土曜日に息子が車をこすった。私が上に上がって空瓶を持ってくる間に起こった出来事で、家に居たら息子が電話してきたので、
『あー今行くから~~』と言ったら。光ちゃん車に当たっちゃって傷をつけちゃった。と慌てて電話してきたので、こっちも大慌てで下に行ったら。
仁王立ちしているロシア人夫婦が
『あなたの息子がここにぶつかって車に傷つけた!』と、言いはなりその状況が良く分からないのでとりあえずドイツ人流に悪いと思っていなかったので謝らず、一応保険会社の番号なんかを渡してお互いに保険会社に電話すると言う話で終わったかに見えた。。んだけど。

こっちの保険会社は銀行を通しているので、車同士の事故じゃないし、緊急の電話番号が無いので月曜日に電話するつもりでいた。

今朝は午前中にこの前まで言っていたコースの集まりがあったのでそこに行って帰ってきたら、この車の持ち主が外に居て

『あなた保険会社に連絡入れましたか?私達は土曜日に入れたんだけど、あなたがやらないと先に進まないんですけど?』と言って来たから
『私の保険会社は緊急連絡先は金曜日までしかないし、今日これまで用事があったのでこれからやります』と言ったのに。このロシア人
『私達はもうすぐ休暇に行くのにあなたが連絡しなきゃ修理にも出せない、連絡しないのなら警察に電話します』ときた。。

ああーー。これがねえ~~・・一言余計だったと思うな。。

『これからやりますから』と言いつつ。

なんだよ。なんで警察に電話されなきゃいけないんだよ!と思いながら部屋に戻って銀行の担当者に電話して『書類作りますから午後から来てください』と言われた。

さて・・いろいろ今までに聞いたいろいろな知識を総動員して。

事故残った見通しの悪い場所の写真とガレージに止まってる車の写真と。事故の様子を図解して。写真は全部印刷して。銀行に持って行った。

話してみれば誰もが『うーーん。これは本当は相手が悪い。』と言う状態で、それなら無条件に認めないで保険会社に事故の検証をしてもらうことにした。

保険会社は勿論疑わしいものを払うはず無いからね。調べに来るでしょ~?息子は右側から左折する予定で、車は左から来て右折する予定だったので。普通の交通ルールで行くと。左から来た車は右から来た車を待つべきで。ましてや自転車だったらそれだけで相手は注意しなくてはいけなかった。

『見えなかった!』と彼らは言ったが・・すれはすでに『見ていなかった』を証明してしまっているようなもの。

どう判断されるか?楽しみだな。

あんな言い方しなければ、私はここまで準備万端で提出しなかったし、たぶん上手く説明できないから普通に保険が降りたはずなんだけどね。。

馬鹿だね・・

彼女、警察と言って脅かせば私が急いで保険会社に連絡すると思ったんでしょ?そうすればすぐに車の修理が出来てお金が降りると思ったんでしょう?こっちはシングルマザーで訳のわからなそうなアジア人だから大丈夫だと思ったんでしょ?

でも・・馬鹿じゃないから。

近所だから揉めたくは無かったけど。絶対に彼女の思うような全額は出ないから。

全く・・今度から事故があったときはどこでも警察を呼ぶべきだね。面倒だからね。

元夫が電話してきたので事のいきさつを話したら『じゃ自分も電話して置くから』と・・駄目押しか。。
苦笑

ロシア人マフィアに殺されないように気をつけなきゃ。。汗
来週の水曜日から夏休みに入るバイエルン地方。ドイツの中では最後に夏休みに入るわけなんだけれど、光ちゃんのクラスは月曜日にすでに教科書は学校に返却してしまったわけで。。(ドイツでは教科書は借りるから)

1週間と2日何をするのか?分からん。。

一応たまに『ねえ・・学校で何してるの?』と聞いてみるが。
『う~~ん。。話してるだけ』だそうで。。この無意味な1週間と2日間早めに夏休みにしてしまえば良いのに戸も思うけれど、きっとそれはそれでまたその前の1週間以上はこうして過ごすんだろうから。一緒だな。苦笑。

そんな訳だから、勿論宿題も無きゃテストも無い。勿論勉強なんてするはずは無い。夏休みは学期の終わりだから宿題も無いしね。思い切り夏休みを楽しめるわけだ。ドイツの子供うらやましいね~。



さてと・・・この前大怪我から九死に一生を得たAくん。
昨日から集中治療室を出て、怪我や骨折や傷口のリハビリをする病院へ転院したと昨日メールが来たよ。少し歩けるようにもなったらしく、親である友達の喜びが短いメールからでも伝わってきた。ただ気になっている左目はあまり思わしくなく、希望を捨てないで待ってみている所だそう。

でも、本当に若いってすごいね。良かった。まだ時間は掛かるだろうけれどがんばれよ~~。
2012.07.24 予防接種
忘れ掛けていた予防接種を思い出して久しぶりに小児科へ連れて行った。
ああーー。なんと大騒ぎか。。
『注射はまだ良いんだよなあ~~』と大口を叩いて行ったくせに。
いざとなったら大騒ぎ。そもそも、注射する瞬間なんて見ないで過ごせばすぐに終わるものを、より目にしてまでも注射器を刺される腕を見てるんだから。。もう始末に終えないとはこの事。
あのさー。もう11歳なんだから大人が3人で押えなきゃいけないなんて事態になるのは止めてくれよ。
このお医者さんとはもう赤ちゃんの時からの付き合いだし、お嬢さんとは同じ小学校のクラスだったからよーーくしっているんだけど。
ああ・・本当にうんざりだわ。忘れていたもう一本もついでにやったので両腕。
左腕の時には『あんた冗談でそう言う事してるんでしょ?』って、思うほど逃げた。押えてなきゃベットを飛び降りそうな勢いで。。
私は本気で”じょうだんよね。。”って思ったんだけど。。どうやら本気で逃げようとしていたみたい。
全く・・気の小さな男だこと。。次回は2017年と2022年と言う事なので・・その時は勿論一人で行ってくれるだろうな。。ついでにもう小児科ではなく。。

