもパパも周りの先生も、光ちゃんがいかにも納得したそぶりで相槌を打つものだから、理解している物と思い込んでいるようだが、実は分かっていないことが多い!!

きっと、そんなわけで、先生が読んでくれるお話にも興味がもてないのでは無いだろうか?

『光ちゃん、分からないときはキチンと理解できない!って言わなきゃだめよ・・』ママは言った。先生にも、話してみなきゃいけないな。

落ち着きが無いのは、どうやれば改善されるのか?分からないんだけど・・なるべく、いくつもの事を言わずに、ひとつずつ話すようにしよう。

あっちもこっちもじゃ、気が散るだけだものね。ママも光ちゃんとの遊びの最中に
『あ・・あれもして置かなきゃ・・これもしなきゃ』って席を立つ場面が多いので、これはじっと我慢して少しまとまった時間一緒に過ごしてあげよう。(まあ・時間が許す範囲だけれど・・)

幼稚園の先生に
『お母さん、大変でしょう?』と指摘された、まただ・・
先生は同情して
『来週からは1時まで置いて見てはどうでしょう?本来、新入園児は12時までが好ましいのですが、彼は友達も出来たし1時間なら延ばしても大丈夫でしょう。その時間、お母さんは少しゆっくりしてみてはどうでしょうか?』と言われた。

ありゃりゃ・・なんだかねえ・・みんなお見通しなのか。

そんなに他人から見ても疲れているのかねえ・・。なんか、またまた落ち込む・・。

そりゃそうと・・・今日、幼稚園の中で見た出来事。

光ちゃんのお友達のラファエロ、女の子を口説いていてね・・二人で抱き合って見詰め合ってチューしているのよね・・。

いやああ~・・これにはママも目をそらしてしまうような甘~い雰囲気で・・困った・・。

机に片腕ついて、彼女を見つめて見つめられている方も、回りも見ないで二人で微笑んでささやいてチューだよ・・

ドイツの幼稚園って・・すごい・・と思うと同時に、自分の子が女の子じゃなくて良かった!って思うと同時に・・
ラファエロで良かった・・・って思った。(爆)

光ちゃんがあんな雰囲気で女の子口説いていたら、ママ・・考えただけでも落ち込むところだ。

目の前で繰り広げられている”愛のささやき”に当の光ちゃんは大爆笑だった・・

ふう・・。

その後、園庭で、10人くらいの子供達に雪を投げられ逃げた。
さすがに、途中で『もうやめ~!!!』ってお仕舞いにしたが・・ベージュのコート着ていった自分を呪った!

でも、本当にみんなかわいかったよおおお~♪
今日は朝から雪!寒くなってきたよ~。

ところで、ママは昨夜から具合が悪い・・光ちゃんの風邪をそのままもらってしまったらしい。

そんなわけで、今日はパパが光ちゃんの送り迎えをすることになった。(当たり前だ!こんな時期に休みとっているんだからさ・・)

そこで、迎えにいったときの話・・

『ちょっと、こちらに来てください』パパは先生に呼ばれたらしい。

『今日、光ちゃんは、お友達が作ったパズルを蹴り散らして、これは明らかにわざとやったと見られたので、事務室に呼び出して叱りました。充分話をして、二度としないと約束させましたので、家ではこの件はもう叱らないで結構ですが、一応お話しておきます』と言われたそうだ。光ちゃんはものすごく泣いたそうだ。

パパはこの話をそっくりそのまま鵜呑みにして帰ってきてママに話した。

『そうなの!!!??』ママはまたまたビックリ!良かった、ママが迎えに行かなくて・・・何といって良いのか困るところだよ・・・

でもさ・・ちょっと待ってよ。

『これって、誰かが見ていたの?なぜこんなことをしたのか?理由は聞いたの?』ママはパパに聞いても、パパは
『知らないが、先生が言っていた。理由は分からないと、でも、あきらかにわざとやっていたんだから、悪いことだ!』と、パパは決め付けた。

『そんな・・理由が無くてそんなことするかしら?何できちんと聞いて来なかったんだ?こいつは・・?役に立たないな・・ママはそう思いながら、光ちゃんに時間を掛けて、理由を聞いてみた。

