2003.09.16 巣立ちの日
今日はまさにそんな感じがした。
初めて1人でプレ幼稚園に残るために、風邪でチョット遅れたものの出かけていった光ちゃんはちょっと得意そうだった。
ママが迎えに行った時、ママの顔を見るなり、泣き出した。すでに何度か泣いていたようだったけど。本人はそれでもがんばったんだと思う。
『光ちゃんねえ・・泣いちゃったの。ママが居なかったから』と、光ちゃんは言ってママに抱きついた。

『今日は泣いて大変でした。言葉も分かって居ないようで、少し時間が長いようですので45分遅れて連れてきてください!』そう言った先生はあまりに冷たいと思った。
これじゃまるで、光ちゃんが悪いようじゃない?でも、光ちゃんはそれなりにがんばったんじゃないのかな?
言葉が分からないのは何度も言ったけれど、先生は
『そんなのは大丈夫です!』といった。
泣く子もいるがそれも大丈夫だって言ったじゃない!
それが何?これは?先生はプロだからお金を払っているわけでしょ?何とかしてくれるのがプロじゃないの?
光ちゃんは、ママと離れて全く知らない人の中に残るのは本当に初めてだ。
だったら、もう数回見てくれても良いんじゃないのかな?
始めの一回で、時間を遅らせて来い!は無いんじゃない?

それでも、光ちゃんは帰りの道でハツラツとして見えた。

夕方、オマが来て帰る時に、光ちゃんはママに
『オマと行っても良い?』と聞いた。ママはビックリした。
『ママは行かないよ。いいの?』とママは言ったが、光ちゃんは
『ママはここに居てくれるでしょ?光ちゃん、戻って来るからね』と言った。
支度をして、初めてママ抜きで光ちゃんはオマと出かけた。

『バイバイ~!泣かないでねえ』。と言った光ちゃんは、少し大人になったような気がした。

どうやら、光ちゃんはママから羽ばたこうとしているようだ。
寂しいけれど、ママはここでいつも待っているから、安心して良いんだよ。
がんばれ!
Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/19-f0d0bb24