昨日の引き続きオマやベッティが来る予定が相変わらずルーズな家族。いつ現れるのか?と首を長くして待っていた光ちゃんに、思いがけずにパパのお友達がお孫さんを連れて来た。

1歳6ヶ月の女の子。かわいいねえ~。

光ちゃんのやっている事に興味津々で、隣に座って一緒に遊ぶ。

oniichanoniichan2


『それは危ないよお』とか
『これは食べ物じゃないから。食べちゃ駄目だよ』とか・・優しく世話を焼く光ちゃん。(爆)やっぱり可愛い女の子には弱いのねえ~。

しかし・・世話を焼きすぎて最後にはパパに叱られちゃった。(彼女が興味を持ったので水鉄砲に水を入れてあげようとサービスしようと思ったらしい・・)

いやはや・・。我が家の男は本当に可愛い女の子に弱い。(あ・・私じゃないよ・・)
いやああ~。光ちゃんのオマすでに木曜日が誕生日だったんだけど。勿論、子供達の集まる週末が誕生日会。ついでに、勿論、光ちゃんの家でやりました(涙)

ママは朝早起きしてケーキを焼いてマフィンを焼いて。大忙し。

光ちゃんはかなり退屈で部屋中玩具を散らかしてそのまんま。最後にはママに叱られました。

でも、みんなが来てからは光ちゃんは”指紋採取”に大忙し(苦笑)。
全員に指紋を押させて
『この指紋には1個のうずまき~』
『オマのは2個のうずまき~』などと、虫眼鏡で観察していました・・・。

相変わらず良く分からない遊びに興じています。

『じゃあまた明日ねええ~。ってやっと11時過ぎ(早)に帰って行きました』
明日もまたケーキを焼くのか・・はあ・・。

それでも、ここ数日やっと涼しくなりました。寝不足を解消しておかねば。
ラファエロと一緒のカップが出来上がりました。

あはは。この2人・・いつまでこれを大事に持っていてくれるだろうか?
まあ・・ジャムアさんの提案どおり。写真もあげようと思っているのだから、壊れてしまっても良いか。(でもなるべくなら壊さないでねえ・・)

やんちゃな顔している2人。末永く友達で居て欲しい。
今朝、幼稚園に行くと、カメロのガードローべの写真が取られて壁に貼ってあったカメロの写真も全て剥がしてあった。

幼稚園はこのまま子供達に話さないで済ませるつもりなんだな・・と感じたので考えに考えた挙句。光ちゃんが気が付く前に話す事にした。

幼稚園から戻って夕方に光ちゃんを呼んで
『光ちゃん、ちょっとここにおいで、ママね大事な事を話すから』と切り出した。光ちゃん、何かを感じたのか?おどけもしないでママの前に座った。

ママ『光ちゃん、カメロ君はねもうドイツに戻ってこないのよ』
光ちゃん『そんな事無いよ・・・だって・・先生は何も言わないもん』

ママ『光ちゃん、ママね今日カメロ君のガードローべも写真も無いのを見たのよ』
光ちゃん『でも、前に他の子の写真が無くなったけど、他の場所に移したことあったもん。だから来るもん』と言いながらも悲しそうな顔になってきた。

ママ『実はね、この前カメロ君のパパに会ったのよ。その時にね、カメロ君のパパは仕事が無くなっちゃって、もうアパートの家賃も食べるものを買うお金も無くなってしまったので、カメロ君たち一家はイタリアに戻るって話していたのよ・・本当はね、光ちゃんには話さないで。って言われたんだけど・・本当の事を話さないと光ちゃんいつまでもカメロ君を待っているから・・ママは話す事にしたのよ』

光ちゃん『嘘だよ・・カメロもう来ないなんて・・来るよ・・だって、日本に行く前に会ってそれっきり会っていないんだから・・』ここで光ちゃんの目から涙があふれてきた。

ママ『ごめんね・・でも、本当にもう来ないんだよ・・』ママも一緒に泣いた。光ちゃんの辛さが痛いほど伝わってきたら、涙が止まらなくなってきた。

光ちゃん『もうカメロには会えないの・・』光ちゃんが泣きながら聞く。ここで光ちゃん気がついた。
光ちゃん『あれ?なんで?ママも泣いているんだよおお~?』

ママ『だって、光ちゃんが悲しいんだなあ・・って思ったらママも悲しくなってきちゃったんだもん・・』と説明して。
ママ『でもね、カメロ君のパパにイタリアの住所を聞いてきたから、たまには写真送ったりしようね?カメロ君のパパも”友達はたとえ離れても友達だから、いつかお互いに大きくなったら行き来ができるかもしれないよ”って言っていたから。忘れないように連絡しようね』と話した。

光ちゃんは、ママと光ちゃんでカメロ君のパパの仕事を探そう。と言ったが、それはね・・無理だね。だって・・アパートももう出てしまったし。一家を支えるような仕事はなかなか見つからないからね・・。

光ちゃんは光ちゃんなりに納得してくれたかな・・。きっと、今夜寝る前にまた思い出すんだね。

『光ちゃんはカメロの笑い顔が好きだったのになあ・・』光ちゃんが言った。
あづいです・・・・

あまりに暑すぎてさすがに私も日記を書く気にもなりません。涙

しかし、光ちゃんは元気。そうそう。昨日やっと車が来ました。

『おおお~!!車だ~♪ママ~。良かったねえ~』と、光ちゃんも喜んでくれたわ。買い物以外では自転車もなかなか良いなあ~。。て思ってきたんだけど。

この暑さじゃ・・もう結構・・。

今日は室温が30度も有って下がりません。ふう・・。

夏は暑いのが当たり前だけど。チョット涼しくなってくれないと体調が狂う人が沢山出てきちゃうよね・・

そんなわけで・・今日はここまで・・ふう。暑い。
連日暑くて眠れない。昨夜は光ちゃん寝付いたのはベットに入ってから2時間後。

そのため、今朝は
『眠い・・』と呟き、朝食にはチョコレートバーみたいのを一個。その後、出るまで着替えてベットに横たわる・・。

『だから早く寝なさいって言ってるでしょ?』とママに小言を言われる可哀相な光ちゃん。

今夜は早めにベットに入れて扇風機まで掛けて、寝る前の本を読んで。

さ~!!準備は整った。

と思ったら・・・またしてもマーコス君・・外で大騒ぎ・・。

どうも、お母さんが戻るまでおばあちゃんが居たらしいんだが、
『もう待てないから、私は帰るわよ』と言って帰ろうとするのをマーコスが
『チョット待ってよおお~。僕もその辺行くからさあ~』と自転車で追いかけている。
置いて帰る方も置いて帰るほうだよね・・子供だけなのに・・。

