昨日のサッカーの試合の帰りにまたしても自転車のタイヤがパンクしてしまい随分長い距離を自転車押して帰ってきた光ちゃん。

いつもは直してくれるパパも居ないし。光ちゃんは毎回見ていたのできっと何とかなるだろう!(凄い安易な考え・・)

修理キッドを出してやりだしたが、なんと中のチューブに2個も大きな穴があることが判明。それでも何とか貼って空気を入れてみたら

『プッシューーーーーー!!!』と凄い音と共に折角貼ったテープが見事にはがれてまたしても穴。。

『ああ・・仕方が無い。明日新しいチューブを買ってこよう』と昨日は自転車を分解したままにしてあって。

今日は1時間早く学童から引き取って一緒に自転車屋さんへ。

ここでまずは感動。自転車に乗る人も多いけどお店は日曜日休みだからなのか?なんと!!店の前にチューブの自動販売機が!!!そもそも、自動販売機自体殆ど見かけないのに!!!すごい!!が、、しかし。。

『あれえ~~?どれを買えばいいのだろう??』分かりませんから、、だって、自転車のパンクなんて人生の中でそんなに経験したことないし。。

仕方が無いので店に入って聞いてみたら、お姉さんは

『あそこにあるわよ~~。勿論、穴無しでしょ~~?』とくだらない冗談で笑わせてくれたんだけど。。きっとこういうの買いに来てるからどれを買えばいいのか?分かってると思ってるのねえ。。

『あそこにあるといわれても。。。』指差された先は、物凄い数のチューブの箱。

どれ買えばいいのか?わかんないじゃん・・光ちゃんとママはそれでも何とか見つけ出してレジに持っていくと

『えーーっと。軽量タイプで良いんですか?』と、、え?知りませんけど??どうやら色々種類が有ってその中からわざわざ高い軽量タイプを持って来ちゃった模様。

『あ・・普通のでいいです』というとお姉さんは2ユーロも安い普通のを持ってきてくれた。

そうか・・チューブにも大きさだけじゃなくて色々有るんだな。。と一つ勉強。

早速家に戻ったら、光ちゃんさっさと工具を持ち出して、昨日外してまた戻したタイヤをねじを外して外して。

あれよあれよと言う間に、それなりの形をつけた。

『凄いじゃん~~~

結局、最後のブレーキの取り付けがてこずったし、タイヤの向きがちょっと反対じゃないの???って思ったんだけど。タイヤの向きは関係ない!と言い張るのでブレーキはなんとかママが試行錯誤して取り付けて。

人生初めての”パンクした自転車のタイヤ交換!”成功~~。

すばらしいいい~~~~

さすがに男の子だな。と感心した。

さーー。これで自転車にパンクも怖くないぞおお~~。

昨日と今日続けて学童に迎えに行ったら、子供に捕まった。。

『あの~~、光ちゃんいつ時間ある?いつか遊びに行きたいんだけど~~

『ええーーーっと。火曜日と木曜日はサッカーだし。。土曜日はこれから3週間連続で試合だし。。あーー。じゃあ試合の後の4時ならいいよ』と、昨日は2年生の子と約束して。。(なんで?2年生なんだよ。。。)

今日はタイトなスケジュールなのに(4時に学童が終わって、5時からはサッカーの練習。ついでに今日は休んでいる二人に宿題を届けなくてはいけない)、

『いつだったら時間ある?』と、今度は3年生の子が聞く。

『ああ~~~・・あのねえ。。今日はサッカーでしょ。明後日もサッカー。。う~~~ん土曜日はもう約束入っちゃってるし』と言っていると、この子悲しそう~~な顔になっちゃった。だから、

『ええ~~~っと・・そうだなあ。金曜日の4時以降はどう?ママに聞いて見てそれで良かったら一緒にここからつれて帰ってあげるから後でママに迎えに来てもらうってのはどう?』と言うとこの子見る見る顔が輝いて嬉しそうに

『じゃああ~。ママに電話してもらうね』と言うので一回渡したはずなんだけど、一応電話番号をもう一度書いてあげた。

本当はねえ・・この子はちょっとというか・・かなり問題のある子で学校も転校させられちゃったんだけど。。でも、やっぱり断られたときの子供の悲しそうな顔見ちゃうと駄目なのね~~。。無理なんだけど。子供の無邪気な嬉しそうな顔を見るのは嬉しい。

しかたねー。まあいっか。実はこの子の約束はなかなか実現しなかったしね。どうしても来たいんだったら一回くらいは呼んであげてもいいじゃんね。

そして・・・夕方。この子のママが電話してきた。

『ああ~~・・金曜日はねえ。。合気道が入ってるので無理なのよ。。他の日は無理かしら。。』と言う。

こっちも難しいからなあ。。と思っていたんだけど。

お?明日はどう?と聞いたら。

『明日?明日は3時から4時までこの子はセラピーが入ってるんだけど。。あ!お宅の物凄く近所だわあ~。チョット待って』と彼女は後ろで多分ガッカリしていた息子君に

『ねえ?明日セラピーのあとに光ちゃんの所に行く?』と聞いたら。

『Ja!! JAAAAAAA!!!いえーーーーいいいい!!』とそりゃーもう嬉しそうな声。

良かった。良かった。(そうなのか?そう無邪気に喜んでいいのか??明日どういう結果になるか?わかんないぞおお?

