『気がつくともう2004年も終わりなのねええ~。』そんなことを呟くママに、耳の遠い老人と化している光ちゃんは
『はああ~?ママ~?今何言ったのおおお?』と言う。

『だからさあ~。もう今年も終わりねええ~!って言ったのよおお』とママが言っても、光ちゃんは
『はあああ~?何だって??』と聞き返す。

全く・・これじゃあ、本当に耳の遠い老人相手に話しているようなもんだよ・・・。(涙)

昨日の予約どおり医者に行くと、すでに見るからにやる気の失せている先生が居た。

『それで?手術はどうなりましたかあ?』と言う。

この先生、その後のうわさで聞いたが、手術を勧めるので有名な先生だったらしい・・・。

パパは、ミュンヘンの病院へ行ったこと、予約を入れてあることなんかを手短に話し、ここ数日、熱を出したり咳が酷かったりなんかを話した。先生は、さっさと耳の中を見て

『中耳炎にはなっていませんから、このまま鼻のスプレーを2~3日やってください』だと・・

鼻のスプレーなんてのはとっくにしているわ!!(怒)それでも、良くならないからこの年末の忙しい時期に来ているんだろう!!!少なくとも自分も小さな子供が居るんだったら、親の気持ち位分からないのか!?

まあ・・医者の子供だったら、勿論手厚い看護を受けられるんだろうなあ・・。

なんて、複雑な思いで薬も出ない、たった2~3分の診察を終了した。

まあ、すでに峠は越えてしまったし、手術を受けなきゃどうも仕様が無いんだろうが・・この手術だって、受けても全く中耳炎にならないわけでも無いし、鼻の中のポリープってのもまた大きくなる可能性が有るって言うし・・結局、一時的なものなんだよねえ・・。

なんか納得いかないねえ。

そんな感じで、早く終わったので、そのまま年末年始の食料の買出しにも出かけ。なんと1時間半後には今日のスケジュールが全て終わった!
『奇跡だ!!医者に買い物までして1時間で家に戻れるとは!!』パパは言った。(本当に奇跡だよ・・パパが怒り出す前に診察を受けられたんだからね・・)

ママは、ここ数日”かなさんの日記”で読んでから食べたくなってしまった。”シナボン”を検索したが、途中から”アップルシナモンロール”になってしまい・・。
これを作る事に・・ドイツで”ショートニング”がなんと言う名前か良く分からなかったので、”植物性のマーガリン”で代用。これが・・・物凄い結果になって・・。
出来上がった生地が手にくっついたら離れないじゃん!!!

『やっぱり・・適当にやってしまったのが悪かった・・』と両手にくっついた”スライム(って・・分かるかな・・)モドキ”に悪戦苦闘して、一時断念。

『あっちゃ・・これじゃ駄目だ・・』と思ってゴミ箱に放棄したくても・・右手にベチョベチョ、それを引き離そうとした左手にベチョベチョ・・終わりが無いじゃないのおお!

『え~い!このまま発酵させちゃええええ~』と、またまたいい加減な奴なもんで・・ボールに叩き込んで発酵させたが、『やっぱり駄目よねえ・・ベチョベチョじゃ、発酵させても伸ばせないもんな・・』と思い。ラップで包みこんで退治した。

『ねえねえ~。何捨てちゃったのおお?』光ちゃん嬉しそうに聞く。
お化け・・』と、ママが言うと、ゴミ箱チェックを欠かさない光ちゃん、ゴミ箱を覗き込んで
『うわ!本当だ・・』と言う。数十分後に再度覗き込んで

『わわ!!ママ!!大変だあああ!!!』と言う。
『ん?』と思って覗き込んだら・・

『ぎゃ・・・』ゴミ箱で発酵している・・巨大化していた!(爆)

その後・・再度、今度はもう少し慎重に生地を作って無事”アップルシナモンロール”が出来た!
写真映そうと思ったんだけれど・・・見た目があまり良くなかったので、止めたが・・

『おいしいいい~♪』光ちゃんが言ってくれたので・・・。

これも成功!!!

しかし・・やっぱり、ママにはパン生地は合わないらしい。

今日もまたくだらない事を書いてしまったが。

日本はすでに31日大晦日だねええ。

皆様今年もこんなくだらない日記に付き合ってくださって、どうもありがとうございました!!
また、来年も相変わらずくだらない日記だと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

皆様、良いお年をお迎えください!!

光ちゃんは寝る前に本を読んでもらうのが好き。

まずは、パパにドイツ語の本を読んでもらって、ベットに来る。その次に、ママが本を日本語の本を読む。

日本に居るわけでは無いので、そうそう新しい本が手に入るわけでも無いので、聞いているほうも読んでいる方も、じきに覚えてしまう。

ここで、ママは主人公の名前を”光ちゃん”に変える。時には、友達の名前なんかにも”ラファエロ”やなんかに変えちゃうと、光ちゃん大喜びになる。

しかし・・たまに大きな間違いが起きる!これが、今日の本だ!

今月初めに届いた本(定期購読で毎月日本から月遅れで届く)ご存知の方もいらっしゃるだろうが・・。

福音館書店から出た”おおぐいひょうたん”の、なぜか?”ひょうたん”の部分を”光たん”に変えた。(爆)

このひょうたん、魔物が化けて何でも食べちゃうんだけれど。最後には”ぽっか~ん!”と、割れて燃やされちゃう。

何とも酷い話になちゃった!!いつもは、読んでいる最中ずっと
『ぎゃはは!光ちゃんじゃないよおお~!』と言いつつも喜んでいるんだけれど・・今日は最後まで無言のまま・・。そして、読み終わったときに光ちゃん一言。

『明日はさ・・”好き好き光ちゃん”にしてよね・・』と言って寝た。(爆)

これは、赤ちゃんの時の本で”すきすきピヨちゃん”の本!光ちゃんが一字一句覚えている本。

あはは・・そうよねええ~!人を食う”ひょうたん”じゃ、嫌だよねえ。明日は、”ぴよちゃん”にしよう。

この変名シリーズ(勝手に名付けるな・・)では、”三匹のクマ(作トルストイ)”が光ちゃん一家になったり、”いっくんの電車”が、”光ちゃんの電車”になったりと、なかなか楽しい。たまに、名前を間違っちゃうと、
『違うよ!光ちゃんだよお!!』と、指摘が来るので、細心の注意が必要なんだけれどね。(笑)

2歳位まで、光ちゃんは”本”に全く興味が無くて、他のママに心配して相談してみたりしたが。子供ってやっぱり、本が好きなのねえ~♪良かった。

ところで・・クリスマス中に具合が悪かったので、耳の具合を診て貰おうと、耳鼻咽喉科に出かけた。

地元の新聞で、ここが水曜日の午後に開いていると出ていたので。(今は多くの医者が休暇に入っているので・・)
ところがさああーー。30分も待ったところで、呼ばれて(2番目だったのに!)
『今日は先生は来ません。明日また来てください』だと!!

何だよ?それ?『さっき、他の医者が居たじゃないか!』と言ったら。
『あのお医者さんは、プライベート(保険の種類で高額治療が出来ちゃう)の方の手術で来ていますので、診察は出来ないんです』だって!!!

保険会社が負担する、”貧乏人”は診ないって事か!?

呆れた!それなら、わざわざ、新聞に”診察します”なんて載せるなよ!!!しかも、医者が居ないって分かっているのに・・30分も待たせるってどういうことよ??

『この耳鼻科には二度と来ない!!!(明日を除いて)』と、パパは怒っていたが・・本当にドイツの医者は呆れる。

明日の予約を入れたが・・どうなることか・・?診て貰えるとしても2時間待ちは覚悟だな。全く・・・。
『ママは光ちゃんと遊ばなきゃだめえええ!!』ここ数日、光ちゃんはこればっかりだ!

幼稚園が無いので、一日中退屈なのは分かるんだけれどさあ。ママだっていろいろ忙しいしさああ~。第一、床で長時間座って遊んでいると、腰痛がさああ~。つらいんだよおお~!!

そんなことを言っても、光ちゃんに通用するはずは無く・・。

あまりに煩いので、数回爆発したんだが・・。泣く!泣く・・。

『あああ~・・うっとうしい・・・』パパは何をしているのか?と思ってみると・・

こいつがまた・・・この前、フィリップに教えられたオンライン戦闘ゲームで遊んでいる、そして、光ちゃんが遊んで欲しいと言ったら。不機嫌に
『あああ・・めまいがする。。気分が悪い・・俺に事は放って置いてくれ!』だと!

しかも・・こいつ、血圧まで測って・・。
『おかしいなあ・・普通だ・・』だと・・・

当たり前だろう!若くない(あえて年寄りと言わない私って・・優しい♪)のに、そんなゲームに集中すれば、めまいもするわい!!!血圧測る前に脳波でも測ってもらえ!

こいいうアホは放っておいて・・・仕方が無いので、レゴで光ちゃんと遊ぶ。

『ママのは何?光ちゃんのはねええ~。かっこいいでしょお!』と、訳の分からない物を作り上げる二人・・。

『ママのさあ~!史上最強の飛行機消防車!』ママが言うと、光ちゃんは
『ねえ・・そのしじょう。さいきょう・・?って何よ?』と聞くので
『史上最強ってのは、世界で一番強い!って事』と言うと、光ちゃんどうやらこのフレーズが気に入ったらしく。

『光ちゃんのも、シジョウサイキョウパトカー!と言う。

何だかねえ・・?史上最強ばっかり有ったら、史上最強じゃなくなっちゃうじゃん・・。

これで、1時間位遊んだら、腰が痛くて堪らなくなった。

『うう・・・ママ、史上最強の腰痛だ・・もう・・駄目だあ・・お終い・・』と言ったら、光ちゃんは
『だめえええーーーー!』と言って、去ろうとするママの足にしがみ付く。
『離せ~!!!』ママが叫ぶ・・

皆さん・・想像してみてください・・
これじゃあ、悪代官にしがみ付くいたいけな善良な町民じゃん。。。

全く・・史上最強のわがまま坊主め!!!(爆)

もう・・・ママはさああ~。男の子の遊びって本当に苦手なんだよなああ・・・工作とかお絵かきの方が好きなんだけれどねええ・・・。上手くいかないねええ。

はああ・・幼稚園は1月10日までお休みだし、何もしないパパも9日まで休み・・
おいおい・・これじゃあ、ママの身体が持たないぜ・・。
2004.12.28 交換デー!
クリスマス明けの今日は、ドイツでは"Umtausch tag!"
クリスマスに貰ったプレゼントを、交換に出かけるのだ!

すごいよ!本当に、気に入らなかったもの、もらってもすでに持っているもの。これを、朝からデパートであろうが、小売店だろうが・・レシート持って、交換に駆けつけるわけで、混んでいる!

