2011.03.31 性教育の授業

この前、親に対してはインフォメーションが有ったんだけど。いよいよ子供達に今日3時間と明後日には男女分けて3時間の性教育の授業がある。

帰ってきた光ちゃんに『授業はどうだったのお?』と聞くと

光ちゃんの答えは『おええ~~~~』だった。

ははは・・・それでも貰ってきた小冊子なんかを隅から隅まで熱心に読んでいるので興味津々!と言ったところなんだろうけど。

ここでは担任じゃなくて全く関係の無い第三者から教えてもらうってことで、キチンとそういう教育を受けた人たちが話してくれるんだけど。男の子達には30代前半のなかなか粋の良い男性(この人は親への説明会に来た)。なんでも子供達に

『僕は恋人とものすごくSEXしてるよ~~』と言ったそうだ・きっとここまで来ると開き直りなんだろうけど。

光ちゃんはそういいながらものけぞって『おえええええ~~~』と言っていた。

男の子への性教育はどうやって教えたものか?と悩んでいたので学校でやってくれるのは本当にありがたい~~~。

昨日はサマータイムの時差ぼけと緊張のあまり眠れなくてママの布団に入り込んでも、物すごく時間が掛かって寝たのは12時近く。

『大丈夫なのかなあーー寝不足で』と心配したんだけど。

学童に迎えに行った時に物凄い笑顔で駆け寄ってきて。

『ほらみて~~』と見せてくれたのは

自転車の免許証

ドイツではこれが無いと正式に自転車で学校に行っちゃいけません。(勿論、行ってる人は居ますけどねーー)

光ちゃん、これが欲しくてたまらなかったわけで。警察で5回の講習を受けて先週は筆記試験で、今日それにパスしていれば実技試験だったわけ。このせいで、昨日は光ちゃん緊張して眠れなかったんです。

明日からこれで晴れて自転車通学が出来るわけで、ママも長い間の送り迎えのお役御免になりそうです。ちょっと寂しい気もするけれど。。でも、朝時計を気にして光ちゃんの尻を叩きながら支度させて、その後アタフタと学校に送っていかなくて良くなるのは正直嬉しい

子供はこうやって親離れしていくんですね。あ。。でも雨だったら送って行くんだろうけどね。

サッカーも先週から自転車で行って見て、この近所から自転車で来ている仲間も居たようで『今度から自転車で行くよおお』と楽しそうにしているし。その間に夕飯作ったり出来るし。

一石二鳥だわ

あ。。でも、試合は見に来て欲しいしこれまた車で送っていかないけないんだけどね。

実はこの車のある生活ももうわずかだから(会社から借りている車なので離婚したら使う権利が無くなるから)光ちゃんも行ける所は自分で行ってもらわないといけないし、やれることは自分でやってもらわないといけないので。。

とにかくピカピカの自転車なので悪戯されないと良いけど。。(私の殆ど乗らなかった自転車を使うことになったので)がんばれよ!そして無事免許取得おめでとう!

気が付いたらまた1週間経ってる。。

なぜだ???とは言え、週にたった2日の午前中に数時間美味しい仕事のお手伝いをしているので時間配分がちょっと狂ってるんだろうな。そうそう、ついでに光ちゃんのサッカーも週に2回屋外になったし。

あ・・これは光ちゃんお天気の良い日には自転車で行ってくれるようになったので、その間に夕飯の支度も出来るし楽になったんだけど。この2日間が私の仕事のある日なのでそうじゃなかったらちょっとキツイので本当に助かってるけど・・雨だったら送っていかなきゃいけないし。

そして、おもーーーい。重い腰を上げて役所に書類を一つ出してきた。これはアパートを借りたいんだけれど、なんと言っても先立つものが何も無い。夫は私に長い間この離婚の為に綿密な計画を練っていたはず!というんだけど。

実は私はそういう卑怯な事をしていなかったので(この言い方も変だけど)お金を隠しておいたわけでなく、正真正銘の一文無しで離婚申請をしているわけ。無責任と言われようが何と言われようが無いものは無い!

