本来これは1月6日にあるカトリックの休日で。(東方の三博士が着るとの誕生を祈って来訪したという伝承に基づく祝日(辞書より))これが終わると、長かったクリスマスのお祝いも一応終結を迎える。

1月6日に、子供がこの姿でそれぞれの家庭を訪問して、今年一年の家庭の幸せを祈ってくれて、玄関のドアに記号をチョークで書き込んでくれて、こちらはいくらかの小銭を渡す行事なんだけれえど・・
なぜか?今年はもう来てしまった!!!

子供曰くは・・
『沢山回らなきゃいけない・・』とか、『学校が始まっちゃうから』などの理由で早めてくるわけだけれど・・。

去年までは怖がるどころか、なんとなくウキウキしていた光ちゃんだったが、今年は隠れたまま出てこない

結局、最後までママの後ろにしがみついて出てこなかった。

『怖くないじゃないよ!何で隠れるのよ~!』と言っても、理由は良く分からない。

『あの人たちなんで来たの?』と言うので、ママは
『ママたちの家族の今年一年の幸福を祈ってくれたのよ』と話すと、光ちゃん
『??コウフク・・・?コウフクって何だ?』と聞く。

『幸福ってのは、そうねえ~。みんなが今年一年、病気にもならないで事故にも起きないで、幸せに暮らすって事よ』と教えてみた。

シアワセ・・・?って何?』と、来た。

シアワセってのは・・病気にもならないで・・(あ・・これじゃあ・・最近、病気ばっかりの光ちゃんは不幸になってしまうか・・)家族みんなが平穏に・・(平穏なんて言っても分からんな・・)』と、一人で問答している間に、光ちゃんは
『ふ~ん・・じゃあさあ・・3konigeが来たのに、事故に有ったらどうするの?』と聞く。(鋭い突っ込みだ・・)

『う~ん・・それは・・・運が悪かったって事かな・・』と、苦し紛れにママが話すと。光ちゃんは
ウンが悪かったって・・?何?』と聞く。

『運が悪かったってのは・・う~ん・・運ねえ・・う~ん』ママここで唸ってしまった・・。

『運には幸運と不運があって・・幸運は幸せになるし・・あ・・幸せが分からないんだったなあ・・。嬉しいことがあるのが幸運で・・悲しいことが起こるのが不運・・って・・わかる?』と聞くと、光ちゃん

『う~ん・・分からない・・』と言う。

何ともママのボキャボリーの少ないことか・・(涙)だから、光ちゃんの日本語の単語の数が少ないのよねえ・・。

しかし、形の有る物の説明は簡単だけれど、こういうニュアンスだけの事の説明ってのは難しいねえ。

光ちゃん何でも欲しい星人だが、何でも知りたい星人でも有る(爆)。

何でも説明出来ないと大変だ!!ママ勉強不足を感じた。

ふう・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/429-c6061fe5