2007.10.31 秋休み2日目

今日は学童のプログラムは映画鑑賞。この映画この前ママと見ちゃったから今日は学童はお休みにして。

11月24日にする光ちゃんの誕生日会の会場になる屋内遊技場に申し込みに出かけた。

招待状を渡したのは子供が14人。サッカーのチーム全員と、お隣のデニス君と、クラスメートのアレックスと多分セバスチャンくん。そして、忘れてはいけないラファエロ。これで総勢14人。ぜーーんぶ男の子もう、家では出来ません。入場料から簡単な食事ドリンクそして誕生日ケーキ、他には来てくれたお友達へのお返しも考えなければいけません。

かなりお金が掛かるため、これがパパとママからのプレゼント。他に欲しいものはパパの兄弟とオマからと言う事でレゴを買ってもらう予定。

無事に予約も取れて。後はみんなからの返事を待つだけ。大半はすでにママに予定を聞いて招待しているのでOKのはず。後は不意の出来事が無い限りは少なくとも10人は集まる予定。

そして・・・昨日郵便で招待状を送っておいたラファエロから

『おおーーいい。招待状ありがとう~~もちろん行くから~~~』とのラブコール。なんと!!30分も電話でくだらない話をしていた二人。

後からパパに

『他のゲストも来る事を忘れるなよ!』と釘を刺されていましたが・・・きっとみんなそれぞれ勝手に遊ぶでしょうから。そんな心配は無いと思うわ。それに、一人で来られそうも無いお隣のデニスくんにはキチンとママの同伴をお願いしましたし。

本当の誕生日は18日だけど。この日は一日サッカーの体育館でのトーナメントだからね。

楽しみだね。

2007.10.30 秋休み

光ちゃん初めての秋休み。
『風邪で本調子じゃないしなあ・・今日は学童はお休みにしようか?』と、聞くと。

『う~~ん・・まだ眠いし・・・』と言っていた光ちゃん、少しすると

『やっぱり行く~~』と起きた。

今日は”秋休みプログラム”で、パン工場に行ってBrezelを焼きに行く日。

そんなわけで・・・張り切って学童に~~

他に予約があったので、午後の早い時間に迎えに行くと。Brezelを

『これはママにお土産だよ~~』だって。

パン工場直送のパン。美味しかったわ~~

やはり昨日学校を休んだのにサッカーもねえ・・・とにかく、普通にしていても咳が酷いんだから

しかし、今回の試合は最終戦。ずっと一緒に戦ってきたのに、最終戦を見ないなんてのは悲しすぎるし。第一、今日は試合後はみんな一緒にフレンチフライとレモネードを食べる日。だからね。行かなきゃ。

試合には出られない旨の電話を入れておいて、試合が始まる時間にグラウンドに行きました。

今回もチームは快勝。今シーズンは全勝しました。

ここでチームメイト全部(9人)に光ちゃんの誕生日会の招待状を渡しておきました。(全部・・来るなよ・・来る事無いからね・・・と念仏のように心の中で繰り返しつつ・・・)

さあ・・これからは冬。しばらくはグラウンドでの練習も試合も無くなり。体育館での練習になります。

良かった。良かった。

結局、昨夜光ちゃんはかなり具合が悪くなって。(汚い話になるので・・・・食事中の方はここで止めてください)

このくらいでいいかな・・・・?



熱に続いて下痢に嘔吐まで。

今日は秋休み前の最後の日だったけど。学校はお休みさせました。

散々吐いて、朝には大分元気になっていたんだけど。少し食べたら・・・またしてもトイレに到着する前に・・

『ママ~~~。たいへん~~~。ウ○コ出ちゃった・・・ごめんなさあいい・・・

なーーーんと!!!トイレのほんの数十センチ前に・下痢・・・・・

が~~ん・・・

でもね・・・病気だから仕方が無いよねえ・・・

明日のサッカー・・・無理かな・・・

今日は特別テレビ見ながらでゴロゴロだわねえ・・・。

 

2007.10.26 光ちゃんの咳

昨日の夜。あまりにも光ちゃんの咳がうるさいのでさっさと隣の部屋で寝たんだけど。

夜中にかなりの咳をしていた。朝になって

『はて・・・学校にいかせようか?どうしようか?』迷っていたんだけど。

『学校に行かなきゃサッカーに行けないから行く~』と言うので学校には行かせた。こんな咳で学校に送り込まれて・・先生もさぞかし迷惑だったでしょう・・しかしね、熱も無かったし。

それでも、学童には行かせないで11時20分に学校終了後つれて帰って来て、午後から小児科へ。

いやあ・・・2時間待ちました・・・診察室にこのまま呼ばれないんじゃないかしら?と錯覚するほど。

でも、小さな待合室だし・・・忘れていなかったわね~~。良かった。

入った途端に

『物凄く酷い咳ねえ・・』と先生、他の子を見ている間にもかなり辛そうな咳が聞こえてきたのよ~。と。(それなら早めに見てよ・・・)

家では無かった熱が・・

あらあら・・38度越えていたわ。土曜日にあるサッカーの試合には絶対に出たいんだけど。と言うと・・先生、一瞬、眉をしかめたけど・・・どうかな?咳が収まると良いんだけどねえ・・・

喉が真っ赤だし、胸の音もちょっとねえ・・・と。言う事で抗生物質が出ました。明日までには回復しろよ~~~。

明日学校に行けば1週間の秋休みだよ

帰りには遠回りしてサッカーのグラウンドに寄って、

『今日は熱があって咳が酷いので休みますが・・土曜日の試合には絶対に来たいと言うので、それだけ言いに来ました』とトレーナーに話したら、安心したのか?