そうこうしていたら、お母さんが戻ってきたようで、外で大声で立ち話。
すると、マーコス
『ママ~!!お花に水やら無きゃ~!!』だって。

これ・・夜の9時半過ぎの話。こんな騒ぎが有るので、光ちゃんまたしても耳を傾けて
『ねえねえ・・今、光ちゃんの名前言ったよ』だとか、
『マーコスはまだ起きているのに・・なんで僕は寝なきゃいけないんだよ』だとか・・言っている。

もうすぐ学校は夏休みに入る。あ・・。こんな毎日、嫌だわ。

実はこのシュトラセンフェストは今年初めて。去年は道の半分でそれぞれやったし、それほど反対側とは交流が無かったんだけど。今回は同じ道なので一緒にやりませんか?と言うご招待を受けた。
食べ物はケータリングに頼んだので、サラダや果物、ケーキは持ち寄り。それぞれ食事代金は大人1人につき5ユーロと言う内容。親が参加する場合は小さな子供はタダ。

参加者30人の予定で始まった。

ここで・・またしてもマーコス参上・・(苦笑)

『僕もここで食べて良い?』と勝手に参加して食べたり飲んだり。他の大人もかなり困った顔。

『親に招待状を出しても何も言ってこなかったのに、こうして子供だけ来てしまう。本当ならみんなからお金を回収しているんだから、参加するなら言うべきなのに、何も言って来ないし、でも、まさか子供に言うわけには行かないし・・』

どうやらまたしてもマーコスのお母さんはマーコスだけ置いて仕事に出てしまっているらしい。お姉ちゃんは彼氏の所に行ったっきり。

しかし、口止めされているらしく、
『ママは?ママはどうしているの?』と聞いても
『う~ん。ママは具合が悪いんだあ』と言葉を濁す。しかし、夕方に戻ってきたんだから、つまり留守だったって事よね?

光ちゃんの玩具を外に持ち出そうと家に勝手に入るので
『家に入っては駄目だ!遊ぶなら外で遊べ』とパパがマーコスと光ちゃんに言っておいたんだけど、隙有れば入ろうとする。

これって・・どうなのよ??家に入って何か有っても困るしね。大人はみんな外だからね。

そうこうしているうちに夜の9時になっても家に戻らない。お母さんは帰って来ているのに、呼びにも来ない。なんだかねえ・・。そうこうしていたら、急に光ちゃんが切れた。(苦笑)

『マーコスが僕に意地悪するんだ!!!!』あまりの大声でみんなビックリ。光ちゃん叫んだと思ったら、こっちに背を向けて壁に向かって泣いている。

こんな事は珍しいんだよね・・。でも、どうやらマーコスは知能犯だから大人の見えない場所で意地悪したらしい。はあ・・。困るねえ。

大きなお兄ちゃんの乗ってきたスケボーで遊びたいのに、マーコスが幾ら待っても貸してくれなかったらしく・・爆発したわけね。仕方が無いね。自分の物じゃないんだからさ。何度も押させた挙句に貸してくれなかったって。こういうのは自分で解決させればいいと思っていたんだけど。

近所のおばあちゃんに
『あんなにわがままにさせて・・なんでも自分の思うとおりにならなきゃ大声で泣き叫ぶなんて。もっとしつけをしっかりしなきゃいけない』ってこっちがお小言を貰ってしまった。でもさ・・・あなた達は普段のこの子達のいさかいも知らないわけで。

ついでに、マーコスの親はいつもいないから、親の居る光ちゃんが我慢させられる場合が多いんだよね?マーコスは光ちゃんよりもずっと年上なんだから、譲るって事もしてくれても良いんじゃない?って思う場面も多々有るからね。

まあ・・他人は何でもいえるので、
『叱ってはいるんですけどねえ・・』って言ったら。
『幼稚園で友達は居るの?先生に何も言われない?この先困るわよ。家では言う事を聞かなければ叱って大人しくなるまで部屋に鍵を掛けて閉じ込めなきゃ』などなど・・いろいろ言われましたわ・・。

余計なお世話!そう思ったけど。ま・・そんなに交流も無いだろうし、このお年寄りの夫婦はその後、このフェストで音楽をがんがん掛け捲っていた男の子と大喧嘩をするハメになったので・・ま・・そういう人たちなんでしょ。と意見だけありがたく伺っておいた。

光ちゃんとマーコスの一件は、スケボーの持ち主であるお兄ちゃんがマーコスに
『貸してやれ』と言って取ってきて貸してくれて数回、満足した光ちゃん3回だけ滑って(マーコスとの約束は3回滑ったら相手に課すだったらしい)、マーコスを探して渡そうとしたらしいが
『もうやらない!』とマーコスが今度はふてくされたらしく・・・

10時になって(ビックリ)、窓からお姉ちゃんに呼ばれたマーコスは家に戻った。

しかしさ・・・隣人が居るとは言え7歳だか8歳だかの子供だけ外に出しておくってどうなの???

隣人一同
『理解できない』でした。マーコスは勿論、ここでただ飯食って帰りました。
最近、熱でチョット具合の悪かった光ちゃんですが、やっとなんとか調子を取り戻したようです。

『ママ~?最近、あんよが痛いんだけどさあ・・また背が伸びたと思うんだけどさあ~。測ってよ~』と言う。

『まさか・・この前測ったばっかりなんだからそんなに簡単には伸びないでしょう・・』と思ったんだけど。
光ちゃん背が伸びる前はいつもかなり体調を崩すので・・試しに測ってみた。

『ええ・・・118.5センチって・・もう一回』ママはチョットビックリしてもう一回測りなおしたんだが・・一緒。

ひゃーーー。1週間で1.5センチも背って伸びるもんなんですかああ~????