ママはパパから貰うプレゼントはいつもかなり的外れなものが多いので、殆どが日の目を見ずに、タンスやら引き出しにヒッソリと眠っているわけで、交換も面倒なのでした試しが無かったが・・今回は、すでに持っているCDを2枚も貰ってしまったので・・これは、交換するしか手が無いので、出かけた。

『えええ~!!買い物なんて行きたくないよおお・・』ここ数日家にこもっているので喜んで出かけると思いきや・・光ちゃん渋る・・。

それでも、一人で留守番も出来ないのでママが
『さっさと、変えて帰ってこようね』と言ったので、渋々出かける。

さすがに光ちゃんもここ数日玩具を”これでもか!”と、言うほど手にしたので、何も買ってもらえるとも思って居なかったようだ。少しは学んだな・・。

そんなわけで、いつもの
『あれが欲しい~!』とか
『ちょっと見るだけ!』とかも言い出さず・・おとなしくしていた。(奇跡だ!!!)

しかし、別に買うつもりも無かったCDの交換ってのも、かなり大変なわけで・・・
『どれにするかなああ・・・』と、悩むが、良い案は見つからず・・結局、売れ筋チャートに並んでいる中から2枚選ぶ。

混雑している、ショッピングセンターをさっさと後にするが・・渋滞!

『ひゃーー。そこいらじゅうの車が、ここに向かっているなんて・・』ママはいかに皆がこの数日、暇だったか?想像した・・。ドイツには娯楽が無いな・・。

しかし、折角車で来たので、パパが珍しく、
『じゃ、光ちゃんがここ数日言っていたバーガーキングに行くか?』と言った。

えええーー。これまた奇跡だ!!!こんな事を言うなんて!!しかも、ショッピングセンターに隣接するマックじゃなくて・・アウトバーン近くのバーガーキングだぞ!!

光ちゃんは、大喜び!
『えええーー。本当にバーガーキングに行くの?ええーー。本当??』光ちゃんがあまりにヒツコク言うのでパパが
『もう一回言ったら家に帰るぞ・・』と言う。

無事にバーガーキングに着き、光ちゃんは”キッズミール”をゲット!

希望の玩具もテレビですでに決めて有ったらしい・・。(すごすぎる・・・)

『うわあーーいい。』光ちゃん、大喜びだが・・顔色が気になる。

なんか、唇の色が悪い・・まあ、ずっと病気なわけで・・顔色が良いはずも無いか・・・。

久しぶりに食べたバーガーキングのハンバーガーは・・旨かった♪

しかし・・いつもママは
『バーガーキングは遠いからいけないのよお』と言って、光ちゃんを連れて行かなかったのに・・・車で行けると光ちゃんにバレテしまった・・・。

今度から、光ちゃん、マックのハッピーミールの宣伝と共にバーガーキングのキッズミールのコマーシャルのチェックも入念になるだろう・・・

侮れない4歳児よ・・・
今日はパパの兄弟が集まってのクリスマスパーティ。

朝から、眠い目を擦って支度に忙しかった。光ちゃんも昨日寝たのが遅いから、長く寝ていたが・・それでも9時には起きてきた。

いやあーー。機嫌が悪いのなんのって!!そりゃそうだよ。断続的にしか寝ていないんだもんなあ。

『ママ!遊んでよ!!(怒)』朝からそればっかり言っている。

『チョット待ってよ・・これ終わって、テーブルセットできてからねえ』今日のクリスマスケーキは”ブッシュドノエル”これがさあ・・わざわざ、19日にフランスに”マロンペースト”や”栗のシロップ漬け”注文したのに、届かなかった・・・(号泣)

かといって、これはドイツじゃ簡単に手に入らないし、第一スーパーは休みだから、変更のしようがない。前に友達が買ってきてくれた残りの1缶で、クリームを作ったので、残念ながら、栗の味はしなかった。

それでも、何とか作り上げたら。パパが見て
『おおお!!すごいなあ~!機関車かああ!!』だと!!(怒)
『あのねえ!!!これはねええ!!あなたの故郷のフランスの”ブッシュドノエル”よ!!!機関車じゃなくて、切り株”なの!!!!(怒)』

『え・・そうなの・・どこが・・切り株・・・。まあ、言われればそう見えないことも無いけど・・』と、ママの怒りに圧倒されて言う。

『機関車・・・』ママ、かなりショックを受ける。

確かにねえ、切り株には見えないのよ・・大人数分だったので、細いし長いしねえ・・しかも、チョコレートクリームにしたかったのに、溶かしたチョコレートが混ざらなかったので、白っぽいクリームになってしまった。

写真撮ってもさあ・・なんだこれ?って自分で思うけれどさあ・・

『きっと、オマは分かるよ・・うん・・きっと・・』と言うが。どうだかなあ・・

その後・・パパの弟が来て、感動の声を上げた。

『すごいなああ!!自分で作ったんだろう?うまく出来ているなああ!!』という。
『ふんふん♪分かったか・・。』と、ママが思った

が!!!その後に続いた言葉は・・

『すごいなあ~。これ、宇宙船だろおお?すごいよ!!』と言った!!!

(ばっきゅーん!!)心の中で、こいつも射殺!!

『違うわよ!!!もう!!!』と、怒りの形相で言うと、パパの弟はあせりながら
『え!ちがうの??じゃあ・・なにこれ??』と言う。

『教えない!!!!(怒)』ママは言った。
『パパはこれを”機関車”と言ったし、あなたは”宇宙船”と言うなんて!!もう!!』それだけ言った。

その後・・・期待のオマはちゃんと
『これは、”ブッシュドノエル”でしょおお?上手に出来たわねえ~!』と言った。

『ふん!それ見たか!!この”偽フランス人家族”め!(笑)』ママは内心思った。

あ・・でもさあ・・実は、オマにはかなり前から『今年はブッシュドノエルを作るわあ』と、呪文のように教えていたんだった・・・。

しかし、その後もパパの弟のフィリップは言い訳のように
『でもさあ・・ブッシュドノエルなんて見たこと無かったんだよ!本当にさあ。でも、なんで日本人の君が知っているんだ?』と言う。
『日本でも売っているのよ!(怒)』と、ママが言うと。フィリップは
『そうかああ~!どうりで知っているはずだよなあ~。ここドイツじゃ売っていないからねええ~』と納得して言った。
『今度は分かるからさああ~』だと・・ふん!

光ちゃんは
『ママ~♪光ちゃんはこれが好きなんだよねえ~♪』と言った。

可愛い我が子よ♪やっぱり、君はママの子だよ♪

来年は”宇宙船”ケーキにしてやろう!!(爆)その時、みんなはなんと言うのか?楽しみだ・・・
しかしねえ・・ママの”マロンクリームは”いずこに。。。
昨日、プレゼントをまるでベルトコンベヤーのように受け取った光ちゃんは、もうプレゼントの対して、無反応だ。

物のありがたみが感じられないねえ。これじゃあ・・

良くないよなあ・・。

まあ、それは今後の課題として残るわけだが・・・

興奮のせいで2時半に何だか分からないが、起きた!(号泣)。
光ちゃん、自分が眠れないものだから、勿論、ママも起こす。

『もううう!!ママは眠いのよおおお!!』そんなことを言っても、あそこが痛いの、ここが痛いのとぐずる。

ここから5時まで仕方が無いので、遊ばせておいた。最後には
『ママ~(涙)寝る~!!』やっと寝たのは5時・・
あああ・・・。明日は(いや・・今日だ)26日の為に、ケーキのデコレーションしなきゃいけないんだよ・・

参った・・・。
光ちゃん、昨夜からかなり具合が悪いのに、プレゼントの魅力には勝てないらしく・・・がんばりました!!

プレゼントはこっちでは24日の夜の枕元に置くわけじゃないので。(一体、サンタはいつくれるんだろう・・?)
パパが車をガレージに入れるのに誘ったほんの少しの時間にママがツリーの下に置きました。

『サンタクロースが来てプレゼント沢山置いていったわよ』戻った光ちゃんにママが言うと、なぜか?光ちゃん半べそ。

『あああーー。もう帰っちゃったの・・?光ちゃん、サンタさんに会いたかったのにい・・と言いつつツリーの下に置かれたプレゼントを開けた。

『うわあー。』と言う歓声を上げて、少し破って中身を見ては、すぐに次に移っちゃう・・。

『あのさあ・・・。キチンとありがと!言って次々開けちゃ駄目よお・・』ママはプレゼントを持ってきてくれた、義母や義妹に申し訳無い気がして、言うが・・光ちゃんはお構いなし。

彼女達は自分のプレゼントで、光ちゃんがその場で大感動しないと、気がすまないので・・ママは気を使う。子供なんてそんなもんなんだけれどねえ・・。

去年もオマの落ち込みは酷かったので・・なお更ママは気を使う。

『これはどうするのかしら・・?』と、箱を開けて組み立てる間に、他の人が
『ほら!これは光ちゃんに!!』と言うので、光ちゃんはさっさと行っちゃうしねえ・・。そうなると、他の人が気を悪くする。

難しいねえ・・しかも、聞いてくれないので、プレゼントがダブっちゃった。

『ああ!!またコカコーラのトラックじゃん!』光ちゃんは、『ちぇ・・』と言った。これは日本語だったので良かったが・・。予想外に、全く興味を持たなかった。

と言うのも・・オマには、ママが予め、光ちゃんの興味の有りそうな物をリクエストしておいたし、サンタさん(パパとママ)からのプレゼントは光ちゃんの欲しがっている物をしっかり押さえてある。

『これ素敵でしょお?』いつもの事ながら、おばさんのアンゲリカは、コーラのトラックをアピールする。(彼女はいつもそう・・)

光ちゃんはあまり興味が無かった上に、2個も有るので全然興味を示さない・・(苦笑)

『私が貰って帰っちゃおうかしらあ~?』彼女が言うと、光ちゃんはママの所に来て
『ねえ・・光ちゃん2個有るから一個あげていい?』と、これまた随分欲の無い事を言う。

『良いけど・・』ママが言うと、光ちゃんさっさと、開いていない新しいコーラのトラックを、アンゲリカに持っていった。

『まああ!!やさしいわねえ』と、アンゲリカは言った。

『おいおい・・そうじゃないだろう・・・?』ママは内心思ったが・・どうでも良いや。

プレゼントを一しきり遊んで・・光ちゃんしんどくなってきちゃったらしく・・ぐずりだしたので・・今日はこれでお終い。

食欲も全く無く・・それでも、薬を飲むために少しだけ食べたが、せっかく焼いたケーキも一口も食べなかった。

可哀相になあ・・。明日は誰も来ないので・・ゆっくりお休み・・。
幼稚園から戻った光ちゃん、どうもおかしい。顔色が青い。

午後・・急に酷い咳が出てきた。

夕方・・熱が出てきた。

ああ・・明日はクリスマスイブなのに・・・。この前手術出来ていれば、今頃こんなことになっていなかったのでは・・?と思ってしまう。

明日はもうお医者さんはお休みだ、このまま治るとは思えない。また、素敵なイベントの時に、こんな事になってしまった。

それでも、午後、一緒に”もみの木”のケーキを焼いた。明日は食べられるかなあ・・。下手に少しだけ元気があるだけに、寝ないだろう。寝れば少しは良くなるのになあ・・。

可哀相な光ちゃん・・。
幼稚園から戻った光ちゃん、退屈で仕方が無い。大声で
『オ~!タネバ~ウム♪オ~!タネバ~ウム♪』と、”もみの木”の歌を歌っていた。途中から
『そんなことはど~でも良い!』なんて、物凄い替え歌になっている・・。(苦笑)この前までは、キチンとオリジナルの歌だったのに・・・。子供って言うのは変な替え歌が好きだ・・。

しかし、それにも飽きて『ママ~!遊ぼうよおお~!』とか、言っていたが。
『パパ~!何か聞こえた?』と、急に言い出した。

『聞こえない!』窓拭きし始めたパパ言った。(ママが面倒なのでしかなったら、休暇中のパパが、し始めた!)

