FC2ブログ
夕方テレビでロンドンのテロのニュースが流れた時・・。光ちゃんは珍しい救急車やパトカーを見つけて、興味深くニュースを見ていた。

『○○名の方がお亡くなりになったり怪我をされている・・』とニュースが言った。
画面にはやけどを負ったり血だらけになった方が映る。

『うわ・・・光ちゃんの所じゃなくて良かったね・・』光ちゃんが言った。

ママ『光ちゃんの所じゃなくたってどこだって良くないのよ』
光ちゃん『だって、光ちゃんやママは怪我しないもん・・』と言う。

ママ『この人たちにはみんな家族が居るのよ。誰かのパパかもしれないし、ママかもしれない。誰かの子供かもしれないのよ』
光ちゃん『でも、光ちゃんのママもパパも、怪我していないじゃん』

ママ『だって・・例えば朝”行ってきます~!帰って来たらおいしいご飯食べようね~!”出かけて行って、それきり会えない人もいるんだよ』
光ちゃん『う~ん・・・』

ママ『光ちゃんだったらどう思う?パパが夜には一緒に遊ぼうね!って行って出かけたのにそれきり会えなかったら?』
光ちゃん『嫌だ・・・』

ママ『もし、怪我しても同じよ。朝、抱きしめる時間が無くて、帰ってから一杯抱きしめてあげよ!って思って出かけたのに、怪我して腕が動かなくなっちゃったら?もう光ちゃんを抱きしめてあげることが出来ないのよ・・』
光ちゃん『そうか・・』

『こういう何でもない人たちを、傷つける事はどこの誰であろうとも絶対にしてはいけないし、許してはいけないのよ』ママは光ちゃんに話した。

光ちゃんはまだ4歳、こんな話は難しいかもしれないけれど・・こういう行為は許してはいけないと言うことを心のどこかに残して欲しいと思う。

我が家では光ちゃんに”銃”や”剣”の玩具は買い与えていない。ドイツではそんな家は沢山有る。しかし、今回日本へ行ってみて、殆どの子がいくつか持っているのに驚いた。

たかが玩具・・されど玩具である。

それが直接何に結びつくわけでは無い・・でも、”銃”や”剣”は戦うために有るもの!と言うのをもっと考えても良いのではないだろうか・・・?

光ちゃんもパパの友達の子供に”拳銃”の玩具を貰って来た事が有る。与えるにはまだ早いと思ったが・・貰ってきてしまったものは仕方が無い。
ファッシングの時に、警察官のコスチュームで使った。もらった時は、打つ真似をして遊んでいた。

しかし、先日光ちゃんが
『ママ・・?これ捨てて良いよ』と言って来た。
『何で?』と聞くと、
『ピストル持っているとさあ~・・警察に捕まっちゃうんだよ』と言う。

何だか分からないが、テレビの番組でやっていたようだ・・・。

『ピストルはさー。悪いものなんだよ・・』と言う。

そんなわけで・・・光ちゃんの玩具からはピストルの玩具は消えた。

テロは絶対に許されないと思う。この子達が大きくなる時、世の中はどうなっているんだろう・・・?
少なくとも安心して歩ける。そんな世の中で会って欲しいと思う。

テロで犠牲になった方、ご家族の方に謹んで哀悼の意を表します。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/583-606b5f3e