『ね♪やっぱり大きくなっていたでしょおおお~?あんよが痛かったんだもん♪』と、嬉しそうな光ちゃん。

ありゃりゃ・・夏はやっぱり背が伸びるのねええ・・。

『明日もまた大きくなってるかもよお~。』だって。そうかもね・・。(冷や汗)

ところで、今朝は歯の妖精が置いて行ってくれた1ユーロとお財布に入っている小銭で買い物に。

結局、ママの物を買ってあげるという光ちゃんだったが・・。玩具一個で消えちゃった(笑)5ユーロ25セントしかなかったからね。

散々迷って発泡スチロールのロケットを飛ばせるエアガンもどきを買ったんだけどね。(ママはこういう類は買わないんだけど、初めてのお小遣いでのお買い物だから・・目をつぶってやった)

しかし、この玩具すぐに壊れてしまった。一回、交換に出かけたんだけど。変えてもらったのもすぐに壊れちゃったよ・・。

だからねえ・・もうチョット貯めて買えって言ったのに・・。ま・・これも勉強ですね。

その後は、ここのシュトラッセンフェスト。つまりここの道の親睦会だね。

光ちゃんは近所の人に名前を覚えてもらったよ。ここでのエピソードは別の日記にしよう。
ドイツは暑い・・もう茹だる暑さだああ・・・涙

今日は2時に急に雷雨になったので、
『これで少しは涼しくなるかもお??』なんて思ったが甘かったわ・・。雹が降って。雷雨が30分ほど続いて・・。

ひゃあ・・・ものすごく蒸し暑くなった。

しかし、今日は光ちゃんの幼稚園の一足早い”アップシュルスファーヤー”日本語でなんていうのかな・・?つまり今年のお終いのパーティ。

ママはミニマフィンを50個作って持って行ったよ。

まずは隣接の教会で子供達が3曲歌を歌って。今年卒園する子供達の演奏。普段はこういう行事に参加しないラファエロも最後なので参加。

その後のパーティは引越しの準備でママが忙しいので帰っちゃった。光ちゃん寂しい。

ママもあまり仲良しのお友達も居ないし、ママのマフィンは3分で無くなったし(喜)、そうそうに引き上げて来た。

こういう集まりは本当に苦手。仲の良い人たちはそれぞれ固まってしまうからね・・パパとママはポツンと離れた場所に居たし、光ちゃんもラファエロも居ないし、つまらなかったみたい。


夜になって、光ちゃんの2本目の下の歯が抜けた。

『今度は歯の妖精は何を持ってきてくれるかなあ~?玩具かなあ~?お金かな~?』光ちゃん嬉しそうに言う。

『今度お金だったらさあ~。何か買っても良い?』と言う。
『いいけど。そんなに高いものはまだ買えないよ。何を買うの?』とママが言うと。光ちゃんは
『う~んとねえ~。ママに何か買ってあげようと思うんだ~~何が欲しい~?』だって。

『ええ~?ママに買ってくれるのおお?嬉しいなああ~。でも、光ちゃんの欲しい物を買って良いのよ』と言うと。
『そう~?でも、ママに何か買ってあげたいんだ~』だって。

嬉しい事言ってくれるよねえ♪まあ・・どうせ買いに行ったら自分の物が欲しくなるんだろうけどさ。気持ちだけで充分だよね。

実はもうミニカーを用意してあるんだけど・・一緒に1ユーロも枕の下に入れてあげようね。

しかーーーし・・暑くて眠れないよ・・ふうう・・・この暑さ、まだまだ続くんだって。
ラファエロとの楽しかった幼稚園ももう半月あまり。ラファエロのお母さん曰く。本格的に引っ越すのは9月。それまでは出来るだけ遊びに来てくれるようで。

今日もラファエロがやってきた。

いやあ・・この2人・・仲が良いのか?悪いのか?ベットの上や部屋中駆け回って戦っていたかと思うと・・。

『僕はもう死んだ・・』ラファエロ死体になった・・。少しすると

『わんわん♪』と行ってラファエロ・・犬になっている・・・(苦笑)
『ほら!!犬!こっちにおいで・・』光ちゃんがラファエロを呼ぶ。パパもママも
『ちょっと!!そんな遊びはやめなさい・・』というが・・どうやらラファエロが”犬”になりたがったらしい・・・。分からん・・。

次は”焼きブタごっご”
『野菜も一緒に置いてくれよ・・』ベットで転がっているラファエロが言う。

あ・・今度はラファエロは”焼きブタ”になったのか・・

ますます、わからんんん・・・・・・

それでも、2人のケラケラという笑い声が聞こえているわけだから・・。楽しいんだろう。

やっぱりこの二人の世界は難しいな・・(苦笑)

『光ちゃんは絶対にラファエロを忘れないよ・・』光ちゃんがポロッと言った。

ママは記念に2人の2人らしい写真を撮ってマグカップを頼もうと思っているのだが・・。

トップの写真のようなものしか撮れない・・・。まあ、2人らしいと言えば2人らしいので、これでカップをオーダーしてしまおうか・・しかし、バックに転がってる無残に蹴り散らかされたままの片方の靴と片方のサンダルが気になる・・。

どうなのよ・・・?この写真って・・。
光ちゃんは”バムちゃんケロちゃんシリーズ”の本が大好き、しかし、今回の里帰りでは2冊手に入れてもう一冊は買って来なかった。

このシリーズ。本当に人気が有って可愛い。細かい所まで綺麗に書いて有って毎回、いろいろな発見がある。

そこで、今回楽天でお友達になったnaoさんが
『ドイツに行くので欲しい物が有ったら買って行きますよお~』と言って下ったので、全く遠慮無くお願いしてしまった。
バムとケロのにちようび

そして、今日そのnaoさんが光ちゃんとママに会いに来てくれた。

光ちゃん散々遊んでもらえて寝るのも惜しく。
『明日、帰っちゃうのかあ・・・』とうるさいので
『光ちゃんが幼稚園から戻ってくる頃もまだ居てくれるので早く帰ってくれば大丈夫よ』と言ってやっと寝たのが11時・・・(苦笑)