『ママ・・もう家で横になりたいんだけど・・・』と、 光ちゃん具合が悪くなっちゃった。

薬も飲んだし・・・おいおい。そこでテレビ見ていないでもう寝たら?光ちゃん。

2007.10.24 Brotzeit

ドイツでは学校にお弁当と言うより、もう少し軽食を持っていくんですが。

この存在がいまいち分からない。だって・・10時頃に食べるわけですよ。この国の子供はいったい一日に何食食べるんだろうか?まあ・・学校が早く(8時)から始まるので、このくらいに、小腹が空くのかもしれないんだけど。食べなくたって良いんじゃないか?と思うのは私だけかしらねえ?

だって、朝食は一応キチンと(?)食べて出かけて、学校が早ければ11時20分。遅くても12時15分に終わってしまうんだから・・・こんな中途半端な時間に食べる事無いんじゃない?

光ちゃんの場合、この後に学童に行って暖かい食事の昼食を食べるし。家に戻ってきてオヤツ食べて・・・6時半には夕飯。

おいおい・・・食いすぎ

しかし、そうそう。話題がそれたわ。このBROTZEIT辞書を引くと・・・”おやつ””おやつの時間”と有るんだが。お菓子は駄目よ。始めは何を持って行かせれば良いのかしら?と悩んだ。だって、軽食で良いのか?と思ったんだけど。実はサンドウィッチなんかを持ってきている。

こうなってくると・・・ますます”おやつ”ではない・・・

そんなわけで、光ちゃんのBROTZEITもかなりバリエーションが豊富になる。初めは小さなサンドウィッチだったんだが・・次第に

『ホットドッグがいい』だの『明日はハンバーガーにして』だのとリクエストが出てくる。

これってさ・・・やっぱり”おやつ”じゃないだろう・・・?

今日はちなみに、ブレッツェルにバターをはさんだ物と、リンゴとブドウとプチトマト。かなり手抜きです。

でも・・・たまにドリンクヨーグルトを3本持ってくる子。だとか・・キュウリの細切りとか。光ちゃんも好きですが赤いパプリカやにんじんスティックだとか・・色々。

あれ??こうして書いてみると・・やはりそれが正当なのでは??と思うわね。ホットドッグやハンバーガー・・・おかしいんじゃな~~い

でも、子供達は何が入っているのか?きっと楽しみにしているよね。少なくとも光ちゃんは

『今日、何が入っているか言わないでねえ~~』と良く言いますから。きっと楽しみなんだろうな~~。

さて、じゃあ明日は何にしようかな?買い物に行かなきゃね。

確かにちょっと忙しかったんだけどね。

12時15分に学校が終わって迎えに行って、日曜日の夜に

『うわー!もう駄目!我慢できない!!髪の毛長すぎ~~』って、耳に掛かった髪の毛が鬱陶しいって光ちゃんが言うので美容院へ。

実は、これは光ちゃんには拷問に近いわけ。こっちの美容院って、首のところもそんなにプロテクトしないうちにバサバサと切っちゃうので、痒いのが駄目な光ちゃん、始まって1分後には不快な顔をして落ち着きが無くなる。

ついでに、肌が敏感なのか?電動バリカンがあたった場所は見る見る赤くなってブツブツ出てくる!

それでも、この拷問を終えて・・髪の毛もすっきり。美容師さんもお疲れ様。何度

『動かないで座っていなさい』と言っていたか・・・すみません・・座っていられなくて。

この後、着替えに戻る途中、電気屋に寄って土曜日に切れちゃった光ちゃんの部屋のナイトライトの電球を買う。

そこで一回家に戻って小さなパンを4個とヨーグルトを流し込み、今度は作業セラピーへ45分。

終了後・・・あまりの落ち着きの無さに・・また叱られた・・・理由は・・光ちゃんが鼻を鳴らし、始めは面白かったけど、ずっとやっていたために止めなさいと叱ったが止めなかったと・・・そう・・これねえ・・なんだか、口笛みたいなのが鼻からするのよね。風邪で鼻が詰まったりしているので、それが原因かと・・・??でも、確かにうるさい。すみません。

その後、新しい処方箋が居るので、小児科へ、この時点で2時半過ぎ。処方箋だけでなくちょっと調べる事もあったので、少し待って先生と話す。

家へ戻って3時過ぎ・・

ここから宿題をする。しかし、集中すればすぐ終わるのに、相変わらず色々気になるので一度、おやつをあげて、再度宿題。

しかし、またここで耳鼻科の予約が有るので、医者に。

この前の外耳炎の経過を見てもらった。経過は良好。もう炎症も起こしていない。という。先生が

『もういいですよ~~』といったんだが・・気になったので

『先生、この子の鼻が・・どうも変な音を一日中出すんですが・・・』と言ってみた。ついでに、光ちゃんにその音を出させてみた。

先生、ちょっとあきれて。その音を聞いていたが、今度は鼻の中を見てくれた。

『う~~ん・・何だろうねえ・・・鼻の中が乾燥しているようなので、鼻の点鼻オイルを出すので一寸使って見てください。それでも治らなければ、また診ましょう』と。ずっとなっている光ちゃんの鼻の音で・・大笑いしながら。

