『光ちゃんさあ~!今日ねえ~!幼稚園でウンチしたんだよおおお~!』光ちゃんが帰りの車の中で言った。
『え!?何したって?!!ウンチしたの!!!??一人で?』ママはビックリ仰天した!!

だって・・光ちゃんのウンチは柔らかくて・・・家でママが拭くときは子供用のトイレに流せるウェットティッシュで何回も拭いてもきれいにならないので、その後、転がしてお尻拭きで拭く!

『え?で?お尻は誰かに拭いてもらったの?』と、ママが聞くと。
『だ~れも!光ちゃんねえ~。自分で拭いたんだ~!』という。

『すごいじゃない!!(げげ・・パンツにくっ付いているかもなあ・・)きれいに拭けたの?』ママが聞くと。

『きれいに拭けたよおお~。ゴシゴシ拭いたんだもん♪すごいでしょおお~?』光ちゃんは自慢げに言う。

『しかし・・今まで外でウンチなんてもよおしても出来なかったのに・・どうしたんだ??』ママは考えていた。

帰ってみてみたが、特にパンツにもついていなかった。(不思議だ・・)

夜・・・ベットの中で恒例のおしゃべりになった。

『今日さあ~。ラファエロもウンチしたんだよおお~!ぎゃはは!光ちゃんとラファエロとパトリックも一緒にさ~!行ってねえ~。ウンチしたんだ~』光ちゃんは言った。

『ええええ!!3人で一緒にウンチしたのお?連れションならず・・・連れウンコか・・(下品・・・)』ママは大笑いした。

『そそ!ラファエロが一番先にウンチして~。光ちゃんは待っていて~。光ちゃんが次にしてえ~!ラファエロが待っていて~!あ!でもね~。パトリックは待っていただけで出なかったんだ~!!きゃはは』光ちゃん笑う・・

『どんな光景だ・・・』ママは3人でトイレに行って待っている図を想像した・・変なの・・・

『それってさあ・・・パトリックはずいぶん長い間待っていることになるんじゃないの・・・?』ママは言った。

『そうそう!光ちゃんはさあ~。ラファエロがウンチだって言うのを待っていたら、光ちゃんもしたくなったんだよねええ~!でもさあ~。パトリックは出ないんだよ~!ぎゃはは』光ちゃんは楽しそうに話す。

『そっか・・・光ちゃんとラファエロは、仲が良いんだねえ~・・』ママが言うと、光ちゃんは満足そうに
『光ちゃんとラファエロはお友達だからねえ~。あ~でも、パトリックもこの前からお友達だよ!ウンチは出なかったけれどねえ~♪だって、光ちゃんとラファエロの事待っていてくれたんだもん♪』という・・

どういう基準の友達じゃ!!!

とにかく、迎えに行ったとき、ラファエロと光ちゃんは仲良く木の棒を持って、ママを撃ってきた!(撃つまねね)
そんなわけで・・

『う・・痛い!!!』てついでにやられた振りをして、この二人にくすぐって反撃して置いた。(バカだな・・)

『きゃははあ!!』この二人の大きな笑い声に、興味津々で男の子がどっと集まってきて・・
『これ・・全部相手は出来ないぜ・・』って思って、慌てて逃げ帰ってきた。(ついでに・・幼稚園の先生の冷たい視線にさらされたのでね・・やっぱり、親が一緒に攻撃ごっこはまずいわよね・・)

いやあ~・・楽しかった。(本当はサービスで幼稚園の庭を走り回って逃げても良かったんだけど・・さすがに止めておいた)

今日はなんだが光ちゃんとママ・・久しぶりに円滑にすごせた気がする・・いつもこうだと良いんだけどねえ・・

そうそう・・光ちゃん、パトリックも仲良くなったので、誕生日会に呼んで欲しいという。(臭い仲での団結だな・・)

ラファエロ、カメロ、パトリック・・・このままじゃ、誕生日まで何人に増えるかわからんぞ・・この辺で手を打ってもらわないと・・この狭い家に男の子4人は・・考えても怖いんだが・・これ以上になったら・・どうなるんだ???

早い所、招待状を作らなきゃな・・で?出し物はどうするんだ!!!(ドイツの子供の誕生会はすごいイベントであるので・・親は大変だ!)みんな来てくれると良いんだけど。どうなるかなあ~・・

Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/360-d447eba2