今日のサッカーのトレーニングで光ちゃんは思う存分、ゴールキーパーをさせてもらえたそうだ。

練習後迎えに行ったら光ちゃん満足そうに、ママの目の前でトレーナーを捕まえて

『今日の僕のゴールキーパーぶりはどうだった?ママに話して』と言う。トレーナーは

『そうそう!今日はね。光ちゃんはキーパーをやったんだよ。がんばった!がんばった!』と言ってくれた。もう一人のお手伝いのトレーナー(これはチームメートのママ)も

『そうよ。がんばったんだよねこのままがんばってね』と言う。

『光ちゃん、今日は練習の試合で2回もキーパーだったんだがんばったんだ~~~と満足そうに話していた。

あ・・・そうなんだ・・・。君の目指すところは・・ミヒャエルバラックではなく、オリバーカーンなのか・・・ママはフィールドを駆け回る光ちゃんを見たいんだが・・。ゴールにぶら下がっている光ちゃんを見るのか・・・。

まあ・・・何はともあれ楽しかったようで良かった。良かった。そのままがんばれよ~~~!

その後・・昼過ぎから暇だった光ちゃんとママなんだけど・・。実は昨日、ラファエロがパパと現れて、今月末にラファエロの誕生日会をするので来て欲しいと、招待状だけ届けてくれた。

もう、光ちゃんはプレゼントを買いたくて仕方が無い。まだまだ日数はあるんだけど。そこでママは、チョット意地悪な提案をしてみた。

『ねえねえ・・ラファエロのプレゼントはさ、光ちゃんのお小遣いから買ってくれないかなあ?光ちゃんのお友達なんだもの!』とママが言うと、光ちゃん

『ええ!!!嫌だよおお・・光ちゃんそんなにお小遣いないもん・・・』と言いながらお財布を持ってきた。

『え~~っと・・』光ちゃん中身を引っ張り出すと。12ユーロ40セント入っていた。

『ほら・・・これだけしかないよ・・・これじゃ買えないよ・・・』と言うので。

『お友達の誕生日会なんだもん。そのお金で充分だよ。そんなに高いものは持って行かなくて良いんだから』とママが言ったら、光ちゃんその中から大事そうに10ユーロ札を分けてママに

『じゃあ。このお金でラファエロにプレゼントを買ってあげよう僕の一番の友達だもの。何か良い物買えるかな?』と言う。

『10ユーロもあればきっと何か良い物が買えるよ』なんだかママはうれしくなったよ。

お金の価値があまり分かっていないとは言え、それでも、自分のお小遣いでお友達にプレゼントを買ってあげよう。って思える事がね。

結局、気持ちだけ汲んで。もちろん、ママがお金は出してやったんだけど。一生懸命選んで工作キットみたいのを買ってあげた。ラファエロが喜ぶと良いね

 

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1055-ddbbddf7