FC2ブログ
今日は、りげ子さん宅にお邪魔しに行った。光ちゃんとはーちゃんは仲良く(?)一緒に遊んで大満足で帰って来た。

夜寝る前・・光ちゃんはいつものように、ママと今日の出来事について話していた。ママは内心『さっさと寝てくれよ・・』と思うのだが・・楽しみでもある。

『そういえばさー。はーちゃん、今日、玩具投げちゃったよねえ~。面白くなかったんだねえ~。でもさ~。あれはいけないよねえ~。』と言う。光ちゃんだってするじゃないか!と思いつつ。
『そうねえ~。いけないねえ~』と、ママが言うと。

『玩具がかわいそうだよねえ~。でもさあ~。はーちゃんはまだ赤ちゃんだからねえ~。仕方が無いよねえ~。光ちゃんはもう大きいからさ~。あ~言う事はしないんだよねえ』と言う。
そうか?するじゃないか!』内心思いつつも・・。

『そうねえ~。光ちゃんはもうお兄ちゃんだからねえ』といってあげると。光ちゃん満足そうに
『そうだよ~。でも、はーちゃんはまだ赤ちゃんだからねえ~。』と言う。

『あとさー。はーちゃん、あんな所に上っちゃ危ないよねえ~。光ちゃんはしないけれどさあ~。落っこちちゃったら痛いのにねえ~』と、今度ははーちゃんが窓際に上ってはーちゃんママに叱られたのを思い出したらしい。

『そうねえ~。危ないよねえ・・』と、ママが言うと。
『う~ん。怪我しちゃったら救急車が来ちゃうからねえ~。なんで、あんな危ない事しちゃうんだろうねえ・・まあ、まだちっちゃいからねえ~。でも、光ちゃんは大きいからあんな事はしないんだよ~』と言う。

『でも・・なんかさ~。光ちゃんの去年を見ているようなものなんですが・・・』ママはそう言いたいのを我慢して
『光ちゃんはもう大きいからねえ~』と言ってみた。

知らないうちに、光ちゃんはすっかりお兄ちゃんぶっていた。
『下に兄弟が居たらきっと良いお兄ちゃんになっていたんだろうね・・・』ママは本当にそう思った。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/189-b0de2c71