『この前何か有りましたか?この子が急に行きたく無いと言い出したので気になって・・』ママは思い切って先生に言ってみた。
『う~ん?別に何も無かったけれど?』先生は言った。

『そうですか・・でも、お友達と遊びたかったのに、あっちに行け!って言われたと悲しそうに話したんですが・・』と、ママが言うと。
『ん?誰?』と、先生はママに聞いた。
『何でもマキシミリアンと一緒に遊びたかったらしいんですが・・』と、彼の名前を出してみた。
『あ~・・ありえるわねえ・・』先生は変に納得した様子だった。

まあ、ママがそんな話をすれば先生も今日は注意してみているだろう。と思ったので話した。

幼稚園終了後・・

『今日はどうでしたか?』と、聞いてみた。

『今日は、片付けもキチンとして、すごくいい子でしたよ。
最近は、言葉も分かってきたようだし、本を読んであげてもキチンと聞いているし。前に比べればずっと良くなったわ!まあ、ただ小さい子は3人で遊ぶのは難しいので、その辺はあまり改善していないけれどね。』と、先生は光ちゃんを褒めた。

ママはちょっと気になっていたのでオマに言われた事を聞いた。
『実は、私はそんな事思わないんですが・・義母がこの子は多動症じゃないか?って言うんですが・・』と言うと、先生はすぐに
『それは無いと思います。彼は、物凄いエネルギーを持っているので、それを発散できないだけだと思うし、大きな声ではしゃぐのも彼の性格だと思うわ。多動症なんて事は、絶対に無いと思いますよ』と言った。

『良かった!』ママは素直に喜んだ。

『でも、今、反抗期で言う事聞かないでしょ?』と先生が言った。
『そうです・・』ママは言うと。
『大変でしょお?想像つくわ!私の言う事も全然聞かないことが有ってね・・でも、そのたびに言い聞かせると直すので、お家でも根気良くだめな事は駄目と言うようにした方が良いですよ』と先生が言った。

そっか・・やっぱり、先生も手を焼くほど光ちゃんは反抗期真っ只中なんだなあ・・(苦笑)

『あと・・この子、誰かを叩いたりしていませんか?家では友達を絶対に叩いてはいけない!とキツク言っているんですが』と言うと、先生は
『それは絶対にしないわよ。お母さんがキチンと教えているな・・って思っていたんです』と言ってくれた。

『そうか!良かった!』ママの居ないところでしていたら、ママはかなり落ち込む所だったので、嬉しくなった。

『でも、このエネルギーを発散させてあげないといけないので、体操教室なんかに通うと良いですよ』と、先生は言った。

『そうですよね・・探しているんですが、近所には無いんですよね・・私は車の運転できないし・・』と言うと、先生も
『そうねえ・・毎回バスで行くのは大変ですもんね、だったら、沢山散歩すれば良いのよ!』と言った。

そうかあ・・散歩かあ・・ママの苦手な分野だな。
でも、この体力を発散させるには、それしかなさそうだ。
天気の良い日は、なるべく散歩させるか・・

でも、ママは今日、思い切って先生と話して良かったと思った。どうやら、光ちゃん、ママが思っているよりもがんばっているようだ!

今日は、クリスマスパーティの写真を持って行って、他のお母さんに焼き増しは要らないかどうか?聞いたので、来ていた全部のお母さんと話した。(ま、どれが欲しいか?と言う事だけだったけどね・・)
これは、ママにとっては大変勇気のいることだった。
だって、いつもママは誰も話してくれないので、かなり憂鬱な気分だった。

ついでに、お隣の荷物を郵便屋さんから預かっていたので、夕方、お隣が戻った頃に持って行って、初めて顔をあわせた。(この前、引っ越してきたばっかり)
別に、それが何?と言われちゃえばそれまでなんだが・・
『こいつが隣に住んでいるアジア人と息子か・・』と思ったかもしれないが、お隣も1歳半の男の子が居るので、見てみたかった。

今日は、そんなわけで、沢山のドイツ人と話した。(いつもは殆ど誰とも話さないので・・)

いつも、ママが光ちゃんに
『ママもがんばるから、光ちゃんもがんばれ!がんばれ!』と言うと、光ちゃんは
『ママは何をがんばるの?』と聞いていた。
だからね、今日はママもがんばったんだ~!

こんな日は滅多に無いのは分かっているが・・今日は、大変気分が良い!
明日は、良い日になりそうな気分になれる。

また、がんばろうねえ~!!
Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/136-0cc7dbad