オマの犬、ジェニーは相変わらず大人しい。

ビクビクしていつもオマの後ろを付いて歩く。気をつけないと踏みつけちゃうんだが・・。(笑)男の人の大きな声なんて全く駄目!もう怯えちゃって見ている方が
『なぜ?ここまで怯えるんだろう?』と考え込んじゃうほど。


そうとう始めの3年間。酷い扱いを受けていたんだろう・・と想像できる。全く・・可哀相なジェニー。

そんなわけで、光ちゃんが少しでも暴れたら大変!!オマの足元に逃げ込んで出てこない。

しか~し!光ちゃんはジェニーと散歩したくて仕方が無い。そこでオマにお願いして一緒に散歩させてもらった。

『オマ!ジェニーの綱を離してよ!僕が持つから!』と言うが、オマはオマで
『あああ・・車が来たら危ないし・・ああーー。ジェニーが立ち止まったらチョット待ってあげなきゃ』と煩い。(苦笑)

本当はさ・・人間が主導権を握らなきゃいけないんだけどね・・。ま、オマの犬だし仕方が無い。

光ちゃんは不満たらたらで最後には先に1人で家に戻っちゃった。

家に着いても
『ジェニーが怖がるから、大きな音を出しちゃ駄目!』何て言われるので、光ちゃんかなり不機嫌。

でも、ジェニーに嫌われたくない光ちゃんは、珍しく大人しく工作!!!

ジェニーも実は光ちゃんに興味が有る。オマの足元からそっと光ちゃんのする事を観察している。たまに、チョコンと光ちゃんの横に座って”何をしているんだ?”ってな感じで並んで座ったりしている。

ジェニーは遊ばない。犬のスナックも噛み千切るが食べない。吠えない。いつも何かに怯えている。散歩も下を向いたまま。尻尾も振らない。感情の表現が”怯え”しかない。

それでも、オマが飼い主と分かったのか?ピッタリ寄り添っている。夜も廊下においてあげたベットでは寝なくて、オマの寝室の床に毛布を敷いてもらって寝ているらしい。

本当に3歳の犬とは思えない程、何もしない。本当に辛い3年間だったんだろうなあ・・。

このまま、オマに可愛がって甘やかされていれば・・きっといつかイキイキとした目を持った犬に戻ると思う。(あくまでも希望的観測だが・・)

庭で光ちゃんと遊べる日が来ると良いなあ・・。


Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/768-613b03cf