『あそこにお化けがいるよ!』と、光ちゃんは言う。手を休めたパパが
『そうか~?じゃあ、探してみろよ』と言う。

『パパも一緒に行こうよおお!!』光ちゃんが言う。

二人でしばし、部屋のドアをノックしては、パパが足でノックを仕返し、
『きゃああーーー。誰かが中で叩いた~!!!』光ちゃん、大絶叫で走ってくる。(爆)

しかし、パパは面倒になって、タバコを吸いに行ってしまった。光ちゃん、パパを追いかけて
『パパ~!!また、お化けを探しに行こうよおおお!!』と言った。パパは
『ワンワン♪』と、急に犬になってしまった。(?)

『ねええ~!パパったらああ~!遊ぼうよ~!』と言うがパパは笑って
『ワンワン♪』ばっかり言っていた。すると、光ちゃん

『パパ?犬になっちゃったのおお?』と言う。それでも、パパが
『ワンワン♪』ばっかり言っていたら。光ちゃん

『犬は言葉は話せないはずなんだけれど・・・』と言う。パパは
『ワン♪ワン♪わ~ん』と言う。そこで、光ちゃんしばし考えて

『おかしいなあ~!犬のはずは無いんだけれど。だって、犬はタバコは吸わないはずだからね!』と言った。

これには、パパも大笑いで
『そりゃそうだ!!』と言った。

あはは!パパ!これは光ちゃんに一本取られましたな!!!

4歳児。随分、知恵がついているものだ!ママは感心して、その後の”お化け探しを”付き合った。

そういえば・・また、困ったことに光ちゃん咳き込み出した。幼稚園は明日が最終日・・休暇中に良くなれば良いけれど、お医者さんも休みになるし・・・。悪くならないで、年明けの手術を無事に受けられると良いけれど・・・。

明日は朝からママはプレゼントの梱包や(爆)、クリスマスケーキを焼くのに忙しい。(2種類作らなきゃいけない)
一日早いが、クリスマスツリーも出す事になる。(ドイツでは24日の午前中に出して飾りを付けて1月6日に片付ける)

退屈した光ちゃんにはまたまた、”ノックお化け”が出てくるのかなあ・・。いやはや・・年の瀬だ・・。
2004.12.22 ママの手伝い
(久々に光ちゃんのつもりで日記!)

光ちゃんは、ママのお手伝いが大好き♪
特にお料理の時は、張り切っちゃう!!!

今日はね。ハンバーグと、クリーミーマッシュポテト!

ハンバーグはね。光ちゃん大好物なんだ!!ママは
『光ちゃんががんばって捏ねてくれるとものすご~く美味しいハンバーグが出来るのよお~!任せたよ!』って言うんだ。

だからね。光ちゃんがんばって20分も真剣に、捏ねたよ!
なんだか、ベチョベチョ気持ち悪いんだけれど。まあ、粘土みたいだもんね。途中で少しボールの周りに落っこちたけれど。
『気にしない~♪』

丸くするのはね・・まだ、光ちゃんのお手手じゃ、小さくなっちゃうから、ママが
『じゃ、ママが丸めるから、光ちゃんペタペタつぶしてねえ』って言うので、一回お手手洗って待っていたら、
『光ちゃん~!ペタペタやって~!』って、ママが言うんだ。そんなにすぐに呼ぶんだったら、お手手洗わないで待っていれば良かったよ。

ママが丸くしたのを、光ちゃんは気合を入れて潰したら、ママに
『そうじゃないよお~。こうやって両手でやさしくペタペタ!ってするのよおお~』って、見せてくれたんだけど。光ちゃんはべちゃーーーって潰したいんだけどなあ・・。

その間に、ママはジャガイモの皮むいているので、光ちゃん急いでハンバーグ作ったよ!

だって、ジャガイモ切ったのをお水に入れるのも好きなんだもん。まあ・・隙を見つけてお水で遊べるからね♪

ママが切ったジャガイモをお水を張ったボールに入れる。
『こらあ~!お水でぐるぐる遊ばないのおお!』ママは見ていないようで見ているんだな・・バレチャッタヨ・・きゃは。

ジャガイモが茹で上がるまで、ちょっと休憩・・。
え・・もう出来たの?今度はママが
『光ちゃん~。このジャガイモ潰して頂戴~♪』だってさ。これまた、光ちゃんの好きなお手伝いなんだ♪

これね、一生懸命力入れないとなかなか上手に全部つぶれないんだよ!知ってる?

でもさ、あまり力を入れると、ボールの中身がボールごと下に落っこちちゃうから、気を使うんだ。

潰れていないのを、たまにかき混ぜて平均にしないと、ママが
『ほら!ここ潰れていないじゃない!』って言われるんだ。

光ちゃんは、ただの茹でたジャガイモでも良いんだけどねえ。今日はいつもと違うの作るんだってさ。楽しみ♪

『ママ~出来たよおお~♪』光ちゃんが言うと、ハンバーグ焼き始めたママが
『上手に出来たねえ。じゃ、後はママがするよ』だって。出来たって思ったのになあ・・・。

光ちゃんが、ちょっと休憩していたらまたママに呼ばれちゃったよ・・まだあるのかなあ??お手伝い・・。

チョット、ヒト使い荒いんじゃない?って思ったら。何やら良いにおいだ。

『ちょっとなめてごらん!』ママが指にくっつけたやわらかいものをなめさせてくれた♪

『おいしいいいい~♪これ何?』光ちゃん大感激。ママは
『これはね、さっきの光ちゃんが潰してくれたジャガイモよお~。』と言った。

えええ??これがさっきのジャガイモなのおお?光ちゃん始めて食べたよおお。これ!

ママは
『そそ・・さっき、インターネットで見つけたからねえ。美味しい~?』って、うれしそうに言っていたので、何度もなめさせてもらったよ。

最後にママは、チョット怖い顔して

『ねえねえ・・そんなに食べたら夕飯に食べるの無くなっちゃうよ・・・』って言ったので、止めたんだけれど。その後も何回も”味見”させてもらったよ。

はあ~!美味しかった~。ママのお手伝いは、ママがうれしそうに笑うからちょっと楽しいし、嬉しい♪またやってあげるからねええ~。

ママより・・

光ちゃん、お手伝いありがとうね♪お陰で美味しいハンバーグとクリーミーマッシュポテトが出来ました。ママも光ちゃんが手伝ってくれると大助かりです。お水で遊んで余計な片付けも増えるけれどね・・。それを足しても一緒にするのは楽しいよ。
また、美味しいもの作ろうねえ~。
2004.12.21 久しぶりに
ずっとお休みしていたスケートに行った。

先週に”技能試験”が有ったらしく、みんな驚くほど滑れるようになっていて、”ペンギン”や”小人”が必要な子は光ちゃんを入れて3人だった。

それでも、他の二人もかなり滑れるようになっている。

光ちゃんは久しぶりなので、行くのを嫌がっていたが、行ってみるとそれはそれで楽しんでいる。

なんと言っても、”小人”が手に入ったから。”小人”を押してびゅーんびゅーん走る。

しかし、この小人の争奪戦が始まった!

光ちゃんが”足が痛い”だの、”のどが渇いた”だののたまわって居る間に、もう一人の男の子がさっと取っていく。

光ちゃんは
『あ!大変だ!!』とばかりに、戻っていく。しかも、小人も無しでスケートリンクを半分滑ってね・・(苦笑)

『それは僕のだあああ!!』と、光ちゃんが言うと、もう一人の子も
『使っていないじゃないかああ!!』と、離さない。

”ペンギン”は女の子が使っているので、それにはこの二人目もくれずに”小人”を争奪する。
一人が取れば、もう一人が追いかける。

『あなた達、滑れるんじゃん・・』ママはそう思ってみていたが、本人達は必死だ。

今日は光ちゃん、何がかんだといっては、リンクを出てきちゃった。こんな事は初めて。

『ねえ・・。何しているのよ・・?もう少しなんだからさあ。もう出てきちゃ駄目よ』ママが言うが、見ると光ちゃんは先生に何か言って出てきちゃう・・・(苦笑)

久しぶりなので、疲れちゃうのか?それとも、ここ2ヶ月で怠け者になってしまったのか??

それに、ヘルメットに問題が有る。
小さな子は、転ぶと危ないので”ヘルメット”をかぶるわけだが・・普通の子は自転車用のをかぶっている。

勿論、光ちゃんもそうなんだが、そうなると、耳が出ちゃう。そこで、したに耳の隠れる帽子をかぶっている訳だけれど、これと、ヘルメットが少しだけ大きい。そうなると、頭を動かしたりしている間に、まず、帽子がずり落ちてくるので前が見えない。目隠しで滑っているわけだね。(苦笑)

そうすると、光ちゃんママ達の所に来て直す。
これ3回繰り返すといい加減にパパが言い出した。

『ずり落ちない帽子かヘルメットを買いに行こう・・・』
見ると他の子はスキーかスノーボードかスケートかアイスホッケー用か?良く分からないけれど、耳の隠れたヘルメットをかぶっている。

『どこで売っているんだろう??』帰りにまずは”アイスホッケー専用”の店に立ち寄ってみたが、ヘルメットは沢山売っているが、耳の隠れるのは無い。
次に”オートバイ用品専門店”に行ったが、光ちゃんの頭の形がおかしいのか??上手く合わない。

両方の店でいやに派手な(ひとつはメタルの星条旗のデザイン)ヘルメットを光ちゃん気に入って
『これがいいよおおお!!』と言うが・・却下!!

