幼稚園から帰って来た光ちゃんに今日の出来事を聞いていたときに、ママが名前を思い出せない女の子が居た。

ママ『ええ~っとさあ・・誰だっけ?あの女の子。物凄く綺麗なママが居る子。え~っと。光ちゃんの柔道の所でバレエやってる・・あの可愛い子。

光ちゃん『へえ??可愛い子?誰だ?忘れた・・』と言う。

ママ『ほらあ~。すごく綺麗なママが居るじゃないの?でさ・・あの女の子、手足が長くて顔も小さくて~いかにも”バレリーナって感じで。う~んと。髪の毛が金髪で~。ほらあ!!あ!にこるちゃんよ

と言うと、光ちゃん

『にこる?あ~あの子ねえ。この前誰かがさ、にこるに”お前はまたいつもみたいに、自分が一番綺麗じゃなきゃいけない!って思ってるんだろ?”って言っていたよ』だって。

へええ~!!5歳~6歳の女の子で、もうそんな事考えるのかあ!!!それに気が付く5歳~6歳の男の子。これまたすごい。

考えてみれば自分が5歳の時。そんな事考えていたかなあ??居ないな。

せいぜい、親が居ない時間にちゃぶ台(!)の上に乗っかって、縄跳びの綱をマイク代わりに1人で歌っていた位だな・・

時代は変ったんだな。

しかし、にこるちゃんのママこそ、『私は美人』と全身で言っているような女性なんだよね。彼女がニコヤカに口を開けて笑った顔を見た事が無い。

もしや・・入れ歯か?(なぜ?そういう展開になる?)

朝の挨拶も前は無かったし。あまりにこっちが言うもんだから、最近はニコリともしないで口の片方だけ上げて(多分、彼女にしてはこれは私に見せる最大の笑顔。)『おはよう』と言う。しかも、声を出さずに・・

にこるのパパはママとは正反対で、なんとも人当たりの良さそうな気の弱そうなパパなのになあ。いやはや。夫婦と言うのは上手く出来ています。

しかし、私も1週間で良いからあんな若くて綺麗な姿に変わって見たいもんだ。

 

で??なんぜ?にこるの話になったんだっけ??忘れちゃった。

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1013-8f28c65a