バムちゃんとケロちゃんの新しい本を大喜びで見ていました。

良かったねえ~。光ちゃん。











今日は幼稚園は休ませたんだけど。どうも・・解熱剤で熱が下がっていただけだった。
夕方に
『頭が痛いなあ・・』なんて言っていたと思ったら。
夜になってまたしても39度になっちゃったよ・・。

参ったなあ・・。

明日はここで知り合ったnaoさんが、ミュンヘンに来るついでに遊びに来てくれるのに・・涙

タイミング悪すぎ・・・。
このクソ暑いのに(失礼・・)、パパがお昼過ぎに約束だった湖に光ちゃんを連れて行った。
ホットドックやイチゴや、御菓子や、ジュースを2パック。保冷剤と一緒に持たせた。

4時間後光ちゃん戻ってきてから様子がおかしくなってきた。

『疲れた・・・チョット寝ていいかな・・・』と言う。
これまた珍しい・・。いつも元気一杯な光ちゃんがこの程度で疲れるとは・・?

と思っていたら
『部屋に行って横になってもいいかな・・』と言う。
ますます、おかしい。

試しにおでこに触ると・・

『熱い・・光ちゃん熱がある見たいよ・・測ってみよう』と熱を測ると37度8分。
考えてみれば帰って来たときにパックのジュースが1個残っていた。その上、
『ジュース飲んだ?』と聞いたんだが
『ううん。パパが飲んだ。あ・・光ちゃんも2口飲んだかなあ・・』と言っていた。
帰って来てからトイレにも行っていない。

これは放って置けばまたしても脱水症状になる。

急いで水に溶かして飲ませるアルカリ飲料を飲ませて、熱を測ると。
今度は38度3分。10分しか経っていないのに上がっているよ・・

とにかく何でもいいから水分を摂らせる。光ちゃんフラフラしている。

おでこを触ると物凄く熱い。

『おやあ?どうしたあ?』パパが呑気に聞く。

どーーしたもこーーしたも無いっての!!お前が楽しんできてどうするんだよ!
光ちゃんは楽しいと飲まず食べずでも過ごす。ディズニーランドに行った時も、食べたり飲んだりする時間を惜しんで乗り物に乗ろうとするので、食べさせたり飲ませたりするのは大変だった。

わざわざ、ジュース持たせたのはパパに飲ませるためじゃなくて、光ちゃんに飲ませるためだったのに!

『熱が出ているのよ!!』ママがイライラ答えていると、
『でも、炎天下にずっといたわけじゃないんだけどなあ。日焼けもしていないだろう?』だって。

ずっと水の中にいれば焼けないだろうよ。でも、頭は出ているんだよ!持たせた帽子もかぶせなかったようだし・・。こいつに任せたのが馬鹿だった。次回は光ちゃんに注意して出さなきゃ。

2時間、とにかくこまめに水分を摂らせたら、やっとオシッコが出た。立て続けに3回。(笑)

『ほら!おでこもうそんなに熱く無いでしょおお~?』梨の缶詰をチョット食べて光ちゃんが言う。

測ってみると38度以下になっていたよ。ふう・・。

早く気がついてよかったよ。

明日には元気になっていると良いね。

さっき、ママが1人で買い物を済ませて戻る途中に、光ちゃんの友達のカメロのパパに会った。

『カメロはいつ戻るの?』と聞くと、カメロのパパは辛そうな顔をして
『もう戻ってこないよ・・』と言う。

『え?!戻ってこないって・・イタリアに戻ってしまうの?』と聞くと
『そう・・ここでは僕はもう仕事が無い、探しても見つからない。見つかっても1時間6ユーロ。これじゃここの家賃も払っていけないんだ・・だから、今日はここを次に借りる人が見に来るよ・・』と言う。

ああ・・・恐れていた事が起こってしまったんだ・・。

光ちゃんは毎日、カメロが幼稚園に来ているか?カメロのガードローべを確認する。カメロの物が無いと確認して
『ああ・・まだカメロは来ないんだ・・・』と言う。それでも薄々
『カメロはもう帰って来ないかも・・』と言っていた。どうやら先生と他の人が話しているのを耳を澄ませて聞いていたらしい。

『息子は本当にカメロが戻って来るのを楽しみにしていたのに・・残念だわ・・』カメロのパパに話した。
『僕も残念だよ・・でも、もうどうにもなら無いんだ・・』カメロのパパも辛そうに言う。
『そうね・・分かってるわ・でも、息子には何て伝えればいいのかしら・・。あんなに待っているのに』というと。

『何も言わないで欲しいんだ・・。幼稚園の先生と話したときに、彼女は”子供達には伝えません”と言ったんだ。つまりこの事はタブーなんだ・・』と言う。
『あ・・そう・・。』

でも、いつか話さなきゃいけないんだよね・・。光ちゃんのがっかりする顔が目に浮かぶ。この子は、思ったよりも傷つきやすい。特に仲良しの友達の事だから、忘れる事は無い。

でも、今話してしまっては幼稚園で話してしまうだろう。夏休みになったら話そう。

今日はカメロのパパに住所と電話番号を聞いてきた。だから、一緒に手紙を書いて写真を送ろう。カメロのパパが言った。

『友達は友達、たとえ遠く離れても会えるよ。離れても友達で居れば大きくなればもしかしたらお互いに行き来できるよ。』と言った。

そうだね・・なんだかママが悲しくなっちゃったよ・・。

カメロ・・元気でね。
光ちゃん、今日の気分は”エリーゼのために”だったようで(爆)。
『たらららら~ん♪たらららら~ん♪って曲さあ~。聞きたいんだけど~』って言う。
『エリーゼのためにねえ・・。家には無いよ・・』ママが言うと、
『そっか・・・無いのか・・』と言う。

