FC2ブログ
光ちゃん、いつも寝る前にママに絵本を読んでもらうのを楽しみにしている。

毎晩、自分で『今日はどの本にしようかなあ~?』と言いながら、お気に入りの本を選んで持ってくるわけだが、やっぱり”自動車関係”の絵本が多い。

(ここは、日本じゃ無いので、図書館で借りてくるって事も出来無いので、必然的に同じ本の中から選ぶんだけどね・・)

今日もその中から”のろまなローラー”という本を選んで
今日はこれにするよ~!』と、ママのところに持ってきた。

この本は、道路を直すゆっくりのローラーに対して、何台かの車が、始めはバカにしながら通るが、途中で道路がでこぼこのために、この車たちは次々にパンクして、ローラーに感謝する・・という展開の話なんだけど・・・

光ちゃんは、ママが絵本を読む間中

『ねえねえ・・この標識はさ~。なんだっけ?』とか、
『ここはさ~。みとおしがさ~。悪いからさ~。プップーって警笛鳴らすんだよね~』と、煩くてなかなか簡単に読み進めない。

『そうそう・・』始めは相槌を打っているママなんだけど・・あまりにしゃべり続けるので、気の無い相槌だけになってしまう。

『ハイどうぞ・・・』あまりママが無関心な相槌になると、光ちゃんは気がついて先を読ませてくれるんだけど。

『じゃ先読むよ・・・”邪魔だよ。邪魔だよ・・”』と続きを読み出したとき、光ちゃんは
『は~・・大体さ~。話す自動車なんてさ~。無いんだよなあ~』とため息交じりに言った。

ママはこの光ちゃんの言い方が、まるでダメ出しをする映画監督か何かのようだったので、

『プッ・・・』と笑ってしまった。

だってさ~。絵本読んでもらっている3歳児がさ言う言葉じゃないよねえ~。

この後も、光ちゃんはこのローラーと他の自動車の会話が有る度に小声で
『そうじゃないんだよなああ~・・』と言っていた。

なんか・・変な3歳・・・(笑)

明日は何の本を選ぶんだろうねえ~?
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/267-70e56353