『それでも駄目ならサーカスにでも話そう~~世界中でスターになれるぞ』って・・・笑い事じゃないんですけど・・せんせい・・・

と・・これで戻ってきたのがすでに5時半。

ここから光ちゃん、宿題を再開しだしたんだけど。

3を書けば鏡文字・・足し算すればなんだかいい加減。挙句の果てにはママに答えを聞く。

それじゃ駄目と言ったら。半泣き。こっちの子供の使う大きなそろばんみたいなのを貸してあげたら全部それでやっちゃうので。

『ちょっと!先生はそういうの使っていいって言ったの?』と聞くと

『だって先生はみんなに答えを教えてくれるんだから!いいの!』と訳の分からないことを言う。

頭の良いヤニックが2年生に飛び級のため行ってしまったので、足し算がパッパカ出来るのは、光ちゃんと小児科の先生の娘さんの2人しか居ないという。

ってさ・・・足し算・・出来るのならやれよ!まあ・・この時点で光ちゃんすっかり疲れていたわけねえ。やっと3個の宿題を終えたなあ。と思ったら・・・

『ふぇ~~~んふえ~~~ん』と、光ちゃんの泣き声。

あれ?何で泣くわけ???と思って聞いてみたら。

『ああ~~んこれも有ったんだ~~これ有るの忘れていた~~』と、言ってプリント1枚持って泣いている。

何かと思ったら・・・それは・・・

お絵かきだった・・・・

木に小さな葉っぱが物凄い量書いてあって、それを一枚ずつ塗るんだって・・・紅葉のように・・色々な色で・・

これには光ちゃんも参ったようで・・・

泣き止まない。

しかし、泣いていても終わらないわけだから。

『泣いていないでさっさとやっちゃいなさい』としかいえないよね

『え~~んええ~~~ん何で学校なんて行かなきゃいけないんだよおお~~』と、号泣しながらやっと適当に(!)に塗り終えました。

本当ならもっと丁寧に・・と言いたいところなんだけど。もう光ちゃんには限界だと思うので、そのまま持って行くように言いました。

もっとねえ・・・集中すればすぐに終わるんだけどねえ・・・困ったね。でも、全部やり終えて偉かったよ!

実は、昨日の出来事を全部書いて送信したら・・メンテナンスの時間にまんまと引っかかって・・全部消えちゃったわ・・でも、気を取り直してもう一度。

ここの所、光ちゃん、週末になるとうれしそうに自転車やインラインスケートで飛び出していくので、てっきり近所に仲良しの子が出来たんだな。って温かい目で見送ってあげていた。

今日もそんな感じで、通りの向こうで子供達の声がしたら。

『ねえ~~。遊びに行っても良い?』と、頼んでおいた落ち葉集めも大分終わっていたので、

『いいよ。気をつけてね。でも、誰も居なくなる前に戻って来なさいね』と言って送り出した。ところが・・・30分もしないうちに、光ちゃん戻ってきて

『ママ。御褒美で貯めている☆を1ユーロに変えてくれない?』と言ってきた。

これは光ちゃんが欲しがっている100ユーロもするレゴを買うために、宿題やお手伝いやサッカーや柔道・・もろもろでがんばった報酬として、☆をあげているんだけど。これをお金に換えて欲しいといってきた。そんなことは初めてだし、みんなでアイスでも買いに行くのかな?と思って気軽に

『いいけど。何に使うの?』と聞いたら。光ちゃん

『あのね。1ユーロ持ってきたら一緒に遊んでやるって言うの・・だから』と言う。

『はあ?』ちょっと雲行きが怪しい。これは詳しく聞かなきゃいけないので

『ちょっと、待ちなさい。誰がそんなことを言うの?それは良い事じゃないわね・・1ユーロ持って来いって行ったのは誰?』と、聞くと、光ちゃん、この時点でママの表情から”これは・・ただ事ではないことを言ってしまったようだなあ・・・”と、分かったようで慎重になってきた。

『え・・っと・・・それはあ・・いえない。』と言う。

『言えないって?なんで?これはあまり良い事とは言えないから、ママはその子と話をしなきゃいけないんだけど?どの個?この前連れてきたロシア人の子?それとも、同じ学校の隣のクラスの子?』と聞く。

『言えない・・だって、ママ・・言ったら怒るでしょ?』と逃げ腰。

『ママは光ちゃんに怒っているんじゃないのよ。ママはそれを言った子と話をする為に聞いているんだけど?』と言っても、光ちゃんは

『もう一回聞いてくるから。』と言う。何を聞いてくるんだよ?

『じゃあ、ママが話があるからって言って。その子連れてきなさい。』と自転車で走っていく光ちゃんの背中に怒鳴った。

でも・・このままじゃいけないので、急いでジャケットを持ってきて光ちゃんのあとを追った。

通りの向こうには5~6人の子供達が光ちゃんが戻ってくるのを待っていた。そこに行った光ちゃんが近寄っていったのはどうやら一寸大きな子、それにくっ付いているのはやっぱり同じ学校の隣のクラスの子。

主犯格の子はこちらから見えない車の陰に隠れているので、表情も何を話しているのかも見えない。何か話して子供達が

『僕も!私も!!』と言っているのを背に光ちゃんが

『OK聞いてみる』と言って戻ってきた。何がOKなんだ??

戻ってきた光ちゃんが

『ママ~。お金じゃなくても飲み物かお菓子でも良いって言うんだけど

『駄目!だめなものはだめお金もお菓子も飲み物も!!そういうものを持ってこなければ遊ばないなんていう相手は友達じゃないのよ。戻って来なさい!

