FC2ブログ

学校に行きだしてから(決してオヤツと言えない)軽食を持っていっている光ちゃんの話は前も書いたんだけど。

今まで数回

『今日はね~。おなかが痛いって言ったJuliaちゃんにリンゴをあげたんだ』とか、

『アレックスが2回目の休憩には食べるものが何も無くなったので、光ちゃんのサンドイッチをちょっと分けてあげたんだ』とか。言っていて。

『え?なんで?』と言う場面が数回あった。

Juliaの件は先生が『Juliaはおなかが痛いので誰かリンゴを持っていたらあげてくれな~~いい?リンゴはお腹に良いから』と言ったのであげたらしい。

そして、今日は

『エネに2個のサンドイッチのうちのまるまる一個上げたんだ』と言う。いくらなんでもあげすぎなんじゃない??って思ったので

『なんで?エネ?聞いたこと無い子だけど・・なんで?あげたの?』と聞いたら。

『だってさ、エネは今日お弁当を忘れたんだ。飲み物も無かったけど・・・これは光ちゃん余分にないからあげなかったけど・・・あ!でも、飲み物は売っているんだ』と言う。

『あら?そうだったの・・・先生がみんなに言ったの?エネにあげてって?』と聞くと、

『違うよ。最近は、食べる時間はみんなホールに行かなきゃ行けないの。そこにみんな食べ物持ってくるんだけど。エネは何も持っていなかったから・・・』と言う。

どうやら光ちゃん、エネが何も持っていなかったので、気の毒になって自分のサンドイッチを一個分けてあげたようだ。

『そうか・・じゃあ、光ちゃん足りなくなっちゃったんじゃない?』と聞いてみると。

『でも、もう一個サンドイッチあったし、ブドウもリンゴも有ったから大丈夫だったよ』と言った。

別にそれが何の特別な行動でも無さそうに話す光ちゃんにママはかなり関心した。

他の子は誰もあげなかったらしい。それでも、光ちゃんは

『ほら!聖マーティンもそうだったじゃない。自分の持っているものを無い人にあげたでしょ?』と言う。

おおおーー。君はいつから聖人をめざすようになったんだ?!

いざ、光ちゃんが持っていなかったときに誰かくれるか?と言うのはかなり疑わしいんだけどさ。そういうことに何も疑問を感じないで、さらっとそんなに仲良しでもない子に手を差し伸べてあげられる光ちゃんって、すごいと思う。

親ばかだけどね。

しかしですね・・・このエネちゃん・・もしかしてイスラム教の子ではありませんか・・・?そうだったら・・・光ちゃんのハム入りのサンドイッチは食べてはいけなかったのではないか?と・・・・ついでに、このエネちゃん。

『あなたのママのサンドイッチ、ラップが剥がれなくて・・・はがすの大変だった』と言ったそうです・・・

それなら食うな!と私なら思ったでしょう・・・

こんな心の狭いママはいつまでたっても聖人にはなれそうにもありません・・・

冗談はさておき・・・生意気だけど・・・やさしい心も育っているようで。なるべく長い間こんな心を持ち続けて欲しいなあ。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/1231-42869abe