大体・・下手なくせにそんなヘルメット被っていたら、目立つだけじゃん・・・しかも、それは大人用に売れ残っていたよ・・・(ドイツで星条旗は誰も買わないだろうな・・)

そんなわけで・・・見つからなかった。どこにあるのかなあ?

スケート教室は幸い、クリスマス休暇も無く行われるらしい。

少しは身体を動かさなきゃねえ。光ちゃん。

『づかれだああああああ(疲れた)ねぶたあああーーいい(眠たい)』珍しく光ちゃん、車の中でそんなことを言った。

良かった。
光ちゃんの書くトレーニング。どうすりゃ良いのか?良く分からない。
とにかく、右利きのママとしては、左利きの書き方が良く指導できない。

『う~ん・・四角を左手で書くには、どの位置から書くのが良いのか??』昨夜は夢にまで出てきちゃったよ・・。

右利きのママは左上から右に線を引くところから始まる。

さて?左利きの場合・・どう書くのが書きやすいのか?反対に考えれば右端から左に線を引くのか?それとも、右端から下に下がって・・・

『あ~!よく分からん!!』と言うわけで・・試行錯誤!

とにかく、光ちゃんにクレヨンでもマジックでも持たせて、持ち方から教える。すると光ちゃんは
『こうやって持つと、お手手が熱くなっちゃうんだよおお~(涙)』そういう。
なんだよ??お手手が熱くなっちゃうって??

まず、光ちゃんは筆圧が極端に弱い。鉛筆を持つのに、親指と人差し指はそんなに力を入れないけれど、光ちゃんの場合・・全く力が入らないか?物凄く力が入っているか?両極端だ・・。

左利きの多いこちらヨーロッパには、左利きグッズも多い。カタログを見てみても、鉛筆に付けるキャップや、定規、はさみ何でもある。指の圧力をあげる握って鍛えるボールみたいなものもある。でも、まだそこまでする必要も無いようだ。

ここ数日は、『お絵かきしよう!』と、ママやパパが言うだけで
『えええ!!!嫌だよ~!!』と、拒否反応だ。それでも、渋々するんだが・・・相変わらず、三角も四角も上手くかけない。

そこで!ママはとにかく、物を指先で摘む練習から始まることにした。
それはずばり!!箸!!!
色々試した結果・・箸でグミを摘ませる。これだと、成功報酬として最後に摘んだグミを口に入れられる特典付き(爆)

これは、光ちゃんも気に入ったようだ。

『食べて良いの~♪』そう言って真剣に、左のカップから右のカップに入れる。最後には口の中に入れる。

『ねえ・・両手で摘んじゃ駄目だよ・・』ママが言うが、光ちゃんまだ箸は上手に使えないので、悪戦苦闘して摘んでいる。

当分、お絵かきと箸・・やってみるか・・。

そう・・耳は相変わらず調子が悪いようだ。今日は、レゴを箱の中で探す音に
『耳が痛い!!!』と訴えた・・。何だかなあ・・。
ここのところ、気がついてみるとかなり”楽”になってきた気がする。

何がって言うと、本当に買い物でもストップ出来ないことが無くなった。まあ、これは当たり前の事なんだろうけれど、あきらめさせることがそれ程大変では無くなった。

『いやあー。本当に楽になったぞおお!!』と、感じる。

まあ・・今日は一緒に園芸屋まで”ラズベリーの育て方”の本を探しに散歩ついでに出かけたんだけだけれど。(玩具屋だったら大変だったかもしれないんだが・・)

『これ欲しいなあ・・』と言ったのは(こんな所でも欲しいものが有るのは・・すごすぎるが・・・)
”レモンの木”だった・・。(苦笑)

小さなレモンが成っていて、可愛かったんだが・・。
『この寒いドイツでレモンは大変だろうなあ・・。』と思って結局止めた。(それでも、熱心に育て方を読んでみたが、良く分からなかった(爆))

帰り道に、帽子をかぶっていなかった事を後悔するほど寒かった・・。(勿論、光ちゃんはかぶっていたが)

『ううう・・・耳がさみぃ~(涙)』と、言うと、光ちゃんは
『はあ~。もう・・帽子をかぶって来ないから・・』なんて言われちゃった。
気をつけないと”中耳炎”になるな・・。

しかし、園芸屋さんの中がすっかり”クリスマス”だったので、光ちゃんは戻ってからずっと口笛で”ジングルベル”を口ずさんでいた。(笑)

それから、この前買ったベルトの間に”工具”を挟んで、大工になっていた・・。

その後は、去年のカーニバルのときに来た”警察官”のコスチュームを着て、警察官になっていたし・・・この間もずっとクリスマスソングだったので・・ママもうつってしまって、一日気分はすでにクリスマスだった。

何とも陽気な光ちゃんでだった。
2004.12.18 怒!!!
今日の夕方急に電話がなった。
『#$%^&*!!』相変わらず早口のドイツ語は全く分からん!
『チョット待って下さい』そう言ってパパに渡す。

『よく考えるとこれはこの前のミュンヘンの病院のようだぞ!』と思ってパパの会話を聞いていた。

『あ~。そうなんですか・・いや・・でも、1月は出張に行かなければいけないし・・』パパが言っている。どうも雲行きが怪しい。

電話を切ったパパに聞いたところ。

『何でも、手術の予定を入れた日が、麻酔医が休暇中のようで、手術は1月半ばまで出来ないようだ』という。

『おい!大体、予約を入れたのはすでに火曜日なのに、断るにしても今日はすでに金曜日じゃないの!どういうこと??』ママが息巻いてもパパは
『仕方が無いじゃないか!予約を入れた看護婦は知らなかったんだから』という。

なにそれ?なんでそこまで妥協できるわけ?あんな大きな病院なんだから、予約システムだってコンピューターでしょ?

休暇を取るって!!ドイツの医者は確かにキチンと(?)休暇を取っている。しかも、何週間単位で!

でも、事務的なミスはそっちの問題でしょおおお!!!

日にち変更の電話を教えてもらった電話番号にかけたが・・・すでに、業務は終了しているのか?誰も出ない!!!(怒!)

というわけで・・・手術の予約は後日入れなおさなければならなくなった。

何だよこれはさあああ!!!!
『何でも手に入ると思っているので少ししめなきゃいけないなあ!』これはつい先日パパが発していた言葉。

そう、最近の光ちゃんは(前からだが・・)欲しい玩具が手に入ると少し遊んでそのままで、たまに思い出したように遊んでいるだけで、またまた新しいコマーシャルや広告を見ては欲しがる。

『そうねえ・・・』ママも思ったが、なんせ11月に誕生日、12月6日にニコラウス、そして間もなくクリスマスと、プレゼントが来る機会が多い。

パパの兄弟やらママの友達やらが気を使ってプレゼントを贈ってくれるので、まるでここは玩具屋か?と思うほど、玩具があふれている。

しかし、そんなことを言っていたくせに、今日、買い物の途中でパパは”コカコーラのサンタクローストラック”を手にしている。

『う~ん・・これはライトはつかないのか?あ!つくんだ!』などと言っているではないか!!!

『なにそれ?』ママが聞くと、パパは
『もうこれで最後で良いよなあ?』なんて訳の分からないことを言っている。
『は?何が最後?』ママは言った。

だって、クリスマスにはすでにカーレースのセットも、トランシーバーも買っているじゃん!それに、この前は、ママの両親からと言って、緊急車両のセットも貰ったばっかりだし・・・。

『何がって?もうこれで最後で充分だよな?』なんて言っている。

『はああ?まさか!あなたまだクリスマスのプレゼントを買うつもりじゃ無いでしょうねええ???』ママは思った。

『これはライトも点くし!!』パパは言う。

『やっぱり・・クリスマスのプレゼントか・・・』ママかなりあきれる。

『じゃあさあ・・それ、病院へ持っていく?』ママは聞いたら、今度はパパが混乱している。
『病院へ?何で?チョコレートは買ったぞ!』パパから訳の分からない答えが返ってきた。

今日はこの後、知り合いの赤ちゃんが生まれたので、パパは病院へお祝いに行く予定だった。
(しかし・・産まれたての赤ちゃんにこんなもの持って行くって考えるわけ無いだろう・・・。しかも、産まれたのは女の子だぞ・・)

『違うわよ!(鈍い奴だな・・)来週の手術の日の午後のためによ!時間つぶしできるでしょ?』ママが言うと、パパなんとなく納得していない様子。
あくまでもクリスマスにあげたいようだが・・ママ却下!

『だって、先生の話では2~3時間後には、子供達は歩き回っているって言うじゃないの!私は残らなきゃいけないわけだから、新しい玩具が有ったら気がまぎれるでしょ?それに、クリスマスには沢山プレゼントは揃っているからね!ママは続けた。

『そうかあ~・・』パパ納得しないが、ママに押し切られたようだ。

全く・・この前言っていたくせに・・口ほどにも無い奴だ・・

ママにはなんだかんだと言っても・・・甘いな!
今日は光ちゃん4歳検診だった。

結果・・・107センチ、20キロ。頭のサイズ52センチ。全て普通。

が!!!しか~し!!!

予想していた事を言われてしまった!!!

光ちゃん!極端にお絵かきが出来ない!!!

ここ2ヶ月、ママは友達ママからの情報で”まる”三角””四角”を書けるように努力した。

がああ!!!その度に、光ちゃん
『光ちゃんには出来ない!』と言い張って、丸は書けるんだが、”三角”も”四角”も角の無い”三角とも四角とも”分からないものを書き続けていた・・・

ついでに、光ちゃん普段は”馬鹿力”なくせに、クレヨンや色鉛筆をもつと途端の”ひょろひょろ”の線になる。
『持ち方がいけないのかな?』と思って、教えても”ひょろひょろ”。
『じゃあ、持ちやすいように、好きなように書けば?』と、考えを変えて握って書かせてみても”ひょろひょろ”!

クレヨンで書いているのに、見えないじゃん!!!

何なんだよ?握力が無いわけじゃないのに!!これじゃ何を書いても”お化け”じゃんか!!!

『もう!光ちゃん!三角と四角が書けなきゃ困るのよおお』と言って、日曜日に”泥縄”状態で特訓(?)するが、
『光ちゃんはさあ~。出来ないんだよおお~』と言う。

苦肉の策か?光ちゃんはママに
『ママさ~。お手手で三角作って、この紙の上においてよお』と言う。
『ん?』と思って、言われたとおりにすると、何と!光ちゃん、ママの手をなぞって三角を描こうとする。

『・・・・あのなあああ・・・』光ちゃんのアイディアにはちょっと関心しちゃったんだけれど・・・光ちゃん、それって他力本願じゃないかあああ!!!