それでも、光ちゃん

『じゃあ駄目って言ってみる』と、また戻っていった。

『だったら、どの子が言うのか連れてきなさい!それか?ママがその子のお母さんと話をするから。家に案内しなさい!』と言ったら、その男の子達は逃げた・・ここで近所の人が出てきた。

『ん?何かあったの?』と・・

はて?この人は誰だっけ??と思ったけれど・・近所の人だし。こういう事はこれで最後でもないだろうから・・近所の人にも気をつけていてもらわなきゃいけないのでこの話をした。

彼女は

『Oh!God!』と眉をしかめて。『こんなに小さな子達がそんなことを言い出すの・・?あああ・・・光ちゃん、もうあなたはあちらに行っては駄目よ!他に沢山良い子は居るんだから。絶対にもう駄目よ』と言っていた。ここに旦那さんまで登場して。

『全く・・・』とあいた口がふさがらない表情で

『あっちにはもう行かない方が良い』と言っていた。

ここでみんながなぜ”あっち”に行ってはいけない。と言うのか説明すると・・

この通りにはいわゆる労働者として移民で入ってきた外国人が多く住んでいる通りで、麻薬の取引をしていると密告で良く警察が来たり泥棒が入ったり、数年前にはゴミ箱に放火されたり・・とにかく、たった数メートルの反対側なんだが・・ここは評判が悪い

光ちゃんにはこのあとにキチンと、お金や物を一回でも持っていけばまた次回も言われるし、それは終わりが無くなるという事を教えた。

そして、これは大人がすれば警察に捕まるほど悪い事だと言うこと。渡してしまえば彼らはもう犯罪者になるんだよ。と。

この場に何人も子供が居たのに、誰も止めなかった事。これはちょっと考えないとね。またこんな事が有ったら、学校で先生に話してもらわなければいけないね。親が子供に良い事と悪い事をキチンと話してくれないのなら、学校で先生に授業ででも話してもらわなきゃ・・・

とはいえ・・光ちゃんの担任じゃねえ・・・隣のクラスにはサッカーの友達Timくんが居るので、Timくんのお母さんに話してもらおうかな。

それにしても・・・光ちゃん・・なんで?こうもトラブルを持ち込むのかしら・・

光ちゃんにとってはきっと彼らは無法状態で魅力なんだろうね。でも、これは一寸困るので、しばらくは友達関係も監視しないと駄目そうね。でも、無断でお金を持ち出したりしなくて良かった。

光ちゃん、耳は痛くないんだけど。耳の中に入っているガーゼと絆創膏のせいで左耳が聞こえずらい。こんなんで先生に、『聞いていない!』と叱られてもかわいそうなので、今朝は、一緒に学校に行って先生に一言だけ言ってこようと付いていった。

教室のドアを開けて

『おはようございま~~す』と挨拶した光ちゃんを見もせずに先生なにやらプリントを数えて居ながら

『おはよう』と言う。

あら・・そうなんだ・・・と、思ったんだけど。まあ・・数を数えているのに話しかけても悪いかな・・と思って待っていたんだけど、全然気が付きそうも無いので

『○○先生、おはようございます』と言ってみたら・・興味無さそうに、チョットだけ見て

『あ・・・おはようございます・・』と・・この時点でさあ・・・親が何か用があると思わないかねえ?普通はさ・・・こっちもちょっとムカッと来たので

『あ・・すみません(先生待ってもこちらに来ないので、ここでずかずかと入っていった・・)昨日、この子、耳が痛いと言っていたので耳鼻科に行ってきたんですが、外耳炎で・・』ここまで言うと先生は

『あ!じゃあ体育は今日出来ないんですね?』と言う。

『いえ・・そうじゃなくて体育は痛みが無ければやって良いと・・』とここまで言うと先生は光ちゃんに

『ほら!あなたのママが痛くないって言ってるから体育はするのよ』と言う・・

 はあ??私が言っているわけじゃなくて・・光ちゃんが痛くないといってるのよ・・

ここでかなりイライラし始めた(なんで?この先生人の話を聞かないかなあ・・・)私。

『そのことではなくて。左耳には綿が入っていますので聞き取れないと思います!』と言ったんだが・・その瞬間。先生何を思ったか

『そう。光ちゃん(ここはドイツ名で・・)あなた!また黄色いワークブックが無いんだけど?先生探したけど。あなたのだけ無いのよ!はあ~~どこにやったの?』と言う。

また?また?って言った?またじゃないでしょうが・・以前の3回ともこうちゃんは被害者なんですけど?と、思ったんだけど。先生に言われた光ちゃんすっかりあわてて、ランドセルもその辺に放置したまま、

『ああ~~。分かった~~~』と、自分の席に駆け寄って一気に椅子を引いたら・・

どさどさどさ・・机の中身が落ちてきた・・・そんなことは気にしないで光ちゃん、ドサドサ落ちた本をバサバサ広げて・・

『あれええ??無いな・・・ママ~~?僕のランドセルの中見てくれない?』と言う。ここでママは

『それは自分でやりなさい。その前にまず自分のランドセルを持っていきなさい。』とだけ言ってさっさと帰ってきたんだけど・・・

光ちゃんが戻るまで、ワークブック見つかったかなあ・・・・と心配していた。

学校も学童も終了後・・・

迎えに行った時、光ちゃんに

『ワークブックは有った?』と聞くと。

『有ったよ~~』と言う。

『どこにあったの?』と聞いたら・・なんと!!

『先生の机の脇の棚の中だったんだよ!』と言う。

はあ???先生の机の脇の棚?じゃあ・・光ちゃんが持っていたんじゃなくて先生が持っていたって事だよね??

『先生は何だって?』と聞いたら。

『何でこんなところにあるのかしら?おかしいわね?だってさ。光ちゃんさ、これが無かったらまた勉強出来なくなっちゃうから一生懸命探したんだ。前の日に先生に渡したから、他の子が取り替えて持っているはず無いから・・先生のところしかないな!って思ったんだ~~。良かったよ。今日は沢山使ったからねえ』と・・光ちゃん。

先生・・・光ちゃんが無くした。と先入観持っていますね???

