この前、5年ぶりにママの友達に連絡がついた。その時に、光ちゃんのペンちゃんをつれて帰ってきた日の話をした。

どうやら彼女、その話がとっても気に入ってくれたようで。

なんと!今日、オーストラリアから小包が届いた。中を開けたら。

penginなんとまあ!可愛いフェアリーペンギンが入っていた。

中の手紙に。

『あの話。私好きだわ~そこでお土産やさんには可愛い子が居るはず!と、思って行ったら、いたので贈ります。光ちゃんの新しいお友達にしてくれると嬉しいです』

って。

ちょうど、幼稚園に迎えに行く時間だったので。その子をバッグに入れて迎えに行った。

『あれ~~?何かママのバッグから覗いているよ~~』と、光ちゃんは目ざとく見つけた。

『この子はママのお友達の居るオーストラリアから今日飛行機に乗ってきたのよ~~』と言うと。
『へえ~~~!!!そうなんだあ~~~!!』と嬉しそうに言った。

『名前を付けてあげようか・・』と言うと。光ちゃんすぐに
『この子はP(ピー)ちゃんpenginにしよ~~っと』と言う。

ふ~~ん。ペンちゃんとP(ピー)ちゃんか・・まあ・・いっか。(後でくっついた説明書を見たら。なんと!この子の名前はPhilipだった!だからPちゃんで良かったんだ!)

早速、家に戻ったら。急いでペンちゃんのところに言って何か言っている。聞いていると

『ペンpenginちゃん。この子はPpenginちゃん』
『Ppenginちゃん。この子はペンpenginちゃん』

とお互いを紹介していた・・・

どうやら、すでに二匹はお友達になった模様。

penginp



6歳男児・・・こんなんで良いのだろうか?と、少々不安になるんだけれど

まあ・・・こんな時期もきっともう長くは無いと思うので。いっか。



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1138-e83b4d80