『駄目なの!!フリーハンドで書かなきゃ!!』ママが言うが、光ちゃんは
『だって・・光ちゃんは出来ないんだもん・・じゃあ・・パパ?ここに来て、お手手で三角作ってよおお』なんて言っている・・・。

結果・・・来年の5月日本から戻ってきて、再度、お絵かきの検査をする。それでも、出来ないようであれば、特別なセラピーを受ける・・・

こんな結果になってしまった・・・(涙)

他の検査はすべて順調だったのに・・・
お絵かき嫌い・・じゃ、済まないのねえ・・・。

現実は実に厳しい・・・
今日は兼ねてから予約していた光ちゃんの病院の日だった。

朝5時半に起きて、6時半には車で出発した。

『まだ夜なのにいいい・・・(涙)』と、普段はもう1時間半は寝ている光ちゃんは言う。

アウトバーンで1時間、地下鉄の駅に車を止めてそこからまた40分。

病院へ着いたのは8時半。そこから、受付を済ませるまで1時間弱、耳鼻咽喉科で、またしても受付をして、呼ばれるまで40分!

光ちゃんすでにかなりお疲れモード。

やっと先生に呼ばれて、診察5分。今度は言葉のテストの為に、他の部屋で検査・・これが、30分位掛かった。

まず、ママが光ちゃんを向き合いに抱っこして、先生が色々な音を後ろで出して、光ちゃんの反応を見る。

次にママやパパにも質問が来る。
2ヶ国語を話す光ちゃんにとってはやっぱり、それがかなりハンデになっているようだ。

同じ4歳児に比べて、光ちゃんの語学力はどうだ?と言うのもや、親族に言葉が遅れている人が居るか?計算が出来ない人がいるか?等など・・

先生は自分がのどが痛いらしく、かなり不機嫌。パパが筆問に的確に答えず、どうでもいい説明がつくので、
『そんなことがはどうでも良いので、質問だけに答えてください!』と、叱られている(爆)
(他人の話を聞かない奴だ!!)

最後はカードを見て、絵が何か?これを誰にあげたいか?
発音がおかしいものは先生がゆっくり直して言わせる。などなど・・

『これは?知能検査か?それとも心理検査か??』と思わせるものだった。

それも終了して、今度は聴力検査。全部終わったのはすでに11時半過ぎ。

『全て終わったら、またここに戻ってきてください』と、先生が言ったので、待っていたが・・いないじゃん!!

光ちゃんはすでにかなり疲れて機嫌も悪いし、眠い!

ママも待たされることを予想して、付録つきの雑誌や、お菓子を隠してきたが、すでに、もう無い。

イライラしたパパが、何度か受付に聞きに行くと、どうやら先生は手術の最中らしい。
『初めから言えよなあ・・』そう言いつつ、食事に行く。

この病院、まるで空港のように、広いし、中にはスーパーを始め、お土産やさんやカフェやレストランが有る。

とにかく、朝早くから出たので、昼食は愚か朝食だってまともに取っていない。

光ちゃんの分は途中でパンを買ったり、ジュースも持ってきたので、光ちゃんはなんとか色々ありついていたが。ママもパパも腹ペコ。

同じ待合室に居た、女の子を連れたパパが後から来た。
『おや!あなたたちも来たんですね?』パパが話しかけると、相手の人も。
『全く!こんな小さな子供をいつまで待たせるつもりなんだ!』と言って話してきた。

『もし良かったら、一緒のテーブルに座りませんか?』パパが話しかけた所、退屈している父親同士、どうやら気が有ったようだ。

話を聞くと、この女の子はレベッカ、今月4歳になる、光ちゃんと同じように耳の聞こえが極端に悪いらしく、同じ手術を勧められて来たらしい。

光ちゃんとレベッカはアイスを食べて、お互いに様子を伺っていたが、そのうち、
『きゃははあ!!』と、二人でその辺を追いかけっこし始めた。

ここも退屈した子供同士気が有ったらしい。

ここで30分位過ごして、
『もうさすがに居るだろう!』と、われわれ二組の親子は待合室に戻った。

すでに、うんざりした患者が沢山座っている中、光ちゃんとレベッカは歓声をあげて走り回っている。

『ちょっと!みんな病気なんだから!!おとなしくしなさ~い!!』ママが言うが、パパもレベッカのパパも
『子供なんだから、仕方が無いよなあ。放って置けよおお』なんていっている。

『あのお・・・そう言われてもですね・・・私が居る限り、形だけでも注意しなければ・・・』ママは内心思う。

そんなママの気持ちなんて、全く察する気配も無い光ちゃんは、まるで”水を得た魚”状態で、すでに汗だくになって追いかけっこしている。

しかし、待つこと10分くらいでまずレベッカが呼ばれた、
『ちょっと、トイレに行って来る』パパがトイレに行ってしまった間に、何と呼ばれちゃったじゃないのおお!!

先生も忙しいのでまさか『主人がトイレに行っているので待って下さい』ともいえず・・『すぐに来るだろう・・』そう思って、診察室に入る。

そこには主任の先生らしき男の先生も居て、
『聴力は問題ありません。中耳炎も現在は収まっていますが、アデノイドの除去の手術と、耳の中チューブを埋め込んで、中に溜まった分泌液が上手く流れるような手術をしたほうが良いと思われます』とか何とかいう感じの説明を受けた。

この先生、忙しいらしく、
『後はこちらの先生から説明を受けてください』と言っていなくなっちゃった。

『うわあ・・困った!私に説明されてもさああ・・全く!パパはいつになったら来るんだよおおおお!!!』ママはあせったが、女医さんは今後の説明を始めちゃっている・・

『・・と言うわけで、後は看護婦さんに付いて行って、手術の日を決めてください』ここでやっとパパが戻ってきた。

『あなた!遅いのよ!!!(怒)』ママは言ったが、本人は
『そういわれても、トイレに行きたかったんだから、仕方が無いじゃないか!』と言う。

『あのなあ・・5時間以上待って、何も一番大事な時に、トイレに行かなくても良いじゃないの!!!大体、さっき調子こいてビールなんて2本も飲むからじゃ!!!』ママはそういいたいのを我慢して・・・

『それで?どうすればいいのですか?』なんてパパが聞いている間にも先生には2本も電話が入りかなり慌しい。

『ですから・・。後のことはこの看護婦さんに付いて行ってください。予約はこの部屋を出て右に行って突き当たりです』と先生が説明するのに、パパは
『じゃ、今日はこれで終わりで良いんですね?』なんて帰ろうとする。

『そうじゃなくて、手術の予約をしてください』と先生に言われる。

どこまでも、他人の話を聞いていない奴だ・・・

診察室を出ると、左に行こうとする・・

『そちらではなく、こっちです!』看護婦さんにここでも注意される。

『こいつは??何も聞いていないのか?もしや・・耳の手術が必要なのは・・光ちゃんよりもパパでは???』ママ、この時点で本気で思い始める。

見ると先に呼ばれたはずのレベッカとレベッカのパパがまた診察室の前で待っている。

ママたちは先生に手術の為に沢山書類を持たされたのに、彼女たちは持っていない。

『あ・・レベッカは手術はしないでも良かったのかな?』と思いながら、予約を入れるために指定された部屋に行く。

一番急いでもらって12月21日に決まった。手術は朝7時半から始まる(一体何時に起きれば良いんだ!!)ので、その時間までには受付を済ませて置く事、当日は近ければ手術後、帰宅しても良いが、生憎、ママたちは何かあってすぐに病院へ駆けつけられる距離では無いので、光ちゃんとママは病院へ1泊することになった。

近所の先生の話では3泊と言われたが、1泊で済むらしい。

パパ、急に廊下に出て行ってしまった・・(何だよ?)
『僕たちは12月21日になった』廊下で待っているレベッカのパパに話したらしい。
どうやら書類が出来ていなかったので、待っていただけでレベッカも手術になったらしい。

結果・・『家も12月21日になった!』予約を済ませたレベッカのパパが言った。

どうやら、光ちゃんとレベッカは”オペ友達”になった!(笑)
同じ日に二人は前後して手術することになった。

先生の話では、この手術を終えた子供達は2~3時間もすると、その辺を歩き回っているようだ。

良かったんだか?なんだか良く分からないが・・少しでも知り合いがいる方が、こっちも何となく心強い。

『じゃあ、また!!』なんて言い合って、パパたちは病院を後にした。終わったのは3時だった・・・病院ですでに6時間経過していた。

この後、ミュンヘンのクリスマスマーケットに行って、ついでに新しく出来たという、日本食のスーパーを探したかったが・・・光ちゃんすでにフラフラ・・。

『やっぱり、今日はこのまま帰ろうか』と言ったが、どうしてもクリスマスマーケットに行きたいと言う。

行ってみたが光ちゃんもうそれどころじゃない。

スーパー探しも断念して、グルーワインのカップを手に帰路に付く。

また地下鉄に乗り、やっと車に乗って、光ちゃん寝息を立て始めた。家に着いたときはすでにおきてから12時間経っていた。飛行機に乗っていれば日本に着いている。

長い、長い一日だった。光ちゃん良くがんばったね・・。
今日は、パパが友達の所に光ちゃんを連れて行くというので、ママは
『じゃあ、私、町に行っても良いかしら?』と、たずねたところ。
『好きにすれば?』と言うので、お昼過ぎにさっさと支度をして町に買い物に出た。

始めは1時間で帰ってくるつもりが気がつくと2時間経過!
『ひゃあ~!まずい!』と思って、パパに電話すると、パパはすでに家に居る。
『もう家に居るの?私、まだ買い物済んでいないんだけれど・・・それにしても静かだけれど・・・光ちゃんは?』と聞くと、
『友達の家に置いてきた。1時間後にまた引き取りに行く』と言う。

なんでも、光ちゃんパパが用が済んだので
『帰るぞ~!それとも、後からまた迎えに来ようか?』と聞くと、
『後で迎えに来て!』と言ったらしく、お隣のデニスの家以外では初めて、よそのお宅に一人で残っているらしい。

『あ!そうなの?』ママはチョットビックリしたが、パパが光ちゃんを迎えに行くついでに、ママも迎えに来てくれると言うので、もう1時間フリータイムが増えた♪

何とか欲しかった手袋(苦笑)を手に入れ、光ちゃんの夕飯代わりのマクドナルド(手抜きだ・・)のハッピーミールを買い。待ち合わせの場所で待つこと10分!パパと光ちゃんが現れた。

『ママ~♪これもらったんだああ~!』うれしそうに言う光ちゃんの手には・・

玩具のピストルが握られていた!

『ええ・・・そうなの・・』ママが苦笑すると、パパは
『いらないって言ったんだけれど・・すでに貰っていたんだ・・』と言う。
『そう・・』ママは言った。

実は、ママもパパも光ちゃんには玩具の”ピストル”や”剣”は買い与えないつもりだったんだけれど・・

貰ってしまったものは仕方が無い・・・。

そんなわけで・・ママは久しぶりに一人で買い物を楽しんだし、パパは一人で好きなことをしていたようだし、光ちゃんも楽しんだようだ。

良かった!良かった!!
2004.12.13 直談判!
最近の光ちゃんの行動に、少々困ったことがある。

それは!!ずばり!!
クリスマスプレゼントの催促!!!

