さっきの日記を書き終えてすぐに光ちゃんが泣き出した。何事かと思って駆けつけたら

『耳が~!!!!耳が痛い~!!!』ってもう大泣きし始めた。そんなにすごい勢いで咳をしていたら中耳炎になるよ。って言っていたのに・・・やっぱり、なったか!?

友達とクリスマス会に出かけたパパが車に乗っていってしまっているし、この前捨てろとうるさかったので、ちょっと前の痛み止めをすべて捨ててしまって。何も無い・・・

痛がっている光ちゃんを残して買いにも行けないので、パパの携帯電話に電話したら・・つかえねー。掛からないじゃん!!!

でも、呼び出し音はなるので・・しつこくかけ続けたら。大音響の中。

『なんだよ!?』って出た。耳が痛いと泣いていると言うとしぶしぶ戻ってきた。

もう、光ちゃんは泣きっぱなし。普段はあまり泣かないのでかなり痛いんだと思う。ここでパパが”救急のセンター”に電話した。色々聞かれて、当番の小児科の電話番号を教えられる。ここですでにパパ切れ気味・

それでも、言われた電話に電話した・・。なんと!!!留守番電話・・しかも、『本日の診察は終了しました』だと・・・

パパは電話を叩き切って、再度さっきのセンターに電話。もうこおでかなりけんか腰になっている。パパはただでもけんか腰に話すので・・相手も気分を害して

『あなた!何がしたいんですか?』と来たもんだ・・

おいおい・・・子供が痛がって泣いているってのに・・何がしたいって・・・言い草もどうよ?!挙句の果てに、さっき教えた小児科に電話しろの一点張り。

『だから!かけたのに。留守番電話で切れるのはどういうことなんだ!』といい続けたら・・

『じゃ・・相手からかけさせます』だって・・馬鹿じゃないの?電話は通じないって言っているだろうが・・・。

『もういい加減にしろ!そのこ総合病院には行っちゃいけないのか?』と聞いたら。小児科はいないけど行きたければどうぞ。見たいな返事・・・。

そうなの??そんなもんなわけ???

そこで・・今度は泣いている光ちゃんを連れて行ったら。

『付き添いは一人だけ来てください』という。パパが

『僕はいつも一緒に居ないから分からないんだ。母親がいつも一緒だから。でも、彼女はあまりドイツ語が分からないからね。一緒に連れて行くから』と言った。すると、この担当者のジジイ。

『一人だって言っただろう?え?ドイツ語が分からないだって?け!!』と言いやがった。ここでかなり私も気分が悪くなってきた。どうやら彼は医者じゃなくて医者に通す前の助手だったようだ。

しかし、部屋に入った途端。

『大体、まず小児科に電話しましたか?』と言い出した。ここでしたのだからそのまま話せばいいのに、パパは

『小児科?そんなもん。昨日出かけたけれど、そのときは何とも無かったんだ!』と言う。あの・・ちょっと他人の話聞いてます???って思ったんだけど・・・すると・・この担当者、ムッとして

『そもそも、まず担当の小児科に電話してから来るのが筋なんだ!ここじゃ何も出来ないからね』だと抜かし始めた。ついでに、プイっと出て行ってしまった・・・・

はあ???どうなっているんですか?その横で光ちゃんは泣くし・・・挙句・・

『これ使うかい??』とゲロを入れるような入れ物を持って、顔のそこいら中に痣やら腫れやらを作っているおじいさんが入ってきた。

『いらないよ・・耳が痛いだけだからね・・』とパパがイライラと言うと、このおじいさん

『俺なんてさっきからずっとここに入れられているのに、いつまで待っても誰も来ないんだ。どうなっちゃっているんだ??』と言い出した。それを聞いたパパは怒りまくってどこかに行っちゃった。

『痛いよおおお・・・・』光ちゃんはまた泣き出すし。おじいさんも居るし。医者は来ないし。パパは居ないし・・・どうすりゃいいんだよ????と、廊下に出たら。実は隣の部屋に居たさっきの担当者のジジイが、ものすごい勢いで飛んできて。

『なんで?勝手に部屋を出るんだ!!!うろうろされちゃ困るんだ』って怒られちゃったよ・・・なんだよ??すると、さっき飛び出して他の医者や看護婦を捕まえて文句を言っていたパパが戻ってきて。

『誰も来ないし、子供が痛がっているのにこのままいつまで待てばいいんだよ!』と言い出した。

『医者が来るからここで待っていてくださいと言ったはずだ!』だけ言ってドア閉められちゃったよ・・大体さ・・それなら自分が部屋出て行くときに閉めていけよ!

まあ・・確かにどんな病気の人が居るのか分からないからウロウロしないほうが良い訳なんだけどねえ・・・。後で冷静になれば分かるだけど。医者が本当に来るのか?先に待っているおじいさんはもう30分も誰も来ないって言うし。光ちゃんは痛がって泣くし・・。こっちもテンパッテしまったわけよね・・

ここでやっとお医者さんが登場。しかし、私は彼女の名前に前に

研修医って書いてあったのを見逃しては居ませんが・・・まあ・・医者の医が付いているだけマシでしょうか・・・。

と思っていたら。じゃ耳を見ましょうねえ。という話に・・いやはや。痛がってからもう1時間以上は経過しているよ。

お!ここに居るのは~!光ちゃんじゃないか~!

おおーーーーーーーー!!!誰が登場したのかと思ったら・・なんと!!!

ラファエロのパパだ!!!!

ラファエロのパパはここの病院の助手をやっているとは聞いて居たが・・。どこから聞きつけてきたのか??さっきの愛想の悪いジジイじゃなくてラファエロのパパが来てくれた。今日はどうやら夜勤で働いていたんだねえ~。

『この子はさ~。息子の幼稚園の時の友達なんだよ!』 とお医者さんに話してどっしりと光ちゃんの隣に座ってくれた。

そこで耳の検査もラファエロのパパは隣に座って光ちゃんの手を握ってくれたし、熱も測ってくれて。

最後に『ここはさ・・小児科の救急じゃ無いから、薬が無いんだよなあ・・』と言いながらも、どこからか?子供用の座薬の痛み止めを持ってきてくれて。あいにく抗生物質の子供用が無かったんだが・・(これって・・どんな総合病院よ???)。

中耳炎の特効薬。たまねぎのみじん切りを熱してガーゼに包んで耳に当てる方法。を伝授してくれた。

最後には親切にも他の患者さんをこれまた放置して。救急車の出入り口のドアまで開けてくれた。

『お大事にねえ~!!またラファエロ連れて遊びにいくよ~!!』だって。

まあ・・・最悪だったけど。ラファエロのパパが居たから良かったか・・。でも、今夜あまりにも痛くなったらこの前入院した遠い町の子供病院まで行かなきゃ行けないらしい・・。

今は幸い、さっきの座薬の痛み止めが効いたようで寝ているけれど・・・切れたらまた痛み出すんだよね??だって・・抗生物質貰っていないわけだものね。それに、明日は耳鼻科の救急に行ってくださいと言われたし。

参った・・・やっぱり無理させちゃったんだな・・・。日曜日はサッカーのクリスマス会なんだけど。いけるかな・・。

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1029-082fa696