FC2ブログ
朝起きて光ちゃんはいつものように
『ママ!おしっこ!!』と言った。ママは光ちゃんに
『早く行っておいで!あ!ニコラウスが何か入れてくれたかもしれないから。。ドアの外の靴下みてごらんよ!』と言った。

光ちゃん、思い出して
『あ・・そうだ!』と言いいながら、そ~っと、ほんとうにそ~っと。ドアを少し開けて。ドアの外をのぞいた。

『あああ!!!ママ!何か入っているよ♪』そう言って。靴下を取るのも忘れてドアを閉める。顔には満面の笑みを浮かべている!

『本当!?何が入っているんだろうねえ~!早くおしっこして、靴下取っておいでよ!』おしっこを忘れている光ちゃんにそうせかした。
光ちゃんは、またドアをそ~っと開けて靴下を見て、
『ニコラウスが来たんだねええ~!来たんだ!』そう言って、またまた靴下も取らないでトイレにも行かずにドアを閉める。

あはは・・変な反応だな。。。しかし、オシッコ漏らされちゃたまらないので、
『ほら!早くトイレに行っておいで!』そう言ってトイレに急かせた。

『あ・・うん♪』ドアを開けて光ちゃんニコニコ顔で下がっている靴下を見てトイレに行く。トイレから
『ニコラウス来たんだああ~!』と言う呟きが何度も聞こえる。
ここまで喜ばれると用意した甲斐が有ったってもんだ!

『ママ!何が入っているんだろう』光ちゃんそう言いながら靴下をのぞいている。

『ほら・・そこから取って持っておいでよ!』ママが言うと、光ちゃん始めて気がついたように、靴下をドアの取っ手から外してベットに持ってきた。

『あああ!!お菓子だよおお~!見て!あ!これ!光ちゃんが持っているガムと一緒だよおお~!』光ちゃん中のお菓子を抜き出して言う。

『あああ!本当だねえ・・(冷や汗・・)そこいら辺に残っていたお菓子もついでに入れちゃった手抜きがばれたか?一瞬ママはそう思ったが、光ちゃんはニコニコでお菓子を取り出して満足している。

『まだあるのに・・』ママは思いながら、
『光ちゃん。まだ何か入っているんじゃない?』ママはすでにお菓子で満足している光ちゃんに言う。

『あ・・そうか!あああああ!!!ママ!見てよ!!光ちゃんの感動が伝わってくる。

光ちゃんの手には、夏から欲しがっていた”消防自動車の電動歯ブラシ”が握られていた。(あはは・・変なプレゼントだが・・)

『光ちゃん!これず~っと欲しかったんだよおおおお!!!寝ながらね、これこないかな~・・ってずっと思っていたんだよおおお!!ニコラウスがどこかで買ってきてくれたんだああ~!!うわああ!!』電動歯ブラシを握って光ちゃんもううれしくて仕方が無い様子だ・・

ニコラウスがどこかで買ってきてくれた!って言い方が妙におかしかった。ニコラウスも買い物に行くのか・・(爆)

『あああ~!パパまだ起きていないかなあ~!』光ちゃんはブラシを握り締めて言う。

『起こして見せてくれば?』ママが言うと、光ちゃんは
『そうする!』と言って、パパの所に言った。

『パパ!!!ニコラウスが来たんだよおお!!ほら見てよ!』光ちゃんの声が聞こえる。
『そりゃ良かったなあ』パパが言っている。

この歯ブラシ、夏に一回だけ、スーパーで見かけて、光ちゃんは一目ぼれしたんだが・・それ以降、どこに行っても見つからなかった。先週やっと一個だけ売っているのをママが偶然見つけて買っておいたんだ。

『幼稚園に持っていって、ニコラウスに見せるんだ!』光ちゃんの幼稚園には今日の午後からニコラウスが来るので、光ちゃんどうしても持っていくと言う。ママ、少々不安になって
『でもさあ・・その辺をゴシゴシしちゃったら歯磨きできなくなっちゃうよ・・』そう言ったんだが、光ちゃんは絶対に持っていくといって聞かない。

『じゃあ、見せたらガードローべに置いておきなさいよ!』と言って置いた。
『うん!』光ちゃんは歯ブラシを握り締めて幼稚園に出かけた。

午後・・迎えに行ったママが見せられたのは・・・
埃まみれになった無残な歯ブラシだった・・(号泣)

『ママ・・歯ブラシ汚くなっちゃったんだ・・』光ちゃんは言う。
『あれほど言ったのに・・何したのよ!』ママが聞くと、光ちゃんの友達のラファエロ・・事も有ろうにこの歯ブラシで絨毯の床をゴシゴシこすり、ついでに外の砂場にまで持って行って、ここでもゴシゴシやったらしい・・・

『だから言ったじゃないの・・なんできちんと片付けなかったのよ・・いくら友達でも何でラファエロにやめろって言わなかったの!』ママは言うが後の祭りだ。

光ちゃん見る見るうちに目に涙がたまって来る。
『言ったよ・・でも、ラファエロがやっちゃったんだもん』光ちゃんはそう言う。

初めはママは、この歯ブラシブラシの部分だけ変えられると思っていたので持たせたのだが。。なんと。。この歯ブラシはブラシの部分が変えられなかったのだ・・・

そんなわけで・・・光ちゃん一目ぼれしたこの歯ブラシで歯を磨くことは一回も出来なかった。(涙)

帰ってきたパパが、その話を聞いて光ちゃんに
『ああ・・もうこれでは磨けないな・・でも、ほら!こうやってお前のミニカーを掃除すれば良いじゃないか!』と名案を出した!(珍しいな!)

すると、泣きじゃくっていた光ちゃんは、
『そうだ!そうだね!』と言って笑顔になった。

7ユーロもしたライトまでつく電動歯ブラシだったのだが、こんな事になるとはねえ・・一個しかなかったのに。

まあ・・仕方が無いか。あの時、もっときつく反対しなかったんだから、ママにも非がある。

午後、オマが遊びに来て、光ちゃんに
『はい!これはニコラウスから・』と言ってお小遣いをくれた。しかし、光ちゃんは
『これは、ニコラウスからじゃ無いよ!もうニコラウスはきちゃったんだから!』と言ってオマを混乱させた。

そうです!目の前でお金渡されてもこれはオマからであって、ニコラウスからじゃないよね~!

何はともあれ、今日は一日ニコラウスだった。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/402-f3df4019