FC2ブログ
今日、耳鼻科の再診に朝から光ちゃんパパと出かけた。

『あのね・・私は医者がなんと言っても、この子はどうも聞こえていない事が多い気がするし、今でもたまに耳を触っている事が多いので痛いのかもしれないの。キチンと聞いてみてよね』ママは気になっていたのでパパに言いつけた(笑)

結果・・・
どうして、医者はもっと早く気がつかなかったんだろう・・。

光ちゃんは鼻の中に大きなポリープが出来ていて、それが耳の膿や空気の換気を妨げているので、中耳炎を繰り返し。
今日3度目の聴力検査では『かなり聞こえていない事が有る可能性がある』の診断が出た。

ここ一ヶ月の間に2度も聴力のテストをして、毎回『耳はキチンと聞こえています』と言ったじゃないか!

そして、『ミュンヘンの大学病院で早期に診断を受けて手術を受けてください。入院に掛かる日数は最低3日。全身麻酔で行われ、3日間はママも一緒に入院する事になる』と言われたそうだ。

帰ってきたパパはママに説明できず、ここまでの情報は何とかネットで調べて理解した。

何なんだ!光ちゃんが始めて中耳炎に掛かったのは去年の年末、今まで4回も中耳炎になって、なぜ?早いうちに専門の病院への診察を薦めてくれなかったんだ!ママには分からないけれど、もしかしてもっと早かったらこんな小さな子供に全身麻酔で手術なんてしなくても良かったんじゃないのか?

もし、今日もママがパパに言わなかったら?光ちゃんはこのまま慢性中耳炎になるか?難聴になってしまったんじゃないのか?

そしてまた、今回もまた抗生物質が処方された。
今までもう何種類の抗生物質をこの短期間に出したんだ?
子供は自分では症状をうまく訴えられない、だから、こうしてママである私が医者に連れて行くのに、そこで納得できる診断が受けられない。しかし、連れて行かないわけには行かない。

なんだか・・理不尽で納得できない。

こんな小さな子に・・全身麻酔で手術・・・。いくらなんでも可哀想で・・。でも、やらなければ、悪化するだけなら、しないわけにいかないだろう。

医者によってはこの手術はこの年ではまだ早すぎてしないほうが良いと言うらしい、紹介されたミュンヘンの病院は専門だと聞いた。ここで、出来れば他の方法が見つかることを祈っている。

予約は12月14日。どうなるんだろう・・・。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/395-b3c0fb7f