今日はメリッサのバースデーパーティに呼ばれた。
本当は、12月なんだけどね。何でも冬は子供が外で遊べないので夏にするんだとか・・・(良く分からない理由)
去年は、結局9月のパーティと12月の本当の誕生日とで2個もプレゼントを買う羽目になった。(苦笑)
今年は12月には家族だけでするので、誰も呼ばないとの話なので、奮発してプレゼントを買った。(それほどでもないんだけど)
パパ曰く『この発想は全く理解できない!典型的なアメリカ人の発想だ!』
他のドイツ人ご主人もみんな同じ意見で、パパは誰も来なかった。
ドイツじゃ一日でも早い日に誕生日を祝うのは不吉なんだとか・・だから、間違っても『会う機会が無いから早めに誕生日おめでとう!を言っておこう!』なんて事はしないそうだ。
日本ではそれほど重要じゃ無い大人の誕生日も、こちらじゃかなり重要でみんな家族や知り合いの誕生日には必ずお祝いの電話をする。
忘れよう物なら大騒ぎになって、酷くなると翌年の誕生日まで気まずい関係になる。(話がかなり脱線したけど。)
とにかく、メリッサの家に行く。
今日招待されていたのは、7ヶ月の子以外全部女の子だった。
砂場で遊びたがる光ちゃんに
『今日は駄目だからふたが閉まっているんでしょ?』と言った。
が!気がつくと女の子達が勝手に開けて遊んでいた。
『ママ?光ちゃんも行って良い?』と、光ちゃんが聞いた。
『うーーん。』ママはメリッサのママのクリスタの反応を見た。
『ああ!砂が散らばるのであけなかったんだけど、もう皆が開けちゃっているので良いわよ』と、クリスタは言った。
『光ちゃんも靴脱ぐよ~』と言って。嬉しそうに駆け出した。
が!!次の瞬間。
『駄目!場所が無いから!入っちゃ駄目!!』と言うメリッサの声が聞こえて、光ちゃん、悲しそうに戻ってきた。
『え?有るじゃない?』ママは思った。
『砂場にはもう1人分のスペースが開いているじゃない!!そんな意地悪しないで一緒に遊びなさい!』とクリスタは言ってくれた。
『これは全部私のよ!!触っちゃ駄目!!』今度は沢山あるシャベルを1人の子が占領して光ちゃんに貸してくれないようだ。
『ママ・・駄目だって・・』と、これまた光ちゃんが悲しそうにつぶやく。
この子のママは見ていない。
『意地悪ねええ!!』沢山抱えて離さないこの女の子にはママもチョット腹がたった。(大人げ無いんだけどね)
『貸してよ・・』光ちゃんが言うが、この子4個もシャベルやバケツを持ったままだ。
『駄目!これは全部私が使うんだから!』とこの子は言う。
『あのなあああ!!あなたには幾つ手があるんだ?』聞きたい気持ちを抑えて。
『光ちゃん、ここに有るこれを使って遊べば良いじゃないの?』と、代案を出したが。これまた横から取り上げる。
この意地悪娘!!!さすがに腹が立ってきた、チラッと見たがこの子のママはお話に夢中。そうなのよ!こういう子の母親っていつもこう!自分の子が何をしても見て居ない。
『光ちゃん!こんな意地悪娘のところに居ないで帰ろうよ』と、ママは言う。(もうウンザリしてきたので、パパに電話して迎えに来てもらおう。)
『帰らないよ・・』光ちゃん、ここまで何も貸してもらえなくてもここに居たいらしい。
光ちゃんは、最近は力で何かを取ろうという事はしなくなった。
『光ちゃんは男の子だから、力が強いけど、女の子は弱いんだから(一概には言えないけど)いじめちゃ駄目よ!』と、ママが何度も怒った成果か?
とにかく、どうしたら良いのか?手をこまねいている状況になってしまった。でも、ハッキリ言ってママにもどうすりゃ良いのか分からないんだけどね。
(きっと幼稚園で学ぶだろう!と思っている)
でも、こういう状況を見ると、ママは介入しないで泣こうがわめこうが放って置いた方が良いのかもしれない。
でもさあ、お互いに悪くても、女の子は絶対に泣くのよね。そうなると、相手のママの手前、ママは光ちゃんを怒らなきゃならないしね・・。これまた可哀想だしね。
とにかく、早く男の子のお友達出来ると良いな。
そうすれば、少し位の争い事も放って置けるんだけどなあ。
とにかく、女の子はこの年でもすでに手ごわいぞ!
hashiru

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/10-41bae67f