昨日食べ過ぎたし、今日は誰も来ないし、暑いし。暇なので。

光ちゃんと自転車でいつものアイスデート光ちゃんはお気に入りのストロベリーとパイナップルのジェラート。(意外に冒険しないんだな・・こいつ。)ママはいつもと違うレモン味の(でもレモンジェラートじゃ無い)、とラズベリーを頼んだら・・

ラズベリーのとなりのヨーグルトのジェラートが乗せられた。でも、言うの面倒だしそれにしたら・・なんと!!な~~んと!!!レモンの味のジェラートに不信物発見!!!

それは!!!なんと!!

なぜか?もげた蜂の足3本!!!

一気に食べる気失った・・・

と言いつつ・・スプーンでほじくって捨てて残りは食べたが・・。

素朴な疑問が・・・

あの足を3本失った蜂の胴体はどこにあるんだろうか・・・・

まあ・・・夏になると普通にパン屋のガラスケースの中には蜂やハエば飛んでいて、下手すれば、そんなものまでくっ付いて売られる事になるドイツだから・・

アイスの中に蜂の足3本くらいじゃ誰も驚かないんだろうが・・・

ドイツにすでに8年も住んでいる私は、こういう事態にはまだ全然なれない・・・と言うか・・慣れたくは無い・・・

隣で食べている光ちゃんを見ながら、いろいろと頭の中を駆け巡って居たんだけど。

のろい・・

光ちゃん実にのろい・・・

あ・・のろい・・って呪いじゃないのよ・・

食べるのが鈍いわけ。

最後にはドロドロになったジェラートを飲み干して

ああ~~美味しかった

そうそう、この鈍い光ちゃんが食べているときに近所に住んでいるのであろう男の子が何度もアイスクリーム屋さんに見に来ていた時の友達との会話。

少年A『アイス食べたいよね

少年B『食べたい

少年A『アイス買ってくれるかどうか聞いてこようっと』と言って急いで家に戻っていった模様。少ししてまたこの二人戻ってきて

少年A『アイス食べたいよね・・

少年B『食べたい

少年A『もしかして、僕、さっき聞き間違えたのかもしれないから。もう一回聞いて来ようっと~~』どうやら一回目はパパやママに駄目って言われたみたいなんだけど。

この“聞き間違えたのかもしれないから”ってフレーズに妙に笑ってしまった。

聞き間違えって・・・こんなに沢山に人が食べているんだから、自分のパパやママが買ってくれないはずは無いって事なんだろうか??

そして、数分後にこの少年Aは見事に家族で一緒に来てアイスを買ってもらっていた。良かったね。

こういうの見るとやっぱり子供ってかわいいな。って思う。

 

さて・・・光ちゃんとママは家に戻って・・何をしようか???と思ったんだけど。

夕飯の支度でもするかなあ~~。とジャガイモの皮むきを始めたら。

『光ちゃんもする~~~』と・・左利きの光ちゃんには右利き用の皮むきナイフは使いづらいんだけど。相当暇と見えて手伝いを志願してきた。

結局、ベーコンをいためたり。キュウリを切ったり。たまねぎを水にさらしたり。ジャガイモゆでたり。最後の味付けまで、光ちゃんがやってくれて。(もちろん、危ないところや用意はしましたけど・・)

光ちゃん特製ジャガイモサラダ~~

光ちゃん特製トマトサラダ~~~

見事に2品完成~~

これにBBQの肉で夕飯になりました。

光ちゃんは

『これは僕が作ったんだよねえ~~』と大満足で食べました。

ふう~~。美味しかった。ごちそうさまあ~~~

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1152-75bde607