なんだか・・気分悪いわ・・・

夜中に光ちゃん耳が痛くなって・・・でも、今回は泣き叫ぶほどでも無くて。

『う~~む・・いつも違うので・・仮病か?』と一瞬疑ったんだけど。それでも、玉ねぎシップやって、鎮痛剤飲んで寝て朝には痛みはなくなっていたんだけど。光ちゃんが

『やっぱりあとで耳鼻科に行った方が良いと思うんだ・・・だって耳の中にまた泡があるからさ・・・』と言う・・

学校のあと、学童は休ませて耳鼻科に連れて行くと・・

外耳炎と・・あともう一個なんだか・・二つの病気を一気に患っていた・・・

今回は細いガーゼに抗生物質をしみこませて耳の中に入れて絆創膏を貼ってもらった。

ここの先生、処置するときにいろいろ説明してやってくれる(子供の恐怖を取り除くために)んだけど。

『ああ~~。それ知ってます』とか・・

『この前やったから知ってる・・』とか言うもんで・・・先生もさすがに

『君は耳鼻科のプロフェッショナルだなあ~~』と・・・

こんなもんプロフェッショナルになってもらわなくても良いんですけど・・・

ガーゼ耳に入れるときは

『いたそう・・・』って思ったし、先生も『一寸痛いかもしれないけど、入れないともっと痛くなるからねえ』と言って入れたんだけど、一回だけ中に押し込むために使った金属が耳の中に当たって

『痛い!』って言ったけど・・・それいがいは・・ぜーーんぜん。受付のおばちゃんも、見もの絆創膏を見て

『あら!絆創膏貼られちゃったのねえ~~?痛かったでしょ?』と言ったけど。光ちゃん

『ぜ~~んぜん・・』と言うもんで・・おばちゃんも

『うわあ~~。タフねえ』と・・・

光ちゃんすっかり気をよくして帰って来ました。まあ・・・先生にしっかり

『サッカーは行ってもいい?』って聞いていましたけどね。先生は

『痛くなければ良いよ』といってくれたので、大喜びでした。

しかし・・また耳のシーズンなのね・・・

今日は何と・・宿題が上手に出来ないので柔道を休み・・・
別室にて泣き叫んでおります・・・

あのさあ~~・・・数字の9を書くのってそんなに難しい?!

そういえば・・・この前はアルファベットの小文字のaだったのよね・・・泣き叫んだの。

似てるよね・・・この二つ。ってことは・・次はアルファベットのgの小文字だね。

学童でやってきたんだけど。ちょっといい加減だったので、やり直しをさせたところから・・繰り返しの魔の手に引っかかったようです・・・

なんて説明すればいいのか?分からないけど。まずは丸い部分が異常に小さくなり・・そのあとに書く右側の棒の部分が極端な斜め線になってしまうので。なんとも不恰好な9になっちゃうわけ。

下の棒は緩やかな曲線でいいのに・・Jのようになっちゃって・・・

もう先生がなんて言うか?分からないからやれるだけやってそのまま持っていきなさい。といったら・・これまた駄目らしく・・・

上手にかけないーーーーー とヒステリーを起こしております。

もう・・甘いものは禁止です・・・この手の子供には砂糖が駄目なんだそうで・・・家にある全てのお菓子をたった今捨てました・・・

もったいないけど・・・仕方が無いね。こんなに毎日ヒステリーを起こして泣き叫ぶんじゃ・・一度やはりグラニュー糖絶ちをしなきゃだめね。

 

 

 

実は、今日はF3(いちばんちびっ子チーム)の試合の人数あわせのために、光ちゃん助っ人()に行って来ました。

まあ・・助っ人ってのは本当はチームを助けるためにいくんだけど・・・光ちゃんの場合は他に行ける人が居なかった・・・ただそれだけです・・・

ちびっ子が疲れちゃうので、光ちゃんと助っ人マクシミリアンはフル出場。マクシミリアンはゴールキーパーとして、がんばりましたが・・見方の後押しが無く・・結果は惨敗。

あ・・そうそう・・・本当は後押ししなきゃいけないのは・・・光ちゃんなんですけどね。

無理です。ついでに、自軍ゴール前で来たボールを蹴り返す気迫だけは有ったんですが・・・2回も空振りしちゃいまして・・・2点も入れられちゃいました。ごめんなさい。

途中、それでもゴール前で来たボールを蹴り返したんですが・・・なんと!!!目の前に相手チームの子が立ちはだかっておりまして・・・

このときは物凄いタイミングが有って思い切り蹴り返したら。

『ぼっかーーーん!』すごい勢いで相手の子のおなかに命中してしまい・・・

『うわーーーーーん』この子あまりに痛さに泣き出してしまいました。

ここで・・ビビッタのは光ちゃん・・・見る見るうちにオロオロしだしちゃいました。

本当なら

『サッカーなんだからこういうことも有るんだから!気にしない!気にしない!』って言ってあげたかったんですが・・・なんせ・・まとなりに、号泣している男の子が

『あいつが僕にやったーーー痛いい~~~』と叫んでおり・・この子のママも居るものですから・・いえません。

もう・・光ちゃん、どうしよう・・どうしよう・・・と、あわてているのが手に取るように分かるわけで・・・可哀想に。

それ以降はもうボールから付かず離れず・・・でした。

まあ・・・これで二度と助っ人は頼まれないでしょうから・・。いいんですけど。終わった後に、光ちゃんにはちゃんと教えてあげました。

『サッカーなんだからこういう怪我をする事もあるわけで・・最悪、足を折ったりする場合もあるんだから・・・大丈夫?と声をかけるだけで充分なんだよ。その後は気にする事は無いから』といっておいたんだけど。

