FC2ブログ
2004.02.17 初体験!
今日は前から話していたスケートに行ってきた!
やっと、サイズの合う靴を貸してもらえる人が見つかった。

生憎、ファッシングパーティ(カーニバル)の為、普段来て居ない子供達が一杯だったが・・

初めてのスケート靴を履かせてもらった光ちゃんは、無口。
緊張が伝わってくる。

勿論、初めから滑れるわけは無いのでつかまって滑れる人形の《ペンギン》を借りる。

なんと!1時間。光ちゃんは、転んだり、ぶつかったりしながらも、がんばった!

『ママ!がんばれ~!って応援してよ!』と、たまにリンクサイドに居るママの所に来る。
『がんばれーー!』ママが言うと、満足そうに、へっぴり腰ながらも、ペンギンにつかまって歩いていく。
ママの顔をたまに見ると、安心したかのように、また真剣な顔をして、回りなんて目に入らないかのごとく、《ペンギン》につかまって、どこかに歩いていく。
みんなの流れに逆らおうが、《ペンギン》のすべる方へ、わき目も降らずに行ってしまう。

幸い、他の子達は、みんなマイシューズを持っているくらいだから、上手いので、《ペンギン》連れの光ちゃんが来れば、避けて通ってくれる。

あまりに転がるので、ちょっとだけ、年の上そうな女の子が光ちゃんに付きっ切りで《ペンギン》を引っ張って助けてくれる。
彼女は、自分でも滑れそうだが、彼女も光ちゃんと同じペンギンを押しているので、二人で居るとなんとも、可愛い。

二匹の《ペンギン》がこっちに向かってくる。

『ママ~』ママに余裕の笑顔を見せた途端に
『ドテッ』と、転がるが、彼女が光ちゃんの洋服をつかんで立たせてくれる。

コーチのおじさんが、『彼がんばっているねえ~。今度は、自転車に乗るときのヘルメットと手を守るために厚手のグローブを持って来て下さいね』と、言っていた。
なかなか、このおじさんも優しそうだ。

『なんか、良い感じだぞ!!』ママは思った。

1時間があっという間に過ぎて、終わってしまった。

『彼なかなか良さそうね』靴を貸してくれたカナダ人の女性が言う。
『駄目な子は、始めの1時間は泣き通して、絶対にやりたがらないんだけど、光ちゃんはがんばっていたじゃない?』と言ってくれた。

『まだ帰らないのおおおお!!』光ちゃんの号泣が始まったが、みんな帰ってしまったので、諦める。
『ママ!また来る?また来たいよ!!』と光ちゃんは言った。
『面白かった?恐くなかった?』ママが聞くと。
『恐かったよ・・でも、楽しかったよ~!はあ~!おなかが空いた!!!』光ちゃんは言った。

光ちゃんが『おなかが空いた』なんて言うのは久しぶりだ。
(御菓子を食べたい時以外はねえ・・余り言わない)

夕飯も自分でパクパク食べた。

『良かったねえ~。明日は、ヘルメット探しに行こう』ママが言った。

『これで!今夜は良く寝るだろう!!!』ママ思ったんだけどねえ・・・また、4時に起きちゃった。(涙)6時半にも起きちゃって・・ママ・・かなり不機嫌。

でも、スケートなかなか良さそうだぞ!どうして今まで気が付かなかったんだろうねええ・・・
『また来週の月曜に来ようね!』靴がまた借りられればの話だけどね・・・
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/169-0f64f570