FC2ブログ
2004.07.01 隔離された!
今朝は、お医者さんに行くことにした。

電話では
『予約は入れられないので、10時過ぎに来て、待っているように!ただし、着いたら受付に水疱瘡で有る旨を言ってください!』と言われた。

歩いていける距離では無いので、顔に出て居ないのでバスで行く事にした。(いけないかなあ・・やっぱり・・)

到着すると、医者のドアに
『水疱瘡の患者さんは、勝手に入らずにインターホンを鳴らして、係りが来るまで待ってください』と書いてあった。

その間にも、患者さんが入っていったんだけど・・指示通りインターホンを鳴らして待った。

『あのお・・この子、水疱瘡なんですが・・』ママが出てきた女性にそう言うと、
『はい。分かりました。他の患者さんと、隔離しますのでこちらの部屋で待ってください』と、受付もしないまま小部屋に連れて行かれた。

『ふあー。すごいなあ・・』ママは感心する。

10分・・15分・・光ちゃん、待合室じゃ無いので、おもちゃも無いし、退屈してきた。

20分後・・

『先生が来ますから。』と、受付の女性がママの出しておいた、保険証(みたいなもの・・)を持ってきてくれて、先生が登場した。

『はは~。これは、100%水疱瘡です!1週間は、他の子供とのコンタクトを取らないように。』先生は100%保証してくれた・・・(嬉しいような・・悲しいような・・)

薬は予想通り、持っていたかゆみ止めのローションだけと言う事なので・・薬も貰わずに診察終わり。

『これで終わりです』と、受付嬢が言ってきたので、
『すみません・・この子にトイレを貸して欲しいんですが・・』と言うと、この受付嬢、あからさまに迷惑そうな顔をして
え・・行かなきゃ行けませんか?』と言う。

『あのさー。水疱瘡の子はトイレも使っちゃいけないんかい?じゃあ、診察なんて時間外にしてくれれば良いじゃん!』そう言いたいのを抑えつつ。

ハイ。』それだけ言うと、
『じゃ・・どうぞ』と言ってくれた。

ママと光ちゃんは診察室を出てトイレに行こうとすると、ぼお~っと、他のドアが開いて、赤ちゃんと子供を連れたお母さんが出てきた。

『あああ!!○○さん!出てきちゃ駄目です!戻ってください!この子は水疱瘡です!!!』と、受付嬢が絶叫した。
このお母さんも、
『ははい!!!』と慌てて、子供を部屋に引っ込めた。

『・・・・・』ママ、この反応にかなり笑った。
そりゃねえ~。水疱瘡はうつるわよ。でもさあ・・どうやら、今の時期、流行っているらしいんだから、何処かで拾うかもしれないじゃんねえ。

ママと光ちゃんはトイレを済ませて、
『さようなら』と、玄関を出ようとしたら。

『もうドアを開けても良いですよ』と言うアナウンスが流れた。

そうか・・廊下に誰も居なくて、待合室のドアが閉まっていたのは、どうやら”伝染病患者”が居るという通達が出ていたんだろう。

まあー。こういうの初めてだったので・・ママ、ビックリした。サーズじゃあるまいし・・・ねえ。

でも、ちょっと感じ悪いよねえ。院内感染を防ぐためじゃしょうがないんだろうけれど・・・それなら、時間外に見てくれりゃ良いんじゃない?

何はともあれ・・・光ちゃんの発疹、ただいま60個!少々痒いらしい・・・
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/253-a0f7c7ec