来た人を捕まえては、
『ちょっと、話があるんだけれど・・』と、陰に連れて行って、耳打ちしている。

でも、小声でもこっちまで聞こえちゃうんだけど・・。
しかも、どこに隠しているのか?捨てたはずの玩具の広告を持っていって
『あのねえ・・光ちゃんはクリスマスのプレゼントにこれが欲しいんだよ。。』とやっている。(苦笑)

いたずらが過ぎるとママやパパに
『そんなに悪い子だと、サンタクロースは来ないわよ!』って言われるので、この際、くれそうな人たちに、直接交渉に出たようだ・・

『もう!そんな事しちゃ駄目よ!!』と、いくら怒っても駄目。

頼まれたほうは
『だって、光ちゃんはもう沢山玩具持っているじゃないか!』と切り替えしているが・・・どうぞ!皆さん、光ちゃんの希望なんて鵜呑みしないで下さいねえ・・

そのうち、新製品ばっかりの玩具屋になってしまいます。

プレゼントはさあ・・出来れば親に一言たずねてくれるとありがたいんだけれどなあ~。
そうすれば適切な物が頼めるんだけれどなあ・・。

でも、聞かれもしないのに言うのもずうずうしいし、みんな選ぶのも楽しみだろうしなあ。

難しいねえ。クリスマス・・。
光ちゃんパパに良く
『しょんべんたれ~!!(まことに下品・・)』と、からかわれていた。日本語に訳すとますます下品なんだが、ドイツ語でもパパ以外が言うのは聞いたことが無い・・(苦笑)

それを、最近、光ちゃん他の人にも言うことがある。(涙)

まあ、遊んでいる最中に言うわけだけれど。

今日、パパの友達の家で、そこ双子の女の子の一人スージー(7歳)をつかまえて言い出した。

『お前はしょんべんたれ~!』と、光ちゃん。すると相手も
『お前だ!』と光ちゃんを指差して言い返す。
『お前だ~!』と、相手を指差して光ちゃんが言う。

この取引が何度も繰り返されるうちに、そこのママが光ちゃんに
『誰が?しょんべんたれ~!なの?』と聞く。光ちゃんは相手のスージーを指差していながら
『ぼく!』と言ってしまう。(爆)

ここで一同爆笑。なかなか、急な切り返しは出来ないらしい。

『ほ~ら!やっぱり、光ちゃんがしょんべんたれ~!じゃない!』と、すかさずスージーに言われて悔しそうな光ちゃん。

『違う!お前がしょんべんたれ~だあ!!』またまた、光ちゃんは言い出す。
『違う!』と、またスージーとの攻防が始まる。数回繰り返したところで・・・スージーに光ちゃんがまた
『お前が、しょんべんたれ~!』と言ったら、スージーは
『私?そうよ!あなたは違う!』と、切り替えした。

『?』光ちゃん、一瞬戸惑って考えている模様。

『・・・・』光ちゃん納得した様子で、黙ってしまった。

『ぎゃははは!!』一同爆笑。光ちゃんは、無言のままあっちに行ってしまった。

なんだこりゃ?どうやら相手のほうが一枚上手だったようですな。

光ちゃん幼稚園に行きだしてからますます誰かと遊びたくて仕方が無い。
幼稚園に長く留まるのは嫌なんだけれど、帰ってきてからが煩い!
パパが居るとママも色々することが多いわけで、光ちゃんとバカッ面して遊んでいるわけにもいかない。

『後でねえ~』と言っても、なかなかその”後で”が来ない。その度に、光ちゃんは
『ママ~?もう”後で”になったああ~?いつになったら”後で”になる~??』と聞きに来る。

そんなわけで、終いにはママに
『んもおおお!!時間が出来たら遊んであげるって言っているでしょおお!(怒)』と言われちゃう。

やっと時間が出来てママが
『さあ!遊ぼう!』と言っても。

パパがテレビをつけているので(そう!パパは居ても自分はテレビ見ているだけ!)今度は、光ちゃんママをキープするだけで、遊んでいるのはママだけ!そうなると、ママもすることを後回しにしてきているので、
『遊ばないのならママはまだすることが有るんだから!』と言っていなくなってしまうわけ。

でも、これじゃあかわいそうなので・・
ママは夜寝る前に、光ちゃんの部屋で遊ぶことにした。

寝る支度をして、パパが気が変わる前に、本を少し読んでもらって、ベットにつれてくる。

これから、ママと光ちゃんは、光ちゃんの好きな車で遊んだり、遊園地ごっこ(ママがジェットコースターの真似をしてあげる)をして30分位遊ぶ。

その後、本を読んで、光ちゃんが今日幼稚園で有った事なんかを話しながら寝る。以前よりも寝るまで時間が要するんだけれど・・・これで、光ちゃんは満足して寝る。

こういう時間も大切だなあ。と、ママは思う。
クリスマスまでは、かなり早いんだけれど。
今日は自転車で出かけたついでに、広告で見ておいた玩具を見に行った。

『どれがいいかなあ?』ママが聞くと、光ちゃんは
『これ光ちゃんの?』と聞く。
『う~んん・・光ちゃんはどれがいいと思う?』ママは光ちゃんの質問には答えずに聞く。
『ねえ・・これクリスマスの時にもらえるの?』光ちゃんは眼を輝かせて聞く。

『そうねえ~。日本のオパとばあばが、光ちゃんの好きなものを買ってあげてね!って言ったからさあ。でも、クリスマスプレゼントよ!』ママは念を押す。

『うわあーーいい!じゃあねえ・・う~んと・・』光ちゃんは箱に沢山入った自動車のセットを注意深く見て一個を選んだ。

『これにする!これ欲しかったんだああ~♪』光ちゃんは調子の良い事を言っている。
『これ初めて見たんじゃん・・』ママは思ったが・・光ちゃんの選んだ玩具を見ると、”大きいはしご車、パトカー、救急車、消防自動車、救急医のヘリコプター”のセットだった。

『ねえ・・農場のセットや、パトカーのセット、工事現場のセット、救急車のセット、フォーミュラ1も有るんだけれこど・・。これでいいの?』ママはそれぞれ見せるが、光ちゃんは全部見たうえでも
『うん!これには、パトカーも救急車も消防自動車も入っているからね♪これにするよ!』そう言った。

『これさあー。クリスマスが来たら開けても良いの?』と聞くので、
『そうねえ~!』と、ママが言う。ママが雑誌を選んでいる間も、床に座ってパッケージを眺めている。

レジで順番が来るまで、ベルトコンベヤーみたいな所に載せて待っているんだけれど・・一人が済んで、車のパッケージが動くたびに一緒に動く。

本人は気がついていないんだけれど・・まわりの人がニコニコ笑ってみている。

光ちゃんはいたってまじめに、玩具と一緒に前に進む。(爆)
レジのおばさんも
『あら!良いのを買ってもらったわね!』と言う。

このおばさん、ドイツにママが来た当初は、本当に意地悪で、おつりや品物を投げてきた事があって、ママは一時買い物恐怖症になったことがあるんだが・・。ここに5年も居れば、近所なので、行かないわけにも行かず、行っている内に、こっちも随分なれたが、こんな笑顔を見せたのは初めてだった。

『これは、少し早いんだけれど・・私の両親からのクリスマスプレゼントなんです』ママが言うと、おばさんは
『あら~。そうなの!良かったわねえ~!』と、光ちゃんとママに言った。

ママ、チョットうれしい。

光ちゃんは大事そうに家まで持って帰ってきて、パパに見せた。
一瞬、パパは
『それ何?』と、顔を曇らせたが、ママが
『これは、オパとばあばからなのよ!チョット早いけれど、クリスマスには一気に玩具が集まるから、少しずらしても良いでしょ?』と言うと、

『そうか~!すごいなあ~!』と、光ちゃんに言って、居間に行って二人で眺めていた。

『これは~。なんていう名前?』車の正式名称(爆)を、パパに尋ねて居る。
『開けるか?』パパが聞くと、光ちゃんは
『これはさ~!クリスマスプレゼントだから、あけられないんだ!ママと約束したんだ』と言ってパッケージの外から見ている。

『そうか!でも、開けてもいいんじゃないのか?ママに聞いてみたら?』パパ、また誘惑している。光ちゃん
『ママ?これはクリスマスまであけちゃいけないんだよね・・?』と言う。
『そうねえ~・・パパは何だって?光ちゃんは開けたいの?』ママが聞くと、光ちゃんは
『パパはさあ~。開けても良いって言うんだけれどさあ・・これは、クリスマスプレゼントだもんねえ・・』と言う。

ママが
『開けても良いわよ!でも、明日オパとばあばにちゃんとお礼言わなきゃね』と言うと。光ちゃん大喜びで
『うん!オパとばあばにありがとう!って言わなきゃね~。光ちゃん、ずっとこれ欲しかったんだよねえ~』と言って、一個出すたびに
『かっこいいねえ~!すごいねええ~!』を連発した。

実はこの玩具は特価で10ユーロだったのだが・・ここまで喜んでもらえば良いだろう。

ここから数時間、ママは光ちゃんに付き合って、これで遊ばされたのは言うまでも無い・・。

一気にどっと玩具を貰うとありがたみが無いんだが・・こうして小出しにすると、少しの間は物凄く遊ぶ・・
ま・・こんなのでも・・いっか。
今年もクリスマスマーケットに出かけて、新しい飾りを買いに出かけた。
これは、毎年一個ずつ増えるクリスマスツリーに飾るガラスの玉。

光ちゃんとのクリスマスの回数とパパとママと光ちゃんの名前と年(2004年)書き込んでもらう。書き込み料金も合わせて大体20ユーロになるが・・

生まれてから今年で5個になる。毎年、同じ店に行って選んで頼む。

光ちゃんは、仮設のメリーゴーランドに乗る楽しみ。
ママはグルーワインを飲み、買い食い(爆)する楽しみがある。

グルーワインは凍えた手を暖めるにはもってこい!クリスマスの特別なホットワインだ。ママはあまり好きではないんだが、やっぱり、クリスマスマーケットに行ったら飲んでしまう。不思議なもんだ。

美味しいレープクーヘンを見つけて食べる。焼き栗も食べる。昼食を食べずに行ったにも関わらず・・お腹一杯!

光ちゃんはメリーゴーランドに乗り。ママからレープクーヘンを貰って食べている途中、綿菓子を食べている子を見つけ、パパに
『あれが食べたいよおお~!』とねだって買ってもらうが、何口か食べたところで、口も手もなぜか?帽子もベトベトになって、どうにかベトベトにならずに食べたいとパパに手伝いを頼んだんだが・・

パパもベトベトになるので・・捨てちゃった!!!!

