いつも関心するんだけれど・・・こんなに偏食なママからよくもこんなに何でも食べる子が産まれた来たもんだ!!!と思う。

これは、幼稚園に助けられている部分が多いわけだ。つまり、家で出さなくても幼稚園で出してくれるので試して食べてくれるわけね。

実はママは生野菜が苦手。少しでも茹でるとか焼くとかすれば食べられるんだけれど。ど~~しても、緑の匂いがダメ。

ところが、ドイツはおやつ代わりにキュウリやニンジンや赤いパプリカなんかのスティックを食べさせる。今までそんなものを食べさせなかったのだが。

幼稚園さまさまあ~~~~~!!!

こんなものはバリバリと食べてくれるわけ。

もし、光ちゃんの幼稚園が”お弁当持参”だったら、食べなかっただろうなあ。しかし、光ちゃんの幼稚園”朝食ビュッフェ”などと言うお洒落なシステムがあって。他の幼稚園にありがちな”お弁当持参”なんてのが無くなったわけね。まあ・・正確にはこれは”おやつ持参”みたいな感じだったけど。(もちろん、御菓子じゃなくてパンやハムや果物だけど)

昼食は近くの病院から栄養の計算された暖かい昼ごはん。なんてのも注文できるんだけど。

仕事をしている親には全く持ってありがたいシステム。

光ちゃんは昼ごはんは頼まないんだけど。朝からこの”朝食ビュッフェ”がお昼まであり。ここで色々食べてくる。

昨日はみかんをガブガブと3個も平らげた。いやあ~~。えらいねえ~~。皮剥いただけで中の白い繊維なんて気にしないでバクバク食べる。りんごだって皮ごとガブリ手間が掛からなくて良い。

光ちゃんは、今まで食べたことの無いものも何でも”とりあえず試して食べてみる”その後、”これはダメえ~~~~”と言うのも納豆のように出てくるんだけど。これは良いと思う。食べず嫌いじゃないわけだからね。

何でも食べる。これは、本当に褒めてあげなきゃ!って思うわ。

 

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1065-c037155e