と言うわけで。。

私のスケジュールはこんな具合に埋まっていく・・・

おい?チョット待てよ。。

光ちゃんよ・・友達が居なかったんじゃなかったのか?

あ・・だから年下の子になっちゃったのか?

あれ?じゃあ、今日サッカーの帰りに一緒に戻ってきたDavidは?

光ちゃんがサッカーで居ない間に『光ちゃん外で遊べる?』と聞いてきたいじめの張本人であるサシャは本当にいじめの張本人なのか???

・・・・・・

なんだか・・光ちゃんの”おともだちがいない~~~”発言は50パーセント位減らして心配しておいた方が良さそうだな。。

2011.05.18 真相は闇の中

光ちゃんは予定通り2泊3日の旅行から戻ってきて、迎えに行った時先生のすぐ後ろに歩かされていたのでいやーーーな予感はしたが。。やはり先生に言われた。

『お宅の息子さん、1泊目の4時にみんなを起こしたんですから!!全く、何が原因だか分かりませんけど。』と。。

あっちゃーー。実はこの数秒前にすでにこの話は光ちゃんから自己申告されていたので

『あ・・そうみたいですね。。』と言っておいたんだけど。先生の意図は分からないけれど、私が謝ってみても仕方が無いし第一謝る意味が分からない。先生がなぜ言ったのか?は多分・・半分報告でも半分は怒っていたんだろうが。。。

怒られても仕方が無いけど。。この子は寝ることに関しては下手。変な言い方だけど。赤ちゃんの時から今まで寝つきは最悪だし、これに関しては褒めても脅かしても何をしても駄目だから・・もう諦めてる。本人も寝つきが悪いのは辛いだろうな。と思うし。

と・・それでも、友達と

『後で遊ぼうねえ~~』なんて大声で別れていたので楽しかったんだろうな。と、思っていたし。写真だって持って行ったデジタルカメラ2GB全て使い切ってフィルムを撮って来たし。

ま・・楽しかったなら良かった。

 

と・・・思っていたのに。。。

夜になってメソメソしだして。。

最後には

『ママは光ちゃんの事好き?本当は光ちゃんはずーーーとみんなに仲間はずれになってるんだ~今までは言わなかったけど、みんな光ちゃんが嫌いなんだああ~~~』おいおい。。この後光ちゃん家の中をさまよい(とは言え物凄く狭いのですぐに廊下の端に到達するのでまるで動物園の熊のように。。)号泣した。

最後には

『もう光ちゃんは学校には行きたくない~~』と。。参った。折角楽しかったはずの旅行がまたしても(去年もそうだった。。。)いじめられて仲間はずれにされて終わったのか。。

『あのさーー。光ちゃん疲れてるんだと思うからさ。。とにかく牛乳温めてあげるからそれ飲んで寝なさいよ・・』とやっと寝かせたのは12時だった。。

 

参ったなあ・・先生に言えばきっと

『そりゃー4時にみんなを起こして歩けばみんな怒って当たり前ですよ!』と言うだろうしなあ。。と、悩みながら寝たんだけど。

翌日には

普通に

友達が遊びに来ていた。

 

なんだよ???なんだったんだよ??

真相は闇の中。。

2011.05.12 2泊3日

今日から光ちゃん2泊3日で小学校最後のクラス旅行に出かけました。

生憎明日は天気が下り坂の予報が出ているんだけど。。。

楽しんで思いで沢山作ってくるといいと思います。

そんなわけで。ママも2日間思い切り遊ばせていただきます

今日の午後光ちゃんと一緒に9月から入る学校の申し込みに行ってきました。

もっと混んでいるかな?って思ったけれどそうでもなくてスムーズに運びました。

光ちゃんの場合は通知表ですでに基準を満たしているので、申し込み=入学許可になり。受け付けてくれた秘書の方が

『じゃあ9月に会いましょう~~

ひとつ大きな仕事が終わった。そんな気分です。

明後日からは小学校最後の二泊三日の遠足です。

イースター休暇の終わった今週の月曜日に、光ちゃんたち4年生は学校から《Uebertrettsyeugnis》と言う成績表を受け取った。この成績表で子供達の5年生からどの学校へ入学出来るかが決まる。

つまり、ここバイエルンでは3種類の学校に分かれるわけなんだけど。まあ成績が良くてゆくゆくは大学に進もうと思う子はこの時点でギムナジウムに入り。

レアルシューレは実科学校と訳すようだけれど。まあ、、そうねえ。今の時点ではあまり勉強が好きじゃないなあ~~。僕はもうチョット努力すればギムナジウムに入れたかもしれないけどなああ~。なんていうまさに光ちゃんにはピッタリな学校。

ぜ~~~んぜんお勉強は得意じゃ有りませんでした~~。宿題も良く忘れちゃったし~~。なんて子はこの後5年間の義務教育を受けるハウプトシューレ(今ではMittel Schuleと名前が変わった)。が有って。

