『ママ~!でんでん虫がお腹空かせちゃうよおお~!!』

katatsumuri2



折角の日曜日の朝なのに・・・光ちゃんは、飛び起きて言う。

『ちぇ・・・飼うんじゃ無かった・・・』仕方なくママも起きる。

『おはよおお~!!うええ~・・ウンチばっかりだよ・・・』庭のテーブルの上に置いた入れ物を覗いて言う。

『本当だ・・・これ、光ちゃんの仕事よねえ・・』ママが言う。

『分かっているよお・・でも、どうすれば良いのかなあ・・?』蓋を開けてあげると
『お!逃げなきゃ・・』ってな感じで、でんでん虫連中は元気に(?)伸びる。

『まずは・・この缶にでも、でんでん虫を取り出して~・・』と、その辺にある缶を光ちゃんに渡す。

『ひゃあーー。』光ちゃん、おっかなびっくりででんでん虫をつかめない。

『んもお!噛まないから!こうやってだねえ~・・。げげええ~~ママ一瞬躊躇する。

だって・・・でんでん虫さあ・・ヌルヌルなんだよ・・・。滑って取れないんだ。

それでも、光ちゃんは大事そうにでんでん虫をつかんで缶に入れる。

入っていた容器を洗うが・・これまた
『ウンチがああ!取れない~!!』とか煩い。

やってみると本当にくっつぃて居る。

『ひゃああああ~~・・ぞぞぞ~~』ママは内心叫びながら、仕方なく洗ってやる。

今日は、ニンジンときゅうりを入れてやった。

始めてみるニンジンときゅうりにでんでん虫はすぐに寄ってきた。

『うわあーー。美味しいんだねええ~!!』光ちゃんはニコニコしている。

『ニンジン食べると、オレンジのウンチするんだよねえ~?日本の本で見たよ』光ちゃんは言う。
そういえばそんなこと書いて有ったな・・・。

午後に、卵の殻を砕いて入れてやった。なんでも、殻の為にはカルシウムが居るらしい。

それを見ていたパパは
『クリスマスには巨大になっているんじゃないか・・・?』と言う。

『ぎょ・・それまで居るのか???!!』ママはすでにでんでん虫を解放してやりたい気分である。(と言うか・・自分が解放されたい・・)

見ていると、2匹のでんでん虫はくっついて・・・何やら怪しい雰囲気。

『まさか・・・これは・・』そう・・多分、交尾である。

うそでしょおおお!!!これ以上増えたら困るからねええ!!!

本当は卵を産むために”土”が要るらしいが・・・。

『お生憎様!そのつもりは有りませんので・・あしからず・・』と、心の中ででんでん虫のカップルに言っておいた。

毎日せっせと掃除しなきゃ・・・。卵なんて孵ったら大変だよ・・。大問題。

しかし・・・でんでん虫は丁度今の時期が繁殖期らしい・・。なんだか、でんでん虫のエキスパートになった気分だ・・・。

おやすみ~!ちょんちょん♪』光ちゃんは寝る前に、でんでん虫の挨拶して、寝ていなかったでんでん虫を突いていた。

はあ・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/552-99bb3a5a