その結果・・・

光ちゃんはもう一人のソフィと目をつぶって、後ろ向きに歩く遊びをしていたらしい、光ちゃんはこっち、ソフィは反対側に歩いていて、光ちゃん曰く、床でパズルをしていたカメロに気がつかずに、踏んで壊してしまった・・。というんだよね・・・

これが、本当だとすれば先生の言う”わざと”じゃないわけで・・パパに話すと、
『ふん、あいつがそんなことを言ったのか?君はそれを信じるつもりか?それはあくまでも、光ちゃんの話であって、先生はあれは明らかに”わざとやった”と言った。』と言う。

あのさあ・・あなたねえ・・ちょっと違うんじゃない?
親が信じてあげなくて誰がこの子を信じるんだよ!

ママは光ちゃんの話はきっとそうだったんだろう。と思う。ただ、その後のフォローがいけなかったんじゃないか?って思うんだよね・・
きっと、気がついていつもの『どうしよう!』って思いパニックになったとき、笑ってごまかせるかなあ?ってする、おちゃらけ・・あれが悲劇を生んだんだと思うんだけれど。

それとも、先生が一部始終見ていたのか??それじゃあ、あまりにも光ちゃん、お話創作上手じゃない?

『私はこの子を信じるわ。でも、あなたも少しは先生の話も割り引いて聞いてよね。彼女たちはいつも見てなんていないわよ!それに、あなたもこの子の父親なんだから、信じてあげてよ』ママはそう言った。

この前、友達が来て話してくれた話しで、自分の息子が絶対にやっていないと、言う事を信じて、会社を休んで目撃者探しに息子と学校に登校したパパの話を聞いた。

なんでも、その男の子が前日、クラスメートの女の子のランドセルの中身を全部道に放り出して泣かせた。彼は自分はやっていないと言い張るが、その場にいたと言う、他の男の子の証言を先生が一方的に信じて、その男の子はものすごい量の宿題と反省文を提出する羽目になったらしい。

自分は無実だ!と、泣いて言った子供を信じて、無実を証明するために会社まで休んだお父さんって、すごいなあ。って思った。

ここまでしろとは言わないが・・・。パパも少しは光ちゃんのみかたしてやってよね。

なんとも腑に落ちない一件である。
変なタイトルになってしまったが・・・
その文字通りなんだから、仕方が無いか・・

そう!今日も光ちゃんスケートに行った。今日はパパも一緒なので、光ちゃん張り切っている。

『ママ~♪パパ~♪』なんて、最初はペンギンつかんで大喜びで滑っていたが・・・今日から入った子が3人。まったく滑れない子供達なので、コーチのおじさん、光ちゃんに何やら言って、ペンギンをほかの子に譲る。

『あ!ペンギン無くなっちゃったねえ・・』パパとママはリンクの外で話していた。

『すってん!ころりん!!』光ちゃん真に良く転ぶ!
しかし、そのたびに、一生懸命起き上がっては、前に進もうとしている。

『ありゃりゃ・・』光ちゃん途中で疲れたのか?ハイハイして、リンクを進んでいる・・(苦笑)

後で聞いた話によれば、行く前に見ていた”いないいないばあ”の古いビデオでわんわんと体操する際に、子供達がハイハイしているのを真似たんだそうだ・・・(そんな時にまねしなくても・・・)

たまに、コーチに『ハロー!こっちだって!』って言われて引っ張っていかれていたが・・どうも、光ちゃん、他の上手なグループが気になるらしく・・関係ないのに、そっちみて、くるくる回ってみたりして転がっている・・

『あのお・・きちんと自分のすることわかっているのでしょうか・・・。あなたは・・・まだ、全くの初心者なんですが・・・。光ちゃん・・・。』これ、ママの心の中の叫び(笑)

しかし、よく転んだが、光ちゃんがんばった!

結局、最後までペンギン無しで、やり遂げた。

『スケートは好きみたいね』ママがパパに言うと、
『そうだなあ・・転がっても何度も自分で立ち上がってやっているからねえ・・』って言っていた。

『ねえねえ!見たあ?光ちゃん今日はペンギン無しで滑ったんだよ~!!すごかった?』光ちゃんは1時間後に、高揚した顔でママとパパに話した。

『うん!すごかったねえ!がんばっていたねえ~』ママが言うと、うれしそうに持ってきたお菓子にむさぼり付きジュースを飲んでいた。

パパが帰って来たので、良い所見せたかったのかなあ?