そんなわけで・・・外国人のくせにと言われても困るけど(誰も言わないけど)、多分、生活保護を受けるとか家賃の援助をしていただきたい!とか。そういう申請をしなきゃいけない。

そこでまずは・・このアパートをなるべく安く貸していただくには、その為に役所に”この人は低所得者用のアパートを借りてもいい資格がある”という証明をしていただかなければいけない。

なんだか・・情けない事になってきて。。本当は今にも日本へ帰りたい気分に毎日何度もなるんだけど。その日本へ帰る金も無いわけだし、この際親に頼んで出してもらっても光ちゃんを置いていくわけにはいかないので、すぐにでも泣ける涙をグッと我慢してこの書類のドイツ語を読まなきゃいけない。

あ・・これが何とも難しく泣けてくる原因でもあるんだわ。

それでも、なんとかお手伝いしてくれる友達と言う友達をフル稼働して書類を書きあげ、今週申請書を出してみた。書き足りない所は役所の女性が親切に手伝ってくれて本当にありがたい。

実はこの手の役所はかなり冷たいという印象が前回の職安であるので、きっと今回もそんな感じなんだろうなあ。。と、覚悟して行ったのに、生活保護の申請をする役所もこのアパートを借りる為の書類を作ってくれる役所も本当に親切で、ここでも感動で涙が出そうになる。

でも、本当に大変なのはこの書類を貰った後なんだろうな。。とにかくお金が無いけれどアパートを貸してもいいよ~~。なんていう心の広い家主を探さなきゃいけないんだから。。

その人を探し出したら今度は町にまた”ここで貸してもらえるんですけれど。。お金の工面をしていただけませんでしょうか?”とお伺いを立てるわけで。。

私って・・・ドイツと言う国と国民の皆さんの払っている税金におんぶに抱っこかよ。。

こうして書き出してみても私って人間はここに居て良いんだろうか?と自問自答する羽目になるくらいだから・・前途多難だな。。

その上、光ちゃんの学校を考えるととんでもない遠くに住むわけにもいかないし。そうなるとサッカーも変えなきゃいけないし、、ああ・・でも背に腹は変えられないし。

こんな事をしているので1週間があっという間にたってしまった。

それでもなんとか少しづつだけど前進していると思います。

あ。そうそう、この元気の源は美味し仕事。町の日本レストランで本当に数時間だけ働かせてもらっているんだけど、毎回出してくれるお昼ごはんの美味しい事!!この前は”マグロの中落ち”とホカホカのご飯。美味しかった~~~~。光ちゃんもママの貰ってくるお金でたまに雑誌買ってもらったり臨時収入が入ったりで(そんなもんに使うな!って話も有りますけど。。)心が貧しくなりたくないし。たまには良いよね。

そんなわけで・・・みなさんのお陰でなんとかがんばってます~。

近所の大型ショッピングセンター内で、ドイツ赤十字のイベントに便乗して日本への募金をお願いする事にしたらしい。という話を聞いたので、午前中に光ちゃんと顔を出した。

そこではここの町に住む日本人の女性が数人で募金をお願いしていたんだけど。

やはりここのところテレビでも毎回トップで日本の被災が取り上げられているので関心度も高くかなりの募金が集まったようだ。ドイツ人のみなさんありがとう!!

そしてこの集まったお金が有効に使われますように。

2011.03.19 学校見学

今日は光ちゃんが入れるであろうレベルの学校の見学に行ってきた。

建物を見た途端光ちゃんは『COOL!』と言い中に入った途端に置いてったスナック菓子や飲み物の自動販売機を見ては『すごーーいい!』と感動。あのお・・この程度の自動販売機ってのは日本でも散々見たと思いますが。。まあ学校の中に普通にあるのが新鮮だったのでしょう。。汗。

9月からは本当は小学校5年生なんだけれど・・こっちじゃそのまま6年間同じ学校に通うわけだから雰囲気はすでに高校と言った感じ。


どの子供達はみんな目を輝かせて色々な説明を聞いて喜んでいたよ~。

科学の授業はここで~。と実験を見せてくれたり。物理はここ。音楽はこんな感じで教えていきますと。 その度に光ちゃんは目を丸くして喜んで勝手に質問までしていた。。汗。この子質問魔なんです・・はい。

今日見た学校は元々は男子校だったので今でも女生徒は少なくて写真見ても大半は男の子ばっかり見学に来た子も90パーセントは男の子。
と言うのもこの町には女子校も有るからなんだけど。

今日の説明会でクラスの男の子2人も来ていたし、同じ学校から入ると同じクラスになるのがこの辺のクラス分けだから、落第とかしない限りはここに入ればこのメンバーは10年間一緒って事か!!(小学校も4年間同じクラスだったので)当面はこの町に住む事になるわけだからね。学校で友達が同じクラスだったらこのアパートから離れても大丈夫ね。