『うわああーーーーん!(涙)まだ食べたかったのにいいい!!』光ちゃん泣くが後の祭り・・パパになんて頼むのが悪いのよ・・

今までは玩具の屋台に留まって、連れ出すのが苦労したのだが・・今回も立ち止まって
『これ欲しいなあ・・』などとほざいていたが・・・
『サンタクロースが来るまで待たなきゃねえ。。』で、簡単に連れ戻せた。

ふむふむ・・・良かった!

そんなわけで・・今年もクリスマスマーケットで飾り玉を購入できた。もうほぼ、クリスマスの準備は万全だな。

後は・・雪を待つだけなんだけれど・・・。今年もクリスマス時期には降りそうも無い。ホワイトクリスマスはもう3年も迎えていないなあ。
昨日の日記に書いた”一目ぼれの電動歯ブラシ”は、使えないまま、ミニカーの掃除機になってしまったので、幼稚園の帰り、ママと光ちゃんは買い物に出かけて、ブラシの変えられる”ピエロ”の電動歯ブラシを買った。

『これはさあ~。どうやって外すの?』光ちゃん、ブラシをどうやって外すのか?ばっかりが気になる様子。

それからも、何度もバスルームに行ってはドアを閉めて(いたずらしていると叱られると思ったようで)、動かしてみたりしていた。(苦笑)

夜、寝る前にママが
『歯を磨かなきゃ!』と言うが居ないや、光ちゃんバスルームに飛んでいって、歯ブラシをつかむ。歯磨きをを付けて貰って・・

『ブイーン!』と、歯磨き開始!

ママがするときは、嫌がるのにねえ・・光ちゃん一人で随分長いこと歯を磨く。

『うわあ~!上手だねえ~!』ママも関心するくらいに、上手に口中動かして磨いている。

『光ちゃん自分で出来たねええ~♪』光ちゃん歯磨きでこんなにうれしそうな顔をしたのは、初めてだ!

口をゆすぐのももどかしく
『パパにも教えてこなきゃ♪』と言って、パパのところに飛んでいった。

『パッパ~!光ちゃん自分で歯磨きできたんだよおお~♪』そう言うとパパは
『そりゃそうだろ!お前はもう大きな男の子なんだから、パパは出来ると思っていたよ』なんて、チョットそっけない言い方で言った。でも、光ちゃんはうれしそうにママの所に戻ってきて
『パパはさあ~。もう、光ちゃん出来ると思っていたんだってえ~!』と言っていた。

寝る前にも何度も光ちゃんは
『光ちゃんさ!一人で上手に歯を磨けたねえ~』と言っていた。

そのときの顔が、はにかみながらも何とも自信に満ちていて、かわいかった。(親ばか・・)

この調子で毎晩、上手に歯を磨いてね!
朝起きて光ちゃんはいつものように
『ママ!おしっこ!!』と言った。ママは光ちゃんに
『早く行っておいで!あ!ニコラウスが何か入れてくれたかもしれないから。。ドアの外の靴下みてごらんよ!』と言った。

光ちゃん、思い出して
『あ・・そうだ!』と言いいながら、そ~っと、ほんとうにそ~っと。ドアを少し開けて。ドアの外をのぞいた。

『あああ!!!ママ!何か入っているよ♪』そう言って。靴下を取るのも忘れてドアを閉める。顔には満面の笑みを浮かべている!

『本当!?何が入っているんだろうねえ~!早くおしっこして、靴下取っておいでよ!』おしっこを忘れている光ちゃんにそうせかした。
光ちゃんは、またドアをそ~っと開けて靴下を見て、
『ニコラウスが来たんだねええ~!来たんだ!』そう言って、またまた靴下も取らないでトイレにも行かずにドアを閉める。

あはは・・変な反応だな。。。しかし、オシッコ漏らされちゃたまらないので、
『ほら!早くトイレに行っておいで!』そう言ってトイレに急かせた。

『あ・・うん♪』ドアを開けて光ちゃんニコニコ顔で下がっている靴下を見てトイレに行く。トイレから
『ニコラウス来たんだああ~!』と言う呟きが何度も聞こえる。
ここまで喜ばれると用意した甲斐が有ったってもんだ!

『ママ!何が入っているんだろう』光ちゃんそう言いながら靴下をのぞいている。

『ほら・・そこから取って持っておいでよ!』ママが言うと、光ちゃん始めて気がついたように、靴下をドアの取っ手から外してベットに持ってきた。

『あああ!!お菓子だよおお~!見て!あ!これ!光ちゃんが持っているガムと一緒だよおお~!』光ちゃん中のお菓子を抜き出して言う。

『あああ!本当だねえ・・(冷や汗・・)そこいら辺に残っていたお菓子もついでに入れちゃった手抜きがばれたか?一瞬ママはそう思ったが、光ちゃんはニコニコでお菓子を取り出して満足している。

『まだあるのに・・』ママは思いながら、
『光ちゃん。まだ何か入っているんじゃない?』ママはすでにお菓子で満足している光ちゃんに言う。

『あ・・そうか!あああああ!!!ママ!見てよ!!光ちゃんの感動が伝わってくる。

光ちゃんの手には、夏から欲しがっていた”消防自動車の電動歯ブラシ”が握られていた。(あはは・・変なプレゼントだが・・)

『光ちゃん!これず~っと欲しかったんだよおおおお!!!寝ながらね、これこないかな~・・ってずっと思っていたんだよおおお!!ニコラウスがどこかで買ってきてくれたんだああ~!!うわああ!!』電動歯ブラシを握って光ちゃんもううれしくて仕方が無い様子だ・・

ニコラウスがどこかで買ってきてくれた!って言い方が妙におかしかった。ニコラウスも買い物に行くのか・・(爆)

『あああ~!パパまだ起きていないかなあ~!』光ちゃんはブラシを握り締めて言う。

『起こして見せてくれば?』ママが言うと、光ちゃんは
『そうする!』と言って、パパの所に言った。

『パパ!!!ニコラウスが来たんだよおお!!ほら見てよ!』光ちゃんの声が聞こえる。
『そりゃ良かったなあ』パパが言っている。

この歯ブラシ、夏に一回だけ、スーパーで見かけて、光ちゃんは一目ぼれしたんだが・・それ以降、どこに行っても見つからなかった。先週やっと一個だけ売っているのをママが偶然見つけて買っておいたんだ。

『幼稚園に持っていって、ニコラウスに見せるんだ!』光ちゃんの幼稚園には今日の午後からニコラウスが来るので、光ちゃんどうしても持っていくと言う。ママ、少々不安になって
『でもさあ・・その辺をゴシゴシしちゃったら歯磨きできなくなっちゃうよ・・』そう言ったんだが、光ちゃんは絶対に持っていくといって聞かない。

『じゃあ、見せたらガードローべに置いておきなさいよ!』と言って置いた。
『うん!』光ちゃんは歯ブラシを握り締めて幼稚園に出かけた。

午後・・迎えに行ったママが見せられたのは・・・
埃まみれになった無残な歯ブラシだった・・(号泣)

『ママ・・歯ブラシ汚くなっちゃったんだ・・』光ちゃんは言う。
『あれほど言ったのに・・何したのよ!』ママが聞くと、光ちゃんの友達のラファエロ・・事も有ろうにこの歯ブラシで絨毯の床をゴシゴシこすり、ついでに外の砂場にまで持って行って、ここでもゴシゴシやったらしい・・・

『だから言ったじゃないの・・なんできちんと片付けなかったのよ・・いくら友達でも何でラファエロにやめろって言わなかったの!』ママは言うが後の祭りだ。

光ちゃん見る見るうちに目に涙がたまって来る。
『言ったよ・・でも、ラファエロがやっちゃったんだもん』光ちゃんはそう言う。

初めはママは、この歯ブラシブラシの部分だけ変えられると思っていたので持たせたのだが。。なんと。。この歯ブラシはブラシの部分が変えられなかったのだ・・・

そんなわけで・・・光ちゃん一目ぼれしたこの歯ブラシで歯を磨くことは一回も出来なかった。(涙)

帰ってきたパパが、その話を聞いて光ちゃんに
『ああ・・もうこれでは磨けないな・・でも、ほら!こうやってお前のミニカーを掃除すれば良いじゃないか!』と名案を出した!(珍しいな!)

すると、泣きじゃくっていた光ちゃんは、
『そうだ!そうだね!』と言って笑顔になった。

7ユーロもしたライトまでつく電動歯ブラシだったのだが、こんな事になるとはねえ・・一個しかなかったのに。

まあ・・仕方が無いか。あの時、もっときつく反対しなかったんだから、ママにも非がある。

午後、オマが遊びに来て、光ちゃんに
『はい!これはニコラウスから・』と言ってお小遣いをくれた。しかし、光ちゃんは
『これは、ニコラウスからじゃ無いよ!もうニコラウスはきちゃったんだから!』と言ってオマを混乱させた。

そうです!目の前でお金渡されてもこれはオマからであって、ニコラウスからじゃないよね~!

何はともあれ、今日は一日ニコラウスだった。
明日は、ニコラウスの日だ。良い子にしていたかニコラウスに聞かれ、良い子には小さな玩具やお菓子がもらえる。

しかし、一日前の今日は、”悪いニコラウスの日”で。悪い子はこの”悪いニコラウス”に大きな袋に入れて連れて行かれちゃう!