月曜日はもっと酷い事が起こるので今からずーーーーっと
『あああーーー。月曜日は血液を抜くんだ。。。あああーーー嫌だーーー』といい続けている。

さて・・それまで私の神経が持つといいが。。

いくら抵抗しても1年に1回はこの検査をしなきゃいけないわけだからね。まったく・・往生際の悪い奴。
2012.07.17 目が覚めた
さっき、友達から連絡が来て、昏睡状態にしていた息子君、今日目を覚ましたらしい。
昏睡後の混乱からか、物凄い拒絶と攻撃的なんだ。。。と驚いていたけれど(きっとショックだったんだろうな。。)お医者さんいわくはこれは普通の反応だから。とのこと。
でも、本当に良かった。あのままだったらみんなが可哀想だもの。
がんばったね。これからはまた戦いだろうけれど。若いんだものきっと乗り切ってくれるよね。
ああ・・本当に神様ありがとう。
今日は男の子ってのは・・と、思った事二つについて書くことにしてみた。

まずは・・前から良く『男の子ってのは本当に物凄く食べるわよね~~』なんてことを小耳に挟んでは居たけれど、今まではそれほどでもなかったので。

そうなのかあ~~~。程度にしか感じて居なかったんだけれど。。最近の光ちゃん、一日に何度お腹が空くんだろうか?????と、思う程
『あああ~~~・・お腹すいた・・何か食べるもの無い~~?』と言うようになった、以前はこれはつまり”お菓子を食べたいから言っている”の図式が当てはまっていた為に、この一言を言われても
『ちゃんとご飯食べないからお腹が空くなんだから!お菓子食べたくてもさっき食べたから駄目よ!』と、目を光らせていたんだけれど。。(笑)。

最近のはどうもそうじゃない。。。食べるもの!を食べたいのだ。お腹がポッコリ出ているので
『ちょっと!光ちゃん、そのお腹はやばいでしょ・・・』と一応言っては見るんだけれど、まあスポーツもやってるわけだしお腹が空いているわけだから仕方が無い。朝と休憩時間は軽食みたいなもんだからな。。お昼と夕食と、その間かその後かに食べているので・・一日何食食べているんだか??分からん。。

そんな勢いで食べられるもんだから、冷蔵庫から食べ物が減るのも驚くほど早い。

ひゃあーー、どうなっちゃうんだああああ~~~??まあ・・夏はみんな背が伸びるのでその前のたくわえと言う事で(思いたい)せっせと買い物に走るわけだ。。


と・・ここで男の子ってのは・・っていうもう一つのテーマ。と言うのは・・

実は先週末に私の友達から携帯メールが入った。たまたま、仲の良い友達が来ていて笑いながらこのメールを開いた顔が凍ったのが自分でも分かった。

『大変なことが起こってしまった、息子が今、意識不明の重体になり病院に入院しています。6メートルの高さからコンクリートの床に転落してしまいました。今、人工的に仮死状態になっています。』

何が起こったのか?一瞬理解できなかった。この友達の息子のAくんは17歳。一体何が起こったのか?分からないし、そもそもなんて返事を書けば良いのか?思いつかない。

『今、行こうか?何か手伝える事が有ったら言って』とメールを送ってみたが、返事が来ない。さてどうしたもんか??と悩んでいたら
『大丈夫・・だけど、もう物凄く疲れているのでもう寝ます。明日メールを書きます』と返事が来たので物凄く気になったけれど。そのままそっとして置いた。翌日には律儀な彼らしく詳細を書いたメールが来ていて。

何でも友達二人と一緒に、店だか会社だかの屋根に上っていてそこにあった天窓から6メートルしたのコンクリートの床に転落して、救急ヘリで病院に搬送され緊急手術を行ったそう。なぜそこにいたのか?なんてのは不明だけれど、とにかく、体中そこらじゅうの骨が骨折し、脾臓と肝臓と肺の損傷が酷く、中でも酷かった脾臓は摘出。

頭蓋骨骨折と顔面の損傷も酷く、左目の視神経がやられてしまった。肺の損傷から自呼吸が出来ないので人工呼吸器を使って人工的に仮死状態にしてある模様。

一番心配された脳は、転落時のショックが激しかったのだけれど、今の所は危険なほどは肥大していないので少しだけ生き延びる希望が出ている。しかし、これは様子を見るという状態。

事故が起こったのは木曜日で私に知らされたのは土曜日だから、すでに3日間経っているわけで。。この3日間親御さんの心労は大変なものだろうと察せられる。

そしてどうやら自発呼吸が出来る可能性が有るので、そろそろ人工的な仮死状態から覚める事が出来るかもしれない。。と、今日メールが来ていた。

どうか神様。まだ17歳のこの子を連れて行かないでください。彼には親に恩返しする役目があるんだから!本当にこんな馬鹿なことをしてー!と怒られなきゃいけないんだから。。
彼には後遺症が残るかもしれないけれど、それでも生きていることが大事なんだから。がんばれ!がんばって目を覚まして頂戴。

こういう事故は・・・本当に・・もう悲しい。