後日談・・・今日見たらお尻とモモの付け根に大きな痣が出来ていた・・(苦笑)
え?だれがって、ママがねえ・・

ここ2週間位前から、左目がおかしい。
目じりに物が入っているような感じが取れない、薬局で目薬買ってきたんだけれど・・疲れ目用にビタミンAのね・・でも、一向に良くならない。

ついでに、昨夜は咳が酷くて眠れずに、起きて咳止めの薬を飲んだ・・

朝から、頭痛がする・・・
目がなんか感じ悪くて、すっきりしない・・・

『少し、そこで横になれば?』パパが見るに見かねて言う。
『光ちゃんが居るのに?』ママは言った。
『寝ちゃだめえ~!』光ちゃんは言う。
『でしょ・・?』ママは言うが、どうも調子が悪いんだよ。そんなわけで。。居間のソファに寝転がる。

『パパ~!光ちゃんと戦いごっこしょよううう♪』そういって、パパを誘って寝室に行ったので、その隙に目を閉じた。

『さ・・さぶいじゃないか・・・』ママは思ったが・・仕方が無い・・光ちゃんの赤ちゃんの時に使った毛布が転がっているので、それを掛けて寝る。

『ぎゃははは!!』光ちゃんの大きな笑い声が聞こえる。
10分後・・・

『あれえ?ママ寝ちゃったかなあ??パパ?光ちゃんの声うるさかったかなああ?どう思う?』パパに聞いている。
『うん・・うるさかったと思うよ・・でも、少し寝かせておきなよな。。』
『そうかなあ?うるさくなかったと思うよ・・』光ちゃん、言っている。

『あのなあ・・二人ともうるさいんだっての!!こんな所で寝られるのはパパくらいだっての!』ママは思ったが、目がしんどいので目を閉じたままで居た。

『寝ちゃったのかなああ・・?どう思う??』光ちゃんシツコクパパに言っている。(苦笑)

30分くらい、このやり取りを聞いていたが、夕飯も作らなきゃいけないので、起きた。

『あ!パパ~!!ママが起きたよおお~!!』大声で言う。

あの・・そんな大声出さなくても、すぐそこに居るので、すでに見えているんだけれど・・

それでも、少し気が抜けるのはうれしい。やっぱり、パパが帰ってきて良かったか・・・

今週は眼科の予約を入れなきゃ・・・
いやあ・・パソコンの再調整されちゃったので、日本語が一時かけなくなっちゃったよ。でも、また書けるようになったので・・機能の日記のUPから・・

今日は朝から、光ちゃん飛び起きて、パパの寝室を覗きにいった。

『パパまだ寝ているよ・・』残念そうに光ちゃん戻ってきたが、ママだってまだ寝て居たいのだ・・
『う・・・じゃあ、パパのところに行って、起こしてきなよおお・・・』ママが言うと、
『うん♪そうする~♪』光ちゃん、そういいながら、パパのベットに戻っていった。
『しめしめ・・・』ママは喜んで再度ベットにもぐりこむ。

まあ・・一回おきちゃうとねえ・・もう眠れないんだけどね。

そんなわけで・・ママも朝から起こされちゃって、仕方が無いので、ふろっしゅさんとカナさんに刺激されて(笑)”ラーメン”の作成に挑むことにした。

”トンコツスープ”を仕込んで・・焼き豚も作り、ラーメンを打った!!