全く・・どこで聞いてきたのやら?と思ってネットで探していたら物凄く良いサイトを発見。

http://classic-midi.com/classictop.htm

ここなんですけど。有名なクラッシックが聴けます♪
さっそく、見つけて聞かせてあげると
『たらららら~ん♪たらららら~ん♪』とハミングしながら遊んでいる。

『お?すごいな!!』パパがビックリしている。

調子に乗って色々聞かせてやったのに。
『FCバイヤン♪ドイチェマイスター♪ヤー!ソーハイスト~♪』って・・歌いだしちゃったよ。

おいおい・・それはFCバイエルンミュンヘンの応援歌だろう・・。これまた飛行機の中で聴いて覚えただけなんだけどね・・。
いやはや・・子供ってのは良い耳を持っています。

クラッシクに興味が~!!って思うなんて・・相変わらずの親ばかです。私。爆

ところで・・最近、
『おや?また大きくなったかな?』と思ったので、光ちゃんの身長を測ってみました。

ただ今117センチ、22.3キロでした。

考えてみれば11月の誕生日から3、5センチ伸びたわけで。8ヶ月で3、5センチ!って事は?一ヶ月に4ミリは伸びているわけ!!!???(どういう計算してるんだ・・?)
体重は1.3キロ増えたんだ。身長がここまで増えているんだから当たり前だよね。

ママが158センチだから・・。う~む。すでに41センチしか変らない。この計算で行くと。10年もしないう内に抜かれるかも!!!!???

今日はセラピーがあったので、光ちゃん幼稚園を途中で帰る。これ、なかなか大変な作業で・・
夏は砂場に水を入れてくれるので、丁度遊びが楽しくなってきた頃に、ママが迎えに行く。
『行かない!』光ちゃん隠れる・・はあ・・毎回だとこっちまでうんざり。それでも、何とか連れ帰ってセラピーに・・。

ここで、今日は色画用紙に書いてある”ヒョウ”の絵に、線に沿って穴をあけて、毛糸でその線をつなぐ作業を下らしい。

『今日は、物凄く集中して上手に出来たので、家でやったことあるの?って聞いたんですけど。初めてって言うのでビックリしました』と珍しくお褒めの言葉・・。

家に戻って光ちゃんに聞くと。
『だって、ママが何か縫う時に、こうやって糸を引っ張っていたの見ていたからねえ~。知ってるんだ~。』だって。

ほっほーーー!そりゃビックリ。光ちゃん今日はなかなか器用な所を見せてくれました。

夕方になっても暑いので、パパが近くの湖に光ちゃんを連れて出かけた。

光ちゃんまだ泳げないので、浮き輪をかぶって(爆)自転車で。

1時間後・・

『楽しかった~!!あのねえ~!魚も泳いでいたんだよお~。でも・・ビールの蓋も落ちていたし・・もぐろうとしたんだけど・・チョットお水飲んじゃったよ・・汚いからペッて出したんだけどさあ・・チョット飲んじゃった・・』またしても機関銃のように話してくれた。

げげ・・あんなに汚い水飲んだの・・。って思ったけど。ま・・いっか。

パパは
『今度の日曜日はママも一緒に行こう!』と言うんですが・・
『行かない!』と断りました。
『なんで!?』パパは一気に不機嫌になりましたが・・

ママは肌が弱いので・・あなた達ドイツ人のように無茶な日焼けは出来ないんですって!この前、真っ赤になって痛かったのがやっと痛みがなくなったって言うのに。ついでに、私の膝・・日曜日位休ませてくださーーーーいい。
物心着いた頃から光ちゃんブドウが大好き。日本のデラウェアは美味しくて良いんだけど・・
ここでは生憎手に入らない。今まではマスカットみたいな大きさのブドウの種をほじくり返して食べていたんだけど・・最近のお気に入りは、種無しのブドウ。

『ママ~!!これってさあ~。王様になった感じ~♪』光ちゃんブドウを食べながらまたしても、意味不明な発言。
『へ?王様になった気分???』と聞き返すと。

『そうそう!よくさあ~。テレビで王様の口にお付きの人が入れるでしょ?ほら!こうやって』と言うので見てみると。ブドウをちぎって上を向いて口をあけて、放り込む。

あはっはっは。そうだったのね~。

よくテレビの漫画で太った王様が椅子に座って口あけて果物放り込んでもらっているでしょ?あの場面だったわけね・・。

相変わらずテレビで情報を仕入れている光ちゃんであった。
やっとパパが戻って来たので、半信半疑でサッカーの練習に行った。

『あ!みんないる!』と、偵察に行った(笑)光ちゃんが言うので行くと、子供達がもう数人来ていた。

『良かった!今日は有るんだねえ』と言って、脛当てやって靴履き替えて。いざ!

が!!!幾ら待ってもトレーナーのオッティが来ない。マネージャーのマイヤーさんがオッティの電話に電話するが・・出ない。

オッティ・・逃げたらしい・・。

このチーム、トレーナーが管理者ともめるらしくてすぐに不足しちゃう・・来期も実はトレーナーが足りないとオッティが言っていたけど・・その本人まで逃げた。

確かにねえ・・殆どお金をもらえないのでボランティアと同じだし。毎週拘束されるわけだから、若い男性は嫌かもしれないけどさ・・子供達は楽しみにしているのにねえ・・。

大人なんだもの、やめるならやめると話し合ってからが本当じゃない?それを携帯にも出ないなんてねえ・・。連絡無しでドロンかよ・・?
それでも、オッティって子供達には良いお兄ちゃんだったのになあ。消えるなんてチョット信じがたい。

巷ではフランスのジダンは何を言われたのか?で大騒ぎになっているけど。ママにはオッティが何故急に逃げたのか?こっちの方が気になる。
マネージャーは新しいトレーナーを探したと言っていたけど・・来週の練習は不明。

今日は光ちゃんの幼稚園は全員揃って農場へ出かけた。光ちゃんの農場見学今まで2回もチャンスがあったのに・・毎回、病気になってしまっていけなかった。

そんなわけで・・昨夜から光ちゃんはワクワク。ついでにワールドカップの決勝が有ったので、気になって眠れずに最後にはママの大目玉を食らってしょんぼりと寝た(笑)

