FC2ブログ
今日は光ちゃんのスケートの日だった。
”ペンギン”をGETして光ちゃん、練習に勤しむ。

が!今日はオマがどうしても光ちゃんのスケートを見たいというので、連れて行ったからか?光ちゃん、上の空で先生の指示にもなかなか従わない。

もう!光ちゃん!先生があっちに行きなさいって言っているでしょ?』ママはリンクサイドから何度も注意した。

ママ~!ここにいてよ~!!』とか、
オマはどこおお??』なーーんて言って、みんなと一緒の方向に行かない!

全く!あっちにいきなさいよ!!!』ママは叱る。

『あはは!ママはどうしても一番にしたいのねえ~!』オマがカリカリしているママを鼻で笑う。
『は?そうじゃないけれど・・・』ママは言ったが。
オマは続けて言う。
『こんなに小さいんだから、仕方が無いわよ~』と言う。
まるで、私が教育ママみたじゃん!ママは、ムッと来た。

私はね。一生懸命やっていれば、出来なくても良いの!でも、幼稚園でもそうだけど、先生の指示を全く聞かないから怒っているのよ!!』と、オマに言った。

言い過ぎなのは分かっていたんだけど、ママは決して光ちゃんに一番になれと言っているわけじゃない。ただ、折角教えてもらえるチャンスが有るんだから、一生懸命教えてもらいなさい。と言っているだけなのよ。

全く、どこの世界も、お祖母ちゃんやお祖父ちゃんは孫には甘い。

そんな中で、先生が言った。
『再来週、Meisterscaftが有るから。』
『ありゃりゃ・・・選手権か・・・”ペンギン”が一緒じゃ関係ないでしょう・・』ママもパパも言った。
『あ・・そうねえ~。”ペンギン”が一緒じゃまだ関係ないですね・・』と言われた。

そう、ドイツはMeister(名人)の国。こんなに小さい子でも、Meisterscaftの試験が有るのね~。どうりで、みんな真剣に後ろ向きで滑ったり、円を上手に描いたりしていたわけだ。

今年は始めたばっかりで無理だけど、来年はがんばってねえ。
あ・・やっぱり、教育ママなのかなあ~??

でも、光ちゃんは最後には随分上手になってきた。
やっぱり、先生が居ると違うのねえ・・・

あ~!お腹が空いたよ~!!』終わったとたんに光ちゃんは言った。
今日も楽しかったようだね。良かったね。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/183-019ef5de