煮込んでいる時間や、面を乾燥させる時間なんかも有るので、
『そうだ♪この前、日本から買ってきてもらった型でシフォンケーキ焼こう♪』そう思って、レモンシフォンケーキも焼いた。

ラーメンを裁断するときに、
『光ちゃんがする~♪』というので、面を伸ばすところから、細い面に切るまで、光ちゃん一人でパスタマシーンを手伝ってくれた。

なかなか、はじめは力が要るので大変だったけれど。光ちゃん全身の力でやり遂げた。

『パパ~!見て~!!』光ちゃんは細くなって出てくる面を得意そうに見せる。
『すごいなああ~!』パパは感心している。

トンコツスープははっきり言って失敗だった。朝から8時間も煮込んだのに、スープストックの味が勝ってしまった・・しょうがや野菜の味だけが勝って、肝心のトンコツの味なんて何もしなかった・・次回は、少し考えなきゃな。

焼き豚・・これまた、しょうゆをケチったもんだから、八角の味が強くなって、光ちゃんには不評だった・・こんなことなら、しょうゆなんて使わずに、前回のように、煮豚にしておくんだった・・・

とはいえ・・半日キッチンに居た甲斐があって、ラーメン食べられて満足。

レモンシフォンは美味しかった♪

パパが居ると、気ままに料理が出来て楽しいわ♪なんせ・・光ちゃんはパパにくっついているからね。

いやああ~♪よかった!良かった!



今朝は朝から、光ちゃん上機嫌!
朝もパッと起きて、口笛や鼻歌で、幼稚園に行く。

幼稚園終了後・・先生が
『今日は光ちゃん朝からご機嫌だったのよ』と言う。
『今日は、パパが戻ってくるんですよ。8週間ぶりに』ママが言うと、先生は
『あ~!どうりでね。良かったね!』と、光ちゃんに言う。

『パパ帰ってきた??』光ちゃんは家に戻る道で言う。

『まだだけれど・・もうすぐね・・』ママは言った。

お昼を食べさせている最中電話が鳴った。
『あ!これはきっとパパだ!!』光ちゃん電話機に走っていって出る。

『パッパ~!どこにいるの?』光ちゃんは聞いている。

『パパね~!後5分で帰ってくるって~!!』光ちゃん大興奮。(まあ・・5分がどの位かはわからないんだけどね)

そして、パパが戻ってきた。

『パパ~!!!!光ちゃんずっと待っていたんだよおおお~!!!』光ちゃんはパパに抱きついて話す。
『パパもずっと待っていたよ~』パパも嬉しそうに光ちゃんを抱っこして言う。

いやあ~。ここから少々、パパと光ちゃんのラブラブタイムなので・・ママはいすに座ってみていた。

『全くねえ・・こんなに家に居ないでも、光ちゃんはずっとパパが戻ってくるのを待っているんだよねえ・・幸せ者だよなあ。』ママは内心思っている。

しかし・・その後・・買い物でワガママ爆発で・・。
初めは、オレンジの値段付けをしたがり、その後はなぜか?切って売っているサラダを欲しがり(これは、多分、プラスティックのフォークが入っていて面白そうだったに違いない・・決して、サラダを食べたかった訳じゃない!)、
その後は、売っても居ない”消防自動車の電動歯ブラシを欲しがり、アイスを買ってもらったにも関わらず、コインを入れて乗る自動車に乗りたがり・・ここで、大泣きと大絶叫をして・・・

結果・・・兼ねてから約束していた、”コンクリートミキサー車”は買ってもらえ無いことになった!

バカだねえ~!!この数十分の買い物をおりこうにしていたら・・コンクリートミキサー車は確実だったのにねえ。
だって、ママはパパの居ないときの光ちゃんの悪行を報告しなかったんだから・・。

8週間も待っていたコンクリートミキサー車は、光ちゃんの大絶叫で夢とかした。(笑)

たまには、こんなことも無きゃいけないね。まあ・・ママは買う気は全く無かったんだけれどね。だって、もうすぐ誕生日やクリスマスが来るんだからね・・

久しぶりに大きな光ちゃんの笑い声が充満していた、我が家だった。
handley u kouchan


(久々に再会した二人の遊びはいつもお医者さんごっこから始まる。随分長い時間二人で寝室にこもっていて、何かを取りに来たHanleyに、今日は何の検診かを聞いたら『光ちゃんのプライベートを検診するの!』と言うので、ママ達は焦って(爆)彼らが閉めるドアを開けて遊ばせた!!ついでに光ちゃんに『光ちゃん!チンチン出して遊んじゃ駄目よお!』って付け加えた(爆)すると、光ちゃんは『じゃあ、お腹なら良い?』って聞いたが、この後、彼らのお医者さんゴッコはすぐに終わった。何でだ?!