さあ!光ちゃん大変だ!昨夜から、

『光ちゃんは良い子だよねええ?ねえ?ママ?』と、ビクビクしている。(笑)

『さあねえ・・・?どうだかねえええ??そういえば、さっきニコラウスって人からママに電話があってね、お宅の光ちゃんはこの一年良い子だったか?って聞かれたのよねえ』と、ママは言った。

すると、光ちゃんは、ビックリして
『それで?ママ?何て言ったの?良い子だって言った?』と聞く。

『う~ん・・本当はねええ・・どうしようか迷ったんだけれどさあ・・・”家の光ちゃんは良い子ですよ!”って言って置いたんだけれどさあ・・ニコラウスは見ていただろうからなあ・・どうかなああ・・・?』と言った。光ちゃんはすかさずパパにも
『ねえ!さっき、ニコラウスがママに電話してきて”良い子だったか?聞いたんだって!!”』と、言った。パパは

『そうかあ~・・パパにはまだ電話掛かってきていないからなあ~・・まあ・・そうだなあ~・・チョットいたずらでは有るけれど、パパも”良い子だ!”って言っておくよ』そう言った。

光ちゃんはやや不安を残しながらも
『ママ・?悪いニコラウスは光ちゃん連れて行かないよねええ・・』と、聞いた。

あはは・・・良い子だか?そうじゃないか?どうやら光ちゃんは一番分かっているらしい。

5日も残すところ30分あまり・・光ちゃんは夢の中だ。

なんとか、悪いニコラウスに連れて行かれないで済んだらしい。

ママはさっき、光ちゃんのぶら下げておいた”靴下”に、お菓子や小さなクリスマスの本やプレゼントを入れておいた。

明日の朝に、光ちゃんが見つけるだろう。

光ちゃんが”ニコラウス”や”サンタクロース”を信じているのか?良く分からないが(だって、ママやおじさんおばさん達にプレゼントをねだるので・・)、チョットの間、真相は霧の中で有って欲しいような気がする。
光ちゃん急に粘土で遊びたいと言い出した。

『その辺に落として置いちゃ駄目よおお~!』ママは釘を刺して粘土を出してあげた。

数十分後・・光ちゃんは
『もう粘土は終わり!』そう言ってママの所に来た。

『そう?じゃあ、片付けしておいてね』クリスマスクッキー作りで忙しいママはそれだけ言ってまた作業に戻った。

『うん!』光ちゃんそう言って片付けに行った。

『バタン・・』気がつくとママの後ろのゴミ箱を開けている。
『ん?』ママはそう思って振り向いてみると、光ちゃんなにやら捨てている。
『何捨てているの?』ママは聞いてみたが、耳の聞こえが悪い光ちゃんは(涙)無言のまままた戻っていった。

『何捨てているんだ・・??』ママがゴミ箱を覗くと粘土が捨ててある。(おいおい・・)そうしている間に、光ちゃんまた忙しそうに戻ってきて、手には小さなチリトリとブラシのセットと持っている。そして、中には上手に粘土の粉が溜まっていた。

光ちゃん見ていると、これまた上手にゴミ箱を開けてブラシでさっさとチリトリの中のごみを捨てていた。

『うわー。光ちゃん上手ねえ~!』ママは言ったが、これまた聞こえないのか?言ってしまった。

多分、幼稚園で何かを片付けるときに使っているんだろう。こんな事もキチンと出来るようになったんだねえ。この前、幼稚園で自分の使ったガラスのお皿とカップを重ねて用心深く片付けているのを見たときも、感動したんだけれど。

そういえば。。この前、光ちゃんが
『今日さあ・・幼稚園でお皿落として先生にここに座っていなさい!って怒られちゃったんだ・・わざとしたんじゃなかったのにさあ・・』って言っていたっけ。

きっと、そのときも、こうしてブラシとチリトリで片付けさせられたんだろうなあ。
家では何もしない光ちゃんだけれど・・・幼稚園ではいろいろ自分でしているんだろうなあ~。

なんか、密かに感心したママであった。

そうそう!昨日のフリーマーケットに出した、ベットと乳母車はママの予想通り(爆)売れませんでした。

パパは夕方に友達に電話して、
『もし、ベットが売れなかったらさあ~。暖房の為に持って行ってやるよ!』って言っていた。

『えええええ!!』ママ、かなりビックリした。

『ちょっと・・・暖房のためってさあ・・薪にして燃やすって事でしょ?じゃあ・・もっと安い値段でも使ってくれる人に売れば良かったじゃん!!!(怒)』本心でそう思った。ほんの少ししか光ちゃんはねんねしなかったけれど、やっぱり、思い出はある。

それをこいつは!!!薪にして燃やしちゃうだとおお!!!(怒)彼にはデリカシーと言うものが全く無い!そんなわけで・・その後、ママは引き取りに行くパパに言った。

『あのさあ・・ベット売れなくても、グンタ(友達)の暖房の為にあげないでよね・・彼は暖房の為には充分なお金があるはずでしょ?だったら、カリタスにでも寄付してよ・・』と言った。

センチメンタルと言われるかもしれない・・でも、自分の子が始めて寝たベットを知り合いの薪にして燃やしてしまえるほど、私は割り切れない・・たとえ・・カリタスで薪にされようが・・・。ここまでは関知しないけれど・・・
今日はオマが風邪をこじらせて買い物に行くことが出来ないので、パパの車に乗せて一緒に近所のショッピングセンターに出かけた。

オマの買い物は遅いので・・パパと光ちゃんとママはカフェで休憩していたが、光ちゃん飽きちゃって終いにはテーブルの下を散策始めちゃった。

その度に、テーブルクロスが動くので上のものが落ちそうになり、再三パパとママに注意されたにもかかわらず、光ちゃん止めなかった。

『いい加減にしろ!キチンと椅子に座っていろと何度言われれば分かるんだ!!!』パパの大爆発が起こった。

その結果・・・カフェの人が全員『何事だ!!??』と、思う位光ちゃんは泣き叫んだ・・(涙)

オマは慌てて
『そんなに泣き叫んだら、耳が痛くなるわよ・・。もういいからねえ』と、なだめる。光ちゃん、ここぞとばかりにオマの慰めに甘えてますます泣き叫ぶ。

『もう、放っておいて良いから・・』ママがオマの言うが、オマは止めない。
数分間か?10分くらいか(あまりに恥ずかしくて分からなかった・・)、光ちゃんの叫びと泣きは続いて、終わった。

『何が起こったの?』カフェの中国人の奥さんが会計のときに、聞いてきた。

ここはもう何度も来ているので、彼女とは知り合いなので、
『こういう所に来ると、こいつは親を試すんだよ・・でも、そんなことはこっちには何とも無いんだけれどね』パパが言うと、彼女は
『光ちゃんの星座は何?』と聞いた。
『さそり座!』パパが答えると

『うわ・・じゃあ、この子はきついわよ・・(苦笑)でも、インテリだと思うけれどね。ほら!マイクロソフトのビルゲルツがそうだから・・』などと訳の分からない事を言っていた。

さそり座の人がみんなこんなじゃないと思うんだけど。

いやあ~・・参ったね。
今日、気になったので、小声で光ちゃんに話してみた。
本当に小さい声で話すママに、光ちゃんは
『え?何言っているのか聞こえないよ~(涙)もっと大きい声で話してよおお』と言って、それでも、小声で話すと、光ちゃんは椅子を持ってきて、ママの口の高さに立った。

『そうかあ・・やっぱり、小声じゃ聞こえないんだなあ』

なんか、いまさらながら、危機を感じた。医者の予約までまだ10日も有るのになあ・・・。この前まではこんなに酷くは無かったのに。何で急にこんなに聴力が落ちたんだろう?

ここ数日、ママはさえない気分だ。
2004.12.02 気分一新!
ここ数日、日記が暗くなっているので・・(と言うわけでもないんだけど)今日は気分一新!光ちゃんの部屋の模様替えをした。(どういう関係だ??)

今週末に近くの”Mutter-Vater-Zentrum”でフリーマーケットが開かれる。

光ちゃんの赤ちゃんの時に使っていた、乳母車と産まれてから10回ほど寝ただろうか?と思われる(爆)赤ちゃん用のベット(とはいえ・・長さは140センチもある)を売ることにした。

まあ・・パパのつけた値段は非常識と思われる値段なので、売れるのか?どうか?かなり難しい所だが・・(私ならあんな値段で中古は買わない!)

光ちゃんの部屋にあったベット・・なんとなく名残惜しいが、本当に物置と化していたので、撤去してみると、なんとまあ!広いスペースが出来た。

そこで!玩具を入れる3段の引き出しが今週のどこかの広告で出ていたので、パパに提案。光ちゃんの居ない午前中を狙って買いに行った。

見てみると思ったよりもかなり小さくて躊躇したのだけれど、居間の玩具を少しでも移動するために2個、ついでにそこに売っていたベンチにもなる収納箱(これまた小さい)も購入した。

光ちゃんに部屋に置くベンチ型の収納箱には”レゴ”一式を詰めて、引き出しには”BRIO”の汽車の2セット等、居間に置く引き出しは3段とも”ミニカー”でいっぱいになった。

『ありゃりゃ・・まだまだ沢山あるわ・・』そう思ったが、まあ、少しはマシになった。

光ちゃん幼稚園から戻って、
『うわ!これどうしたの?なに?ベットはどうしちゃったの?』等と矢継ぎ早に質問する。

『ベットはもういらないので、売ることにしたのよ。』ママが言うと、光ちゃんは
『ねえ?なんで、ここにレゴなんかや汽車があるの?』と聞く。
『ここが広くなったので、ここにも玩具があれば、お友達が来たときにここで遊べるでしょ?』ママが言うと、光ちゃんは
『そうかあ~!光ちゃんビックリしちゃったよお~』と言いながらもうれしそうに言い、ずいぶん長い間、自分の部屋でレゴを広げて遊んでいた。

これはママも、予想外だった。

どうせ、この箱を居間に持ってきて遊ぶんだろうなあ?位に思った居たのだが、自分の部屋で遊んでいる。

『買ってよかったなあ・・・』って思った。

光ちゃん、この引き出しや収納箱がかなり気に入った様子で、中身を出して遊んではキチンと片付けていた!

そして、先日スーパーで買ってきた飾りに赤い布(この前の海賊パーティで余った物)やガラス玉なんかを飾って、居間の入り口をクリスマスらしくした。

『うわああ~。かわいいねえ~』光ちゃんはうれしそうに言って、”ジングルベル”を鼻歌で歌っている(爆)

今日は幼稚園にパパが送っていった時に、他の園児がみんな”クリスマスのクッキー作り”に出かけていたらしい。(涙)
ここのところ、朝はパパが送って居たのでママはそんなのがあることなんて知らなかった。光ちゃんは悲しそうに
『光ちゃんも行きたかったよ・・・』と言った。
『先生が言わなかったの?』と聞くと、光ちゃんは
『この前、先生が何か言っていたんだけれどさあ・・光ちゃん聞こえなかったんだ・・』と言った。

あああ・・・なんと言うこと!

朝、パパが何も言わなかったので、帰って聞いてみると。

『あ!そうなんだよ・・今朝さ連れて行ったら誰も子供が居なくてさああ~。もうとっくに行ってしまったので、仕方が無かったんだ!なんでも親への手紙で知らせたって言うんだけれど・・まあさ、そんなのたいしたことじゃないよ。』と、パパは言っていた。

『こいつは!!!本当に役に立たない!』ママは内心思った。

そう・・きっと、親へのお便りの入っているボックスに手紙が入っていたんだろう・・でも、パパはそんなのは気にも留めないで帰ってきていたんだろう・・。

かわいそうなことをしてしまったなあ・・・

クリスマスのクッキーはママと作っているけれど、お友達と一緒に作りたかっただろうなあ・・・光ちゃんごめんよ。

今度から迎えに行ったときにもキチンと確認するからさ。(朝は、入り口から入るのでいろいろインフォメーションを見るんだけれど、お迎えは庭で遊んでいるのをつれて帰ってくるので、わざわざ、中に入って見ないのね・・)