光ちゃんは以前の希望は残念ながら断念せざるを得なかったけれど、それでもレアルシューレの入学資格を貰った。

来週には学校の申し込みが2日間あって。今日はその為に必要な身分証明書写真を撮る為に、まずは美容院で髪の毛をスッキリ切ってもらって、その後は写真屋さんで申し込み用の写真とドイツのパスポートが切れているのでパスポート用の写真と2種類の写真を撮り。(学校の申し込みようは笑顔で。パスポートは笑っちゃ駄目なので真顔で)

来週は小学校最後のお泊り遠足がある。

みんな4年間一緒のクラスで過ごして来た子供達がいよいよみんな自分の道を進む為に別れる時期が近づいてきたんだなあ。。と思う。

今夜に有った親の集まり(ただあつまっておしゃべりするだけだけど)では、なんとクラスの半数がギムナジウムへの入学許可を得たとしって、やっぱりチョット驚いた。光ちゃんは3年生まではクラスでも上から数えて何番目。って位置だったのに。やっぱりドイツ語の書き取りが致命傷だったな。結果的には真ん中より下がってしまったんだから。

夫がいつも私に3年の時点で家庭教師をつけさせるべきだったんだ!と責めるんだけど。あの時点では成績は良かったんだから、つける必要は無かったと思うんだよね。

しかし4年になって一気に成績が下降したので慌てて家庭教師をつけたんだけど。そうだったのかなああ。。。今となっては全てあとの祭り。嫌がっても無理にやらせるべきだったのかもしれない。

日本語だったら書き取りの手伝いは出来たけれど。私自身の方が息子よりももっとドイツ語が出来ないんだからなんどかやらせようと一緒にやったけれど。やはりやりたくない!と言う子供に毎日させるのは神経が持たずに続けなかったのが悪かったのかな。などなど色々かんがちゃったけど。今更クヨクヨ考えてもしかたがない。

光ちゃん自体は相変わらず遊びほうけているわけで。まあ、この先もまだ進路変更のチャンスはあるし。入った学校でも努力しなければ落第から転校になるわけだから。油断しないでがんばらなきゃいけない。

ドイツの学校は大変だ。

 

 

 

2011.05.02 やっぱり!

2週間も有ったイースター休暇だったのに終わりの2日前になって

『あああ~~~!!!宿題が有ったんだったあ~~~』と、昨日から大慌てだった光ちゃん。

全く・・そりゃ私も夏休みの宿題には手を焼きましたので、最後にやるのが悪いと言うわけじゃないんだけど。これさ・・イースター休暇の始まる時にすでに言っていたよねえ。

『僕はフランスについて発表しなきゃいけないからパパ手伝ってね』とか何とか。。

昨日の土曜日は夫に息子は任せて(と言うか夫は家に居るからそれだけですけど)出かけたので出る前に確認したら

『大丈夫!今日パパとやるから』言っていたし、夕方戻ってきた時も

『もう終わった~~。後で見せてあげるから』と自信満々に言っていたので少々油断していたが。。

見せてくれたそれは・・

『あれ?これは大まかなプラン?』と思われる数行パソコンで打たれたものだった。

一応念のために

『で?これで終わりじゃ・・ないよね?パパは見たの?見たんだよね?何て言っていた?』と聞くと、光ちゃんはチョット気を悪くした顔で

『え?光ちゃんはこれで十分だと思うんだけど~??パパも見たよ。何も言わなかったけど?』と。

・・・・・・・・。ああーー。やっぱり任せていけない人には任せてはいけないんだよね。

さすがに自分の第二の故郷のフランスだから・・気合入れて手伝ってくれると思っていたんだけど。(なんと言っても夫は半分フランス人ですからね)

5分から15分の持ち時間なのに・・息子のそれはゆっくり読んでも1分30秒で終わった。

フランス語のスペルは違うし物の名前も違うし。こんなんで夫は何を見たわけ?

ああ~~!もう少しの我慢と気を取り直して。

ネットで調べまくり息子の”大まかなプラン”に肉付けをして、写真をプリントアウトしてなんとか5分強にした(それでもそれしかならない。。)ここまでさせるのも息子は何度

『もうこの辺でいいと思うんだけどなあ~~』と言うまるで他人の宿題か何かのような発言を繰り返したが・・この際無視。

やっと終わったら今度はイースターの卵の曼荼羅塗り絵まであった。。。何で今更イースターの卵の塗り絵?と思ったら。

『クラスで2人だけできないので宿題になったの~』と。

ああ・・そうですか。今更イースターの卵の塗り絵ですか。。

やっと全て終わって外に遊びに行った息子のかばんを見たら。

『ふむ?このプリントのここは白紙でいいのか?』と思う箇所が有って、念のために聞いたら

『ああ~~~!ここにフランスの国旗と国を書くんだったああ』だそうで、この紙に書いてあるフランス語の挨拶を見たら。全くスペルが違っていた。 

そしてなんとか終わったのは寝る前だった。