お弁当はこの前の乗馬の時に誰かがホットドッグを持ってきたと羨ましそうに言っていたので、朝からパンをオーブンで温めてウィンナーを挟んでケチャプをかけた簡単なホットドッグと、アプリコット2粒(とは言えかなり大きい)、リンゴ半分と飲み物。
こんな感じでも喜んで出かけていった。

こういうとき、つくづくドイツでよかった・・と思う。日本の幼稚園だったら、毎日のお弁当つくりに頭を抱えていただろうからね・・・笑

さて・・迎えに行くと、光ちゃん物凄く嬉しそうに
『ママ~!!牛がねえ~!!』とか、
『ウサギも居たよおお』
『そうそう!牛にはねえ~。その辺の草を取って食べさせてあげてよかったんだよおお~~』
『そうするとねえ~くっくっく(笑)、牛がベロだすんだよおお~!!』
『で・・・あ!くっさかったんだあ~!ブタは居なかったんだ・・残念』『にわとりがさ~!!たっくさんいてねえ~』
『そうそう!絞りたてのミルクでカカオ飲ませてくれたんだあ~。光ちゃんあんまり美味しかったから2杯も飲んじゃったんだあ~~』とか・・言いたい事が次々と出てくるので、展開が速すぎて良く分からん・・

しかし、家に帰ってリュックを持ってきて。

『ママ~!!光ちゃんねえ~!!もうおいっしくって、ホットドッグも2個食べたし、アプリコットもリンゴもぜ~~んぶ食べちゃったんだよおお~!!!他の子がさ~!光ちゃんのホットドッグ良いなあ~!!って言っていたんだあ~~♪』と笑顔で次々と空っぽのタッパーを取り出す。

『そっか!!うわーー!!本当に全部食べたんだねえ~!!すごい!!』ホットドッグと言ってもホットドッグ用のパンじゃ無くて、小さなフランスパンだったし・・大きいので半分に切ってあげておいたので・・2個と言っても1個なんだけどね・・

『他の子も食べたいって言うからさあ・・・こ~んなにちっちゃ~く、パンだけあげたんだ』と言う・・。
『ウィンナーはあげなかったの?』と言うと
『あげないよ。だってそれあげちゃったらホットドッグじゃ無くなっちゃうからねえ~』だって・・。

多分・・他の子はパンのかけらじゃなくてウィンナー食べたかったんだと思うんですけど・・。

まあ・・なんだか物凄く楽しかったらしいので良かったね。今回は好きな先生とは手を繋げずに、年少さんのマリアちゃんと手を繋いだらしいんだが・・。

『マリアと喧嘩した。』と、光ちゃんは言う。理由を聞くと、光ちゃんが注意してあげるようにと思っていたのに、マリアちゃんが『ワタチがあんたを気をつけて見ているのよ!』と言われたそうだ・・ははは。どっちでも良いじゃないの・・と思ったが。

『光ちゃんが気をつけてあげたんだ!!』と言う・・はあ・・ついでに
『だから!女の子は嫌なんだ!!女の子で好きなのはママだけ♪』だって。そうですか・・。その内、女の子大好きになるくせにね・・・笑
今日は実は朝早くから、フィリップ叔父さんの勤めるミリタリー基地に出かけた。1年に一回のオープンドア。と言っても、招待状が無いと入れないんだけどね。

朝から天気が悪くて
『これは雨が降るかもなあ・・』なんて言っていたのに、到着後から快晴。(日焼け止めを塗らなかったママは夜に物凄い日焼けに苦しむとは・・考えても居なかった・・涙)

そこで、戦闘機や飛行機ショーなど盛りだくさんのプログラムに光ちゃん大喜び。子供のために、シュピールモビールと呼ばれる、簡易トランポリンなんかも沢山。

military2



140センチ以下の子供は“アイス無料!”のお陰でジュースを買う長い列に並ばずに済んだ。

それでも、あまりの広さと暑さに5時間で帰って来た。もう充分、光ちゃんも
『喉が渇いた~~!!!』を連発で。持っていたジュースはとっくに空になって居たのでヘトヘトになって車に戻ってママが家から持ってきた凍らせて有ったジュースを飲めて。落ち着いた。

帰りにトイザラスに寄って、プレイモビールの潜水艦も買ってもらって。

『光ちゃんは世界中で一番素敵なパパとママを持っているなあ~!!!』などと・・こういうときしか言わない言葉を言い、
『ずっとそう思っていてくれるといいけど・・・』とパパとママに言われました。
この前の試合で負けてかなり気落ちしていて、正直
『ドイツはがんばった!だから3位でも4位でも良いか・・・』と思っていたけど、光ちゃんと観戦。
パパはサッカーには全く興味が無いので、庭で自分のパソコンやっていた。

勝った!勝った!!!ドイツが勝ったよ。まるで優勝でもしたかのような大騒ぎだけど。最後の試合でオリバーカーンも出て。ゴールを守ってくれた。(1ゴールされたけど・・)

終わったあとの選手達の笑顔って最高だねえ。

今日は叔父さんのフィリップの職場のオープンドアーで、ドイツのミリタリーの飛行機ショーなんかを朝から見てきたんだけど(これはまた明日書きます)、光ちゃん疲れもせずにドイツ対ポルトガルを最後まで見届けたよ。

何となくもうワールドカップが終わった気がしちゃうんだけど(笑)、明日はフランス対イタリアの決勝戦。どっちが勝つのか?楽しみ。感じとしては・・イタリアが優勢な気がするけど。

我が家は実はオマがフランス人。ってことは・・パパも半分フランス人なわけで・・(見えないけど・・)やっぱりフランスを応援しなきゃいけないかなあ~?

