FC2ブログ
2004.02.13 混乱の一日
バチッ!!』朝、光ちゃんがママの制止も聞かずに、居間の電気のスイッチを入れた。そして・・切れた・・・
暗黒の世界になってしまった・・・・

もう。。だから、勝手に入れてはいけないって言ったじゃないのお・・どうするのよ・・』ママは光ちゃんに言った。

そう・・居間の電気のスイッチは、この所何度も中のヒューズが飛んでしまう。
家のどこかにあるブレーカーなら、上げれば良いが、スイッチの中のヒューズが飛ぶ(想像つきます?)と、壁についているスイッチを取り外して、壁から出ている配線コードまでむき出しにしなきゃない。
こういうの嫌いじゃ無いんだけど、出来無いのよ。

『仕方が無い・・確かここに予備のヒューズがあったと思う。』この前、パパが買い置きしておいたヒューズが有った。

『ん?ブレーカー落とさなきゃ危ないよね?』と、ママが居間のブレーカーを落とした。
あ!電話も切れた・・』ママは知らなかったんだが・・最近は、電話も電気が必要なのか・・。
全く、天災に見舞われたようだな・・。

ママ?真っ暗だよ・・・』光ちゃんは自分の工具を出して言う。
『そりゃそうだよ!光ちゃんがママの制止も聞かないで、一気にバチッとスイッチ入れたから、電源が壊れちゃったんだからさ!』ママはイライラして言う。

ヒューズはどうにか替えて、電気を入れてみる。
あ!点いたよおお~♪』光ちゃんの歓声が上がる。

と・言っていたのもつかの間・・・

ママは2度と壁の穴に配線とスイッチを戻す事は出来なかった。
『何でだろう?こうかなあ?』やっているうちに、どうも、配線コードの一本を切ってしまったらしい。

あああああ!!!冬でただでも暗いのに!!パパが戻ってくるまでまだ1週間以上有る!その期間、この暗黒の中で、食事したりするのかああああああ!!!』ママは絶望的になった。

がねえーー。救ってくれる人を見つけ出した。

旦那の友達のチャーリーだ。

『あ!彼なら近所だし、もう仕事して居ないし、家に居るかも・・』と思い出して電話してみた。

居た!!彼は、夕方に来てくれると言った。

ママ一安心で、配線も出ていて危ないので、光ちゃんを連れて買い物に行った。

『そうそう!あのヒューズも買い足しておこう』と思って有りそうな店に行った。

担当者が来るまで20分も待った挙句・・
が!!!なんと!!あっさりと
『あ!それは売り切れ!もうないよ』と言う。聞いても
『再入荷?多分ねえ・・今週末かなあ・・。分からないな』
『何処か他で売っている所は知りませんか?』と、ママわらにもすがる気持ちで聞くが。
『さあー。知らないなあ』
と言って行ってしまった。
こいつ・・電気の無い生活を週間もしろっていうのか?
首絞めたろか?

次の店に行く。

『あああ!!これはねえ・・品切れになっているんですよ・・入荷は2週間後だなあ・・』と、今度は若いお兄ちゃんが気の毒そうに言う。

え!!!2週間・・居間の電気が点かない・・』悲嘆にくれていたら、そのお兄ちゃん
『タイプは違うんだけど、これでどうにかなるかもしれないから・・』と、別のヒューズを出してくれた。
『あ!ありがとう!いくらですか?』と聞くと。
『いいよ!ただで!』といってくれた。
なんて優しいのかしらねえ?薬局のお兄ちゃんの次に、この人がママは気に入った。(気の多いママです・・)

そんなわけで、買い物も無事済ませて、家に戻り。チャーリーを待った。

それがねえ・・・なんと!ヒューズとかの問題じゃなくてねえ(ヒューズもショートしていたが)、スイッチ本体までも壊してしまったらしいのよねえ。
結局、チャーリーは新しいスイッチを買ってきてくれて直してくれた。

ママが壊したのかなあ?

『光ちゃんが電気もテレビも壊しちゃったんだよねえ・・』と、隣で光ちゃん呟く・・
あ!そうだった。朝の混乱の中、ママはテレビの電源も切っておいたんだったね。

『プチッ』テレビをつけてあげた。

おおおお!!チャーリーテレビも直してくれたんだねえ♪』光ちゃんは言った。

はあ・・疲れた。今日は混乱の一日だった。

・・ってな訳で、日記の更新もしないまま・・パソコンの電源もそのまま寝ちゃいました。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/165-83169649