今日は午後からエミリーが久しぶりに約束を守って(皮肉)2人のお嬢さんを連れて遊びに来てくれた。

何度も書いているが、Hanleyは、もう幼馴染みたいなもんで、産まれてからの付き合いだ。

Hanleyは、11歳のお兄ちゃんと10ヶ月の妹が居る兄弟の真ん中に当たり、この前、幼稚園に行くまでは、何とも言うことを良く聞くやさしい女の子だった・・・

それがねえ~。この9月から幼稚園に通いだして初めて、”自己”が出てきたのか・・?

『さあ!光ちゃんを手伝って、片付けをしなさい』と、エミリーが促すと
『No!』って言ってしない。何度言われても、
『NO!NO!NO!!』って言う。

言われること全て、
『NO!』だった・・

『はてさて・・これはどうなるのか?』ママが思った瞬間。

『ママが3数える前に片付けなさい!』エミリーもとうとう、怒り始めた。

『NO!』Hanleyは、頑として動かない。それどころか、まだまだ、おもちゃを放り出している。

『1.2.2,5・・・』ここまでエミリーがカウントしても、Hanleyは、動かない。

『3!』エミリーが動いた!

『さあ!来なさい!ママの言うことを聞かないのなら、バスルームに入って反省しなさい!!!』エミリーは、Hanleyを捕まえて(笑)廊下に連れて行って一角に座らせる。

『うわああ~んん!!!』Hanleyも光ちゃんにも負けないような大きな声で泣き叫ぶ。

『黙りなさい!そして、何で叱られているのか?分かったらここに来て片付けなさい!』エミリーはそう言ってさっさと、こっちに来た。

『ごめんなさいね・・』エミリーがママにそう言った。

『ははは。私知っているわ・・これ!家でも毎日この攻防が繰り広げられているわああ~』ママは言った。

『彼女ね、幼稚園では片付けもするのに、家では全くしないし、言うことも全く聞かなくて・・』エミリーは苦笑しながら言う。

その間も、廊下で反省させられているHanleyは、大声で泣き叫んでいる。

『静かにしなさい!』エミリーが言っても、そのまま。声を上げて泣く。

これには、光ちゃんはビックリしている。
『ねえ?Hanleyはどうして泣いているのかなあ?』ママに聞く。

そりゃそうよねえ~。ここに来て、ママのように子供を叱る人って始めて見たわけだもんね。
今までは、自分がいつもこうして叱られるだったんだからねえ。(他のママ達は、いたって穏やかにしているから・・)

『Hanleyは、エミリーの言いつけをキチンと聞かなかったからよ』ママは言った。
『ふ~ん・・』光ちゃんは言って、Hanleyを見に行く。

すると、Hanleyは、泣きながら居間に戻ってきた。

『Hanley?分かったの?じゃあ、光ちゃんと一緒に片づけをするのね?』エミリーが聞くとHanleyは、
『NOOOOOOOO!!!!!』と言って、また玩具を片付けずに放り出し始めた。

『じゃあ、さっきの場所に戻りなさい!!!すぐによ!』エミリーは一度納まった怒りが再発したようだ。
『NOOOO!!!!』Hanleyは、また大泣きで今度はその場で地団太を踏んで居る。

『戻りなさい!』

『ねえ・・?最近、本当に酷いのよ・・(苦笑)だから、この子は買い物に連れて行かないようにしているのよ・・』エミリーは言った。

おや・・これじゃあまるでママと同じじゃないの・・。

『公共の場では、私が何も出来ないって知っているのよ!まさか、その辺に座らせてタイムアウトさせるわけに行かないでしょ?』エミリーは続けた。
『あら!一緒だわ・・・。』ママはちょっと嬉しかった。

な~んだ・・まるっきり一緒じゃん!どうやら、この子達はみんな同じようなもんらしい。

『外で怒りまくって帰ってくるのはどうやらママ一人では無いらしいぞ!』

結局、この後もHanleyは、頑として言うことを聞かずに、最後はお尻をピシャっと叩かれていた。それで、やっと泣きながらも、光ちゃんの片付けに参加した。

いやあ~・・そうかあ~。みんなこの年は、同じような事をして、同じように親を手こずらせているわけだな。

ママ・・ちょっと安心したぞ!