明日はのんびり試合を楽しもうっと♪
光ちゃんが待って待ったパパが帰って来た。
朝から楽しみにしていたので、パパが幼稚園に迎えに行った。

『あのねえーー。パパ!!』と午後中パパを追いかけては話していた。

良かった。良かった。

ところで・・ママの新しい車はなんと・・・7月31日以降にならないと来ないらしい。

はあ~・・・まだまだ自転車の生活か・・。涙
今日は幼稚園で9月からいよいよ年長さんになる光ちゃん達を12人程、路線バスを2回も乗り継いで乗馬に連れて行ってくれた。それでも、希望者だけなので少なかったようだけど。

お弁当持っていつもよりも早く幼稚園に送っていくと。良かった。間に合った。バスの時間だけ教えてくれたけれど何時までに連れてきてくださいって言ってくれなかった。さすが!ドイツ。勿論、遅れてきた子も数人居たけど・・なんせ。。路線バスなもんで・・・置いていかれたようです。

幼稚園を出る時には『2人ずつ手を繋いで~!!』って先生が言ったら。
なんと!!!光ちゃん、隣のクラスの若くて美人の先生に
『僕は君と繋ぐ~~♪』って・・チャッカリ先生の手を握ってる・・・。

おいおい・・・。

帰って来た光ちゃん
『あのね!あのね~。馬に乗ったんだ~。最後に良い子!良い子!って言ってあげてねえ。ご褒美にニンジンを上げられたんだよおお~~』と楽しそうに話す。

と・・・急に黙って
『あ・・でも、あんまり良い日じゃなかったんだ・・』と言う。
ん?
『なんで?』と聞くと。

『だってさ・・光ちゃん先生と3回とも手を繋ごうと思ったのにさ・・最後の一回は他の子が先に繋いじゃったからさ・・あんまり好きじゃ無い子と手を繋がなきゃいけなかったんだ・・』

だと・・。どうですよ?これ????

3回の内、2回繋げば良いんじゃないの???

末恐ろしい・・。ちなみにその先生は若くて細くて長いブロンドで青い眼の綺麗な先生です。

で・・?乗馬・・どうだったのよ・・・・???
光ちゃん今日の試合も張り切って起きていましたが・・眠気に負けてここで寝ちゃいました。

ついでに・・ドイツもがんばったんだけど・・・イタリアに負けちゃった。涙

まあ・・ドイツは過去にイタリアに勝ったことが無いと言われていたので・・嫌な予感はしていたんだけど・・。最後の最後で2点連続で入れられちゃった・・。涙

光ちゃんには明日の朝に教えてあげなきゃね・・はあ・・

でも、良い試合だった。
今日は久しぶりに光ちゃんの仲良しのラファエロが遊びに来た。

ラファエロは先週かなり休んでいたので
『どうしたのかなあ?』って思っていたんだが・・。迎えに行ったらラファエロが
『今日遊びに行ってもいい?』と聞くので
『う~ん。今日はねえ・・午後からチョット医者に行かなきゃいけないんだけど・・3時に行くから4時頃なら大丈夫かも・・』とラファエロとラファエロのママに伝えたら、きっかり4時に現れた。

しかし・・・なんだか??変。ラファエロ、光ちゃんと遊ばずにテレビの前に座ったまま動かない。業を煮やした光ちゃんが
『ラファエロ?テレビ見に来たのかよ?』と言うと
『そうだよ!君とは遊びたくないんだよ』と言う。

は???わざわざ来てこのせりふは?なに??その後もいつものラファエロらしくない。挙句の果てに
『僕のやりたいことをさせないで、そんなに自分のやりたいことをさせようとするのなら、もう帰るから!』と玄関に向かって歩き出す。光ちゃんは
『あ?そうなの?もう6時?じゃあねえ~。なんだ・・今来たと思ったのに』とボケた事を言う。(苦笑)

『あの・・・今来たばかりなんだけど・・まあ・・放っておくか・・』とママは口も出さずに様子を見ることにした。

『そうじゃないよ!全く・・・お前は分かっていないなあ・・』ラファエロは怒っている事が光ちゃんに全く伝わっていないので呆れて言う。
『え?何が??』本当に光ちゃんは分かっていなかった・・・

『やっぱり帰らないよ・・本当はまだ帰らない・・』ラファエロは呟くように言った。

その後もラファエロはいつものラファエロとは明らかに違っていた。いつも言わないような汚い言葉を連発するので
『もういい加減にしなさい!』とママに叱られた。

途中からは今度は戦闘ごっこ。これまたいつものラファエロはしないのに・・。

なんだか、全く違うラファエロになっていた。彼が帰ってから光ちゃんも
『なんだか・・ラファエロ・・変だった・・』と言う。そして、こっちもまた床に座っている。

あ・・。そうだ・・。ラファエロは9月から学校に行く。しかし、その前に引越しをするんだった。それが・・7月7日。だったような・・。

この2人にはもうすぐそこに悲しいお別れが待っている。それで今日は変だったんだ。家の中はもう電話も無いとラファエロのママが言っていた。きっと荷物も先週の内にかなり運び込んだんだろうな・・。

光ちゃんが良く
『みんなで円になって座る時にね~。ラファエロは隣の椅子を空けて”光ちゃん!光ちゃん!”って呼んでくれるんだ~。だからね、光ちゃんも隣の椅子を”ラファエロ!ラファエロ!”って叩いて呼ぶんだ~』と嬉しそうに話してくれたり。

『光ちゃんね幼稚園に初めて行った時に、ラファエロが”君は何て名前?僕がラファエロ!一緒に遊ぼう”って言ってくれたのを今でも覚えているんだ~~』って嬉しそうに話してくれたのを思い出すと・・涙が出てくる。

光ちゃんが幼稚園にすんなりと馴染んだのは他でも無いラファエロのお陰だった。

プーさんのビデオの最後にクリストファーロビンがいよいよ学校に行くのでプーと別れる場面が有る。

なんだか・・これとダブってしまって・・。悲しい。
あまりにも『暇だーーー!』と、光ちゃんがうるさいので、サッカーボール持たせて外に出してやった。
気がつくと近所のマーコス遊んでいる声がする。

『むむ・・・マーコスがまた出てきたか・・』と、光ちゃんを家に入れようかと懸念していると、光ちゃんが入ってきた。

『今さー。サッカーやっているんだけど、ここ血が出ちゃったので絆創膏貼ってよ!後、喉が渇いた~~!!』と言う。
『誰とやっているの?』と聞くと。

『え~っとねえ。マーコスとニコラス』と言う。
『あ・・その男の子が一緒なら大丈夫だな。』と思い
『他の子は飲み物有るの?』と聞くと
『無いよ』と言うのでパックのジュースを3個持たせた。