結構、小心者です

途中で光ちゃんのチームのコーチが試合を見に寄ったんだけど。コーチ一言

『あいつは、ボールに集中しないでギャラリーが気になりすぎ。』と言っておりました。そう・・光ちゃん、試合中にママが気になって仕方が無いわけです。後で聞くと

『ママが楽しいかなあ~~?』とか

『後で叱られないかなあ・・・』とか気になって仕方が無いんだそうです。かと言って試合に来てくれないのは寂しいそうで・・・隠れてみていても探すし・・

困りますねえ・・・。

今日もお休みだと言うのにせっせとサッカーの試合。

我がチームただいま9名しかいない。この9名と言うのは交代要員2名入れてギリギリの人数なんだけど・・今日は2人休みだったつまり全員が交代無しでフル出場するわけね。こういうとき・・ボールを遠巻きにして走っている光ちゃんの存在。他の誰かが来れば良かったのに!と親ながら思います・・

しかし。今日の相手チーム。前回のシーズンで11対0で勝った相手。今回も余裕をかましていたんですが・・・

どうも・・・我がチームのファウルを取られる割合が多い。しかも・・すぐにフリーキックになる位置が多いのは・・・?おかしくないかい??と、素人の私が思っていたくらいだから。サッカー好きのドイツ人バスチャンのパパ黙っていませんでした。

おい!今のはこっちのボールだぞ誰がファウルをやったって言うんだよ?!』とね・・・怒鳴っちゃったわけですよ・・。そうしたら。なんと!!!審判。逆切れ。

はあ?なんだと?俺は審判だよ!そんな事言うのなら俺は帰るからお前がしろ!』と・・・

子供達は唖然。呆然。われわれのチームのコーチがあわてて。バスティのパパに

『黙れ!審判は絶対なんだ!』と言う。するとまだ逆切れ続行中の審判

『俺は帰る!』と言う。

子供達騒然・・・・大体さ・・・審判が相手チームのコーチって所に無理があるんじゃないか?とはいえ、こんなちびっ子の試合のためにわざわざ資格を持っている審判は出てきてくれたりしないので、毎回、どっちかの関係者がするのが当たり前になっている。

あわてて、回りも『ちょっと分かったから・・でも、ここは試合を続けないと・・』と、今にも審判の笛を投げ捨てて帰りそうな審判をみながらバスティのパパを説得。バスティのパパも子供達の顔を見たのか?

『あ~。悪かったよ。もう何も言わないから』と言うと審判は

『絶対だぞ!もう、あっちに言って黙ってろ!』と言う。

結局試合は続行されて、我がチームの5対0で勝利。と思ったんだが・・記録を見ると4対0だって・・・

まあ・・勝ちは勝ちだから良いんだけどね。こういう審判は困るねえ

あと・・・こういうパパもねえ・・

ちびっ子の試合なんだから・・もう少し柔軟な態度で見ようよ。子供達が怖がるよ。

そうそう・・・困る事がもう一つあったんだ・・ 

試合終了少し前・・相手が蹴ったボールを上手く阻止して蹴ったヤニックに光ちゃんが

『何でここにしか蹴られないんだよ!』と・・生意気にもスタープレイヤーになりつつあるヤニックに言ったんだそうで・・ここでヤニックが怒って光ちゃんをどついた。そして・・泣いた・・・

言った光ちゃんはそんなに深い意味が無かったのに言ってしまった。そんな様子だったので、なぜ?どつかれたのか?となぜ?ヤニックが泣いたのか?も分からないようで。あまりに大声で泣き出したので、審判が来て

『どうしたんだ?』と聞いて

『こいつが僕に意地悪を言った~~~』と泣いた・・審判はそれほど大事でもないので

『大丈夫だから』とだけ言って試合を続行させたんだけど。こっちには内容がいまいち分からず。ヤニックのママが

『何が起こったの?』と大騒ぎして・・(いやあ・・すみません・・家の無能な口先だけの小僧がお宅の繊細なお子さんを罵倒したようで・・・・)とは言いませんでしたけど。周りの雰囲気がこんな感じで・・・針のむしろ。

すぐに試合は終わったんだけど。こういうとき・・泣いたもの勝ちって感じが有って。確かに、侮辱した光ちゃんがまずは絶対に悪い。しかし、この場でヤニックは暴力で仕返ししたわけだから・・ここでお相子になるわけじゃないのか??

後味も悪いので、光ちゃんに

『まずはあなたが一生懸命がんばっているヤニックにあんな事を言ったのはやはりいけないから。謝ってきなさい』と言うと、光ちゃんもヤニックを探して謝りに行ったんだが・・

ヤニックは横を向いて握手を求めた光ちゃんに手も出さない。ヤニックのお母さんも謝りに来た光ちゃんに免じて仲直りしなさい。と言うが駄目。

『ちょっと時間が要ると思うから・・』といわれて戻ってきた光ちゃん、着替えてから再度許しをこいたがこのときも駄目、仕方が無いね。もう謝ったんだもの。

『もう、いいよ。謝ったんだから』と、ママは光ちゃんを促して帰ってきたんだけど。なんとも後味の悪い試合だったわ。

自分は出来もしない奴に言われたくない!がきっと。ヤニックの言い分なんだろうな。

本当に・・・参ったわ。光ちゃんの口はいつも災いの元だわ

事の始まりは・・・こんな事からだった。

火曜日

息子の宿題帳に先生からのメッセージが延々とつづられていた。

"○○くんは、宿題がしっかり把握できていないようです。と言うのも、今日は文字の練習帳を持って来なかったので来ませんでした。宿題は5ページです"とあった・・

え?持って行かなかったって?