それでも、Hanleyは帰る前にママの所に来て
『ねえ・・また来ても良い?それと、お菓子貰っても良い?』って、ママの所に来て小声で言った。

ママは
『またお出でね。お菓子はお兄ちゃんの分も持って行きなさい。後は、ママの言いつけは守らなきゃ駄目よ。』ってエミリーの居ない所で抱きしめてこっそり言った。Hanleyは、ちょっとはにかんで
『分かった・・』って言った。

明日は、光ちゃんが待ちに待ったパパが帰ってくる。ママにとっては、何の手助けにもならないんだが・・・。少しでも光ちゃんがパパにくっ付いていれば退屈度も低くなるだろう・・。

はあ~。今回の8週間は長かったねえ・・疲れたよ。
『光ちゃんさあ~。ラファエロと、パトリックにね。誕生日来てくれる?っ聞いたんだ~♪そうしたら、来るって~♪』
幼稚園から戻って光ちゃんは言った。

『良かった!良かった!』ママは言った。今日は、光ちゃんを幼稚園に送り届けてから、一人でトイザラスまで出かけて、”海賊グッズ”等等を買ってきたのだ!

紙のお皿やコップ、デコレーション!そして!!特価!オウムも買った♪ゲームも買ったし(これは、この際誕生日プレゼントにしちゃおう!)電池も12本買うともう12本タダ!だったので・・買ったし。お菓子も沢山買った!

トイザラスで悩みに悩んで、1時間半も過ごしてしまった。(本当はママが大変気に入った、実家で飼っていたランちゃん(シェルティ)に似た10ユーロもしないぬいぐるみを最後まで悩んだので、時間が掛かったんだが・・最終的に買わなかったけどね・・)

それが!!なんと!!光ちゃん・・

『ねえねえ~。○○ちゃんも、○○ちゃんも呼びたいなああ~!!あ!○○ちゃんも呼ぼうかなああ~!』な~んて言い出した!!冗談じゃない!

『ちょっと!駄目よ!もうこれ以上呼べないからね!』ママがあせって言うと、光ちゃんは
『なんで??だって・・お友達だしさあ。呼びたいんだよ』と言う・・

『あのお・・・ここにそんな大人数入れないんですけど・・』ママは言った。

大体、ただでも光ちゃん入れて5人も男の子が来るのに、そこに女の子も呼びたいなんて!!収拾が付かなくなるじゃないか!!!

『駄目!絶対に駄目よ!!これ以上は呼べないからねえ!』ママは釘をさしたが・・・光ちゃん小声で
『でも・・明日聞いてみよっと♪』なんて言っている・・

『駄目~!絶対にだめえええ!!!』第一、女の子にあげるプレゼントは買っていないぞおお!海賊グッズだって、数が足りなくなちゃうし・・ミニカーやヘビもらっても、喜ばないぞおおお!!!

でも、お友達が沢山増えたんだね?良かった。でも・・勝手に招待しないでよね・・・。(汗)
昨日まで3連休だったし・・・今日は幼稚園も有った、その後で、ママの友達が子連れで遊びに来た・・・
疲れているはずなのに・・・寝ない・・・

もう22時過ぎじゃん!!明日どうするつもりなんだか??
いつまで経っても寝ないし、添い寝もイライラしてきたので、ほっぽらかして、ママはパソコンに向かう・・

明日、朝起きられるのかねえ~??

そうそう・・光ちゃん先週頃から、急に鼻歌に混じって、口笛を吹くようになった!!
初めは、『テレビの中で吹いているんだろう』と思っていたら・・
なんと!!光ちゃんだった!!!

ママがいつから口笛吹けたか分からないけれど・・3歳で口笛なんて吹くのか・・・なんか・・びっくりだ!!

早く寝てくれよおおお~・・・ママ、かなり風邪で具合が悪い・・このまま、寝よう・・。
何のテーマかって言うと・・
光ちゃんの誕生会のテーマ!その名も!!

海賊パーティ!!!