親の中には馬鹿かこいつは??と思うようなくだらない質問する人も居て。。出来れば同じクラスになりたくないね~。って人が居た。

この質問ってどんな意味があるわけ???ってのを延々と聞き続ける。こういう人が同じクラスだとさあ・・父母会が長引くのよねえ。。と思う。

もう一つの学校の説明会は来月。そっちの学校は学校に大きなプールがあり、凄い大きな体育館もあるのでスポーツに力を入れているし、宿題も試験の採点なんかもパソコンで送られてくると言う近代的な学校。

そっちの見学も楽しみだわあ~。

さてどの学校に行くかなあ。

ここドイツでも連日、この東北地方太平洋沖地震の映像が流れていて見ているのも悲しくて切なくなる日々が続いている。多分、日本では流れない映像もニュースもこちらで流れている事も有るようだし、そんな映像に限ってかなりドキッとしたり落ち込む。

そして連日知り合いが私の家族や友達を心配して電話をくれる。

みんな見知らぬ遠い日本という国で起こっている想像も出来ない規模での被害に脅威を感じているようで、今日は原子力発電の事故のニュースで

『なぜ?両親をドイツに呼び寄せないの?今の日本においておいては危険だから』と友達から電話をもらったわけなんだけど。

まずは両親は来ないだろうし来たとしてもじゃあどの位の期間ここに居ればいいのか?私自身がここを出て行かなきゃいけない状況で両親を呼ぶなんて事は物理的に考えても無理だって。。

などなど一々もらった電話に対応しながらも、修学旅行で行った仙台は田舎のようで都会だった事を思い出して、と物凄く寂しくなる。ああ。そういえば松尾芭蕉が句を読んだ場所なんてのも勉強したなあ。。

日本は本当に美しい国だと思う。海に囲まれている分食べるものも豊富だし美味しい。こうして海外に住んでいると本当に日本がいかに美味しい物が多いか?を思い知る事になる。しかし、その反面、火山帯に囲まれた地震の多い国でもあり。普通に日本で生まれ育った私たちは地震の恐怖を教えられながら体験しながら共に育ってきたと思う。

それでも、あんな酷い地震が起こりあんなに大きな激しい津波が来るなんて。。誰が想像できただろうか?

犠牲になられたかたが連日物凄い数で増えてきている、幸い私の家族はほぼ東京近郊に住んでいるので今の所被害には有ってないが、被災者の皆様はどんなに辛くて悲しい思いをされているか。。心が痛い。

ドイツで見ている私はなんとも言えない無力感を感じる。何も出来ないと分かっていても何か出来ないものか?と無い知恵を絞ってみる。

まずは簡単にクリック一つでできる所から。。私にできることはこのくらいしかないから、ドイツ赤十字のページから募金することから始めます。

被災地の皆さん、そしてご家族の皆さんが一日でも早く落ち着いて眠れる日が来ますように祈っています。

夫が出張に出る前の数日間物凄い勢いで家中で咳を撒き散らして居たので私はなるべく近くに寄らないようにしていたんだけど、光ちゃんはチョコンと隣に座ってテレビ三昧だったわけで・・

『ああ~~~。。。あれはうつるだろうなあ。。。』と思っていたんだけど、実は夫は息子が一度自分の隣に座らなかったときに狂ったように息子に言った。

『またお前のママが俺に近づくな!と禁止したんだろう!絶対そうだ。お前の母親はそういう嫌な性格だから!!!!』とね。

光ちゃんは『ええ~?ママは言ってないよ。僕がどこに座ろうと良いじゃないか』といったんだけど。夫は絶対に自分の考えを曲げず

『いや!お前の母親はそういう奴なんだ!あいつが言ったんだ!そうじゃなかったらお前はいつもパパの隣に座っていたじゃないか!!!』と叫び続けたもので、光ちゃんそれからは気を使って夫の隣に座ってテレビを見ていた。

私はその時もそんなことは言ってないわよ!と言ったわけだけれど。こういう言い争いをすることが何よりも光ちゃんをきづつけるわけで。。

自分の判断で夫の隣に座ることにしたのならそれでよしと放っておいたんだけど。

今まさに・・気管支炎になりかけているような咳をしてる。

明日は小春日和だというので動物園に連れて行ってあげる約束をしてあって、光ちゃんも楽しみにしているんだけど。。。

これじゃあ無理そうだし。。この分じゃ本当に医者に連れて行かないと大変なことになりそう。

全く・・・。

早く別居しなければね。

光ちゃんただいまファッシング休暇に入りました。(カーニバル)

そんなわけで・・・休暇満喫中。

と言いたい所ですが・・光ちゃん、本当は家に居たくないのです。。言わないけど分かります。そりゃそうだよね・・何かと言えば喧嘩ばかりしている両親なんて見たくないよね。

ごめんよ。