光ちゃんに確認したら。
『あのね~。かばんにも机の中にも無かったし、先生も一緒に探したんだけど。やっぱり無かったの。無きゃいけない場所に無いから先生がこれを書いたの。 』

と言う。

え?そんなはず無いんだけど。だって、私が毎朝、光ちゃんのかばんの中身を確認するんだけど。今朝はちゃんと入っていたんだけど?

とにかく、どこを探しても無いし、大体先生のこのコメントも感じ悪いじゃない!


頭にきたので"私たちのところにもありませんし、今朝は確実にカバンの中に入っているのを見ました。申し訳ありませんがもう一度教室を探してください"と、つたないドイツ語だが・・・書いてやった。

ったく!!!この前は、ハサミやのり、鉛筆削りの入った筆箱が教室ですりかえられていたと言う。このときはたまたま、他の子のハサミが息子の所に置いてあって。その子に返したときに、"ふざけて"隠した友達が息子の筆箱を持っていた。そうなんだけど。

今回は、宿題の練習帳か・・・ため息・・・

先生、息子を叱る前に他の子にも聞いたらしいんだけど。"2冊持っている人~~"って・・
いたずらや意地悪で隠したのなら言うわけないじゃない・・・

そんなわけで・・・宿題帳に先生へのメッセージを書いたけれど、この筆箱の一件もあるので。明日、学校に一緒に行って先生に直接言おう。と心に決めた。

本当はかなり凹んだんだけど・・・私が凹んでいられないよね。魔女みたいな顔の先生で怖いんだけど。私が弁護してあげなきゃ。だって、前日も息子はがんばって宿題やったんだから!!!

こうして、火曜日は終わった

水曜日の朝・・

息子を送って行って教室まで行かなきゃなあ・・って。ぼーーっと。車から降ろしたら。

ぎゃあ!!!目の前に魔女が!!いや・・・先生が・・・しかも・・ニコッと顔だけ笑って目は笑ってない・・みたいな・・・。

おはようございます。の、後に
『それで?書き取り練習帳は見つかりました?』と。

おいおい・・・いきなりその勝ち誇ったような顔はなんだよ?!

そこですかさず、決戦の地を駐車場にして。

『いいえ。家にはありませんでした。』と言うと。
『だって、彼は持っていませんよ!』と言う・・おいおい・・いきなりその言い方ってなに???

『それでも、家にはありません。それに、おかしいんですが、昨日の朝出かけるときにキチンとランドセルに入っているのを見たんですけど・・』と言っても。


『でも、ありません!私が確認したんですから!はあ~~じゃあどうしましょうかねえ・・・今日のページ1枚コピーでもします?』と言う・・先生、一歩も引かない様子。

感じ悪い!!!!

さて・・どうするか・・・と、実際一瞬ひるむ。ここで息子の顔を見たら。

を見てる。何も言わずに下見てる。これは絶対に不安だよね。ママがここで折れちゃいけないから・・気を取り直して

『でも、これは初めてじゃないんですよね・・知っていますか?この前は、息子の筆箱が他の男の子のカバンから出てきて、その子のハサミが息子の机に置かれていたのですよ。そして、後から他の子が"僕がやったんだ"って言ったそうですが・・こんな事も有るんですよね?・・ま。冗談だと思いますが・・どう思われます?』と・・先生、急に顔色変えた。

『はあ・・・そうですか・・じゃあ、もう一度教室を探してみます』と言った。

良かった。

お願いだから・・・どこかで見つかっておくれよ~~。

そして・・・放課後。 

学校から戻ってきた息子に
『それで?ワークブックは有ったの?』と聞くと。
『有ったよ!アレックスが持っていたの』と言う。
へ?なんで?アレックスなのよ?
『それでさああ~~。アレックス、僕の宿題やっちゃったの。全部じゃないけどね・・・』と言う。

何言ってるの?なんで?席の離れたアレックスが光ちゃんの宿題帳を持っていて持って帰ってしまったわけ?ついでに言えば・・彼は2冊持っていたらしい。

先生は追及しなかったけれど。

おかしいじゃん!そもそも、アレックスとは同じ学童にも行ってるけど。前日の月曜日には学童へは行ってないのよ。だから、取り違える可能性も何もない。

そもそも、昨日の朝にカバンに入っているのを見たんだから!

ってことは、絶対に誰かの仕業じゃない!おかしくも何とも無いっての!

しかも、宿題帳に調べて欲しいと書いたのに。見つかりましたなどの返事は無し!

明日会ったら聞いてみようか?まあ・・どうせ
『知らない』か『分からない』で済ませるつもりだろうな・

と・・・

こんな感じの出来事があったわけです。(私の他の日記から抜粋しちゃった・・読んじゃった人はごめんなさい) 

それで、今朝。事の顛末を先生から聞こうといつもの時間に学校に送っていったら。

・・・・・・・・

 

先生・・・今日はいつもの時間よりも早くに出勤しましたね?!