ドイツではこの”海賊パーティ”ポピュラーらしい。

子供には受けるよね!きっとさ。
誰もがみんなキャプテンフックみたいになっちゃう訳なんだろうけれど・・・

『ふむふむ・・そんなにポピュラーなら、材料も簡単に揃うだろう♪』と思って、ネット検索しても・・・

出てこないジャン!!!!!

紙のお皿なんかのパーティセットが簡単に手に入ると思っていたのに!!!見つからない~!!!

きゃああーーー。でも、ケーキのデコレーションは見つかったぞ!!
それとも・・トイザラスか何かに行けば全部簡単に揃っちゃうのかなあ・・・。

光ちゃんはこの”海賊パーティ”かなり楽しみにしております。

『ママ~♪キャプテンの帽子も作ってよねえ~。宝箱も忘れないでねえ~!あ!ラファエロの分もね!あ・パトリックのもだ~・・宝の地図もあるかなあ~?ねえ?マ~マ♪楽しみだねえ~♪マ~マ♪』と言う・・

『ちょいと・・あなた・・・それじゃあ、手下は居なくてみんな船長になっちゃうじゃない・・』

宝箱は、最後のお土産入れにするとして・・・買えないとなると、光ちゃんの分も入れて(何で入れるんじゃ!)最低でも5個も作るのかあああ!!!

それで?宝の地図も居るのか・?海賊って言えば、緑のオウムだよなあ・・オウムはどこかに有るか??(どういう発想だ?)海賊の旗も作るの~???

ちょっと~!あなた!!ママは何でも作れると勘違いしていないいいい???

もしかして・・
なんか・・大変な事を約束してしまったかもしれない・・。不安だ・・・・
今日の夜中(31日)3時に、夏時間が終わり、今日から冬時間になった。これで、日本との時差はまた8時間になった。

寝ている間に変わるわけで・・朝起きたら1時間違う。
何とも変な感覚で・・家中の時計をチェックしなきゃいけない。

基本にするのは、勝手に時間が変わるパソコンと、電波をキャッチして変わる置時計。

朝から、目覚まし、腕時計、電子レンジ、炊飯器、携帯電話など、出来るものだけ直しておく。

電話の表示やパパの目覚ましは良く分からないので、そのままだけどね・・

そして、今日はハロウィン!

ドイツではアメリカのようにポピュラーじゃないんだけど。ここ数年で少しずつ浸透してきている。

朝から、光ちゃんの要望の”骸骨”のお面作って、パパの古くなったTシャツを着せて、気分はすでに
”ハロウィン”だ!

夜になって、子供たちが
『お菓子くれなきゃ悪戯するよ~♪』と言って、玄関に訪れると、光ちゃんウキウキ!初めは、
『着ない~・・』って言って出るときは着ていなかった”骸骨ルック”が着たくなったらしく。
『ブー!』って玄関のブザーが鳴った途端に
『光ちゃんも骸骨着る~~!!ママ~!急いでよおお~』と言う。

『僕、骸骨に見える~?』光ちゃんは子供たちに尋ねるが、相手はお菓子貰うことに精一杯で、光ちゃんに答えてなんてくれない!(爆)

彼らは大体6時から9時前には帰らなきゃいけないので、一箇所でも多くの家を回りたいわけだもんね。
(もちろん、子供達だけじゃなくて、キチンと物陰で(?)お母さんが付いて回っているので・・時間は厳しそう)

『ねえ・・光ちゃんさあ・・”骸骨に見える?”って聞いたのになんで、何にも言ってくれなかったのかなあ~?』光ちゃん、少々寂しそうだが・・

『今日はいっぱいお化け来たねええ~』と言って喜んでいた。

本当に、骸骨、吸血鬼、魔女・・可愛いお化けが沢山来た!

でも・・やっぱり、一番可愛かったのは、ママの簡単に作ったお面をかぶって、ブカブカのパパのTシャツを着た、光ちゃんの”骸骨”だよ。
ってママは思った。

こうして、近所の子供たちが来てお菓子もらったりするのって・・何だかいいなあ~・・・って思った。

来年あたりは、光ちゃんも近所を回るのかなあ~?(もちろん、ママも一緒にだけどね・・)