1時間ぐらいしただろうか?光ちゃんが
『もう!マーコスはすぐに僕のボールとって行っちゃうから!もうやめた!』と怒って帰って来た。丁度、パパから電話が入ったので、そのままもう家の中に入らせた。

すると・・。
『ぴーんぽーん!』と玄関のブザーが鳴った。
『あれ?誰か来たのかな?』と思って玄関に出ると。マーコスとニコラスが立っていた。

『あの・・これ光ちゃんのジュース』と、ニコラスが言う。
『ありがと!』と言うと、すかさず、ニコラスは
『これ!光ちゃんが切ったんだ!』と言う。見ると手には道路に書くチョークを消せるスポンジが裂けているのを持って立っていた。

『え?』と聞き返して、光ちゃんに
『あなたが切ったの?』と聞いたら、聞くか聞かないかの内に、光ちゃんは怒って
『僕だけじゃない!マーコスもやったんじゃないか!』と言う。

すると今度はマーコスが『僕じゃないよ!光ちゃんがやったんじゃないか!絶対に僕じゃない!』と言う。

ふ~む・・その場を見ていないママとしてはここで審判を下せない。そこで、光ちゃんに状況を聞いてみることにした。

『これは、光ちゃんが使いたかったのに、マーコスは使っていなかったのに貸してと言ったのに、駄目と言って離さなかったんだ!だから引っ張ったら切れちゃったんだよ。だから、僕だけが切ったんじゃなくてマーコスだって悪かったんだ!!』と言う。マーコスは光ちゃんよりも3歳も年が上なので口も達者だ。
『僕じゃない!!光ちゃんがやったんだ!』と言い張る。
『嘘だ!』と、光ちゃん。

『とにかく、光ちゃんもやったのなら彼に謝りなさい』と謝らせたが、光ちゃんは納得行かない。それでも、切ってしまったわけだから
『ごめんなさい』とニコラスに謝った。すると、ニコラスは
『もういいよ・・』と言った。そこで隣に居たマーコスは
『良くないよ!弁償させるって言ったじゃないか!』と言うが、ニコラスは
『もういいんだ・・』と言って帰って言った。

光ちゃんは言うことは聞かないし、生意気だけど嘘だけはつかない。チョット嘘ついても必ず後からあれは・・本当はこうだったの・・と言ってくる。今回もママは光ちゃんを信じた。

と言うのも・・このマーコスには散々嘘をつかれている。
一回は庭にある玩具を壊した挙句、僕じゃ無い!と言い張った。(これは見ていたのでマーコスが嘘をついたのは知っていた)

最近では
『光ちゃんがお菓子取ってきてって言うんだけど』とか、
『光ちゃんが玩具を持ってきてって言っているんだけど』などなど・・そのたびに、後ろで光ちゃんが
『僕じゃない!マーコスが言ったんじゃないか!!!』と言ってその場を切り抜けていた。

しかし、こうして何かを壊した事を他人のせいだけにするとなると・・・。チョット考えてしまう。

実際、持ち主のニコラスはこの時には、光ちゃんのサッカーボールで遊んでいたらしく見て居なかったと言う事が後で光ちゃんから聞いて分かった。
そうなると??真実を知っているのは、光ちゃんとマーコスだけだ。

なんだか・・嫌ーーな感じ。

今は小さな嘘だけど・・時期にもっと大きな嘘になる。物を壊しただけなら、まだどうにかなるけれど、車に傷をつけるとか、窓を割るとか誰かが怪我したりしたら大変。

光ちゃんにはもうマーコスと遊ばないように。もし、誤りに来たのならニコラスの所一緒に行ってに謝らせなさい。そしてもう2度と嘘をつかないと約束させなさい。と言っておいた。

これは2人でやったことなので、本当なら2人で謝るべきなのに、なぜに?張本人でも有るマーコスは一緒に付いてきて責める?

しかし、被害者で有るニコラスは可哀相だけど。
マーコスのお母さんは今日も仕事で留守だったようだし、彼女と話すのは時間の無駄。

はてさて・・どうするべきか??スポンジが彼にとってそんなに大事な物だったのなら、やはりここは買って弁償するべきだろうか??

本当に・・・この子には随分前から迷惑を受けている。困った。
『夕飯にカレーが食べたい!』と光ちゃんが言ったので、冷蔵庫を覗いて”七面鳥”の肉でカレーを作っておなかがいっぱいになったところで・・

ゴロリ~と、トドのように転がっていたママに所に来て光ちゃんもゴロン♪

ふと何か思い出したように自分のお腹をペロン!と出して
『プファ~~♪お腹が一杯だああ~。こ~んなに大きなお腹になっちゃったよお~』と言う。
『本当だあ~!ママもお腹一杯だああ~』と言うと、光ちゃんママのTシャツをめくって。ママのお腹を触って、一言。

『ぶよ~ん♪きゃは♪ママのお腹・・揺れ動くプリンみたい~~♪』

『げ・・・揺れ動くプリンって・・・ひどいじゃないの・・』

『だってさあ~。ほらあ~(と言いながらママのお腹を触る)ぶにゅ~ん♪ね?プリンみたいにぷるんぷるんしてるでしょお~♪』と大喜び。

・・・・・・・・・・。

そりゃ・・あなた・・年とって産んだもんでねえ・・皮が伸びた分が戻らないわけで・・。ついでに、確かに太っていますよ・・。

でも・・大事なママに向かって・・

”揺れ動くプリン”って・・。なんとも親切な発言です事・・。
いやあーー。興奮しましたねええ~!!
光ちゃんもママも最後のPK合戦!抱き合って見守りました~!!!

勝った!!勝った!!!キーパー!良くぞ押さえてくれました!!

しかし・・アルゼンチンの肘鉄攻撃にも負けずにドイツがんばったねえ!
試合はフェアプレーで行きましょうよお。小さな子供達はあなた達に憧れているんだからさ。
勝負にお金かけている大人だけが見ている訳ではありませんから・・。

って思ったのは、私だけかな?

外ではクラクションやら大合唱やらでうるさいわ。勝ったのは嬉しいけどね。程ほどにお願いしま~す。