なんだか・・・いやあーーーな。感じのここ数日間の出来事でした。これは、どうもまだこれで終わらない感じ。また続いたら今度はこんなうやむやじゃ済ませませんよ、先生

いたずらをした子は誰だか大体検討が付いているんだけど。この子は光ちゃんが友達と思っている子。う~~ん・・ちょっと悪ふざけが過ぎるわね。

最近、サッカーのブンデスリーガーステッカー見ないと思ったのよねえ・・・

そうしたら・・・昨日見かけましたよ・・・

New ブンデスリーガー選手名鑑2007/2008

げ・・・

光ちゃんの持っているの良く見たら・・2006/2007だった・・・

ってことは・・あんなに費やしたのに・・・埋まらないうちにもう新しいのが出たのか・・

もちろん、光ちゃん

『ママ・・・また新しいの出たねえ・・・あれ・・・買ってくれる?』と・・・

このままじゃ選手名鑑買った方が安くないか??

でも、毎回、何が出てくるのか?楽しみなんだろうなあ・・

はあ・・・男の子って・・なんだかなあ。

結局、学校に入ってから数日間はお隣にアレックスが、一回だけエンハード君が座っていたが・・それ以外は一人ぼっちで座っている光ちゃん。

毎日のように『○○が物凄く叱られた』だとか・・『先生が○○と××はもう一緒に座らせません!って叱った』と言っている割には・・

相変わらず独りで座っているのは光ちゃんだけ。

何でなんだろうな・・・・・。きっと、落ち着きがないんだろうなあ。でも、やっぱり自分だけ一人ってなんだかかわいそう。

毎週、授業でグループで何かするのがあるらしいんだけど。お隣の子と一緒に後ろの席の女の子二人とやるらしいんだけど。

毎回、光ちゃんは男の子1人と女の子二人なんだって。これって・・どうよ?それなら毎回、一人になる男の子を変えれば良いのにね。先生の意思がチョット分からないな。

このままずっとなら、ちょっと意地悪じゃない?だって、このままだったらお昼も1人なんだよ。どうなの?これって?まあ・・今はお昼のときだけはお友達の席に3人で座って食べているみたいだけど。

チョットかわいそう・・・

 

日本で見逃した”レミーのおいしいレストラン”を見に行ってきました。

こういう年齢制限なしの子供の映画って気楽で良いんだけど・・・

困った事に・・途中から映写室が気になる光ちゃん。しまいには後ろの映写室からの光を見ようと立ち上がって振り向く始末・・・

全く・・・君には何の映画でも関係ないようだな・・だったら今度からは、ママの見たい映画にしていただこう。

 

2007.10.06 3連勝中~~

木曜日の練習の後『今回のキーパーは誰がする?』と、トレーナーが聞いたんだそうだ。もちろん、光ちゃん迷わず

『僕がやりま~~~すと、言った。

『今回の対戦相手は強いわよ~~』と、ママが昨晩教えたら。光ちゃん

・・・・何で先に言ってくれなかったの・・・』と・・・かなり弱腰・・

蓋を開けてみれば4対2で。快勝。

でも・・お気付きでしょうが・・・。光ちゃん2点も失っています。ついでに言えば・・

相手がゴールを狙ったのはこの2回のみ・・・その上、最後に行うフリーキックは12人全部ゴールされました・・・

あのお・・・・そろそろ、あきらめませんか・・・・・???

明らかに動きが遅すぎるし。頭上のゴールは仕方が無いとしても・・・情けなく勢いの無いボールまで止められないのは・・・

どんなもんでしょうか・・・・?

なんでかなあ・・・・?なんでゴールキーパーがいいのかなあ・・・

とはいえ・・見方が強いので勝てましたが・・もし負けていたら周りのママの視線が辛いわ。

何と!今回の出張は・・・

日本!!

ちぇ・・・留守番か・・・

しかし、3週間なので・・ちょっとその辺に行ってるって感じだわ。 

慣れって恐ろしい・・・

3週間なんて・・・ちょっと残念でもある・・・

とはいえ、光ちゃんにはやっぱり

『チョット寂しい・・・

 

今日は、ミュンヘンで行われているオクトーバーフェストに出かけた。

まずは、光ちゃんの叔父さんのビリーと彼女のビダを車で拾って最寄り駅へ。

気分はすでに満員の電車から盛り上がるわけで・・・1時間立ちっぱなし。かなり混んでいるんだろうなあ~~。

と思ったら。。

ミュンヘンの駅に着いた途端・・すでにうんざり。

人。

人。

人・・・

おい・・どこからこんなに人が集まってくるんだよ!

ここで光ちゃんのオバさんのベッティも合流。

ワクワクの光ちゃん一行6名は、地下鉄へ移動・・

ぎょ・・・

乗れないジャン・・・・こんなのは独身時代の通勤ラッシュ以来だわ・・と思っていたら。ホーム中ほどは空いていた。

地下鉄1駅乗ったら。そこは~~。

オクトーバーフェストの開催されている駅~~

げげ・・・物凄い人。来るんじゃ無かったわ・・・

ここから先は、どこにいっても人ばっかり。食べ物買うのも乗り物乗るのも長蛇の列。

ビールテントなんて。もちろん空席なんてないし。それでも、なんとか食べられる場所探して食べたけど。

このテーブル席ってさ・・・10人も座れねーだろうが~~~~!!って所に詰め込まれて・・・

もうウンザリ気分は最高潮。

しかし、一人だけまだまだウキウキ気分だったのは

もちろん・・

光ちゃん

『次はあれに乗る~~~。あ!こっちもいいなあ~~~』と・・

結局、沢山乗り物に乗って。最後は光ちゃん一行は大観覧車でミュンヘンの町を見下ろし。

帰って来ました。幸い、帰りの電車はまだチョット早かったようで(とはいえ6時半)チャント座れました。

楽しかったけど・・・やっぱり二度と日曜日には行くまい!と、心に誓いました。