FC2ブログ
今朝、幼稚園に行くと、カメロのガードローべの写真が取られて壁に貼ってあったカメロの写真も全て剥がしてあった。

幼稚園はこのまま子供達に話さないで済ませるつもりなんだな・・と感じたので考えに考えた挙句。光ちゃんが気が付く前に話す事にした。

幼稚園から戻って夕方に光ちゃんを呼んで
『光ちゃん、ちょっとここにおいで、ママね大事な事を話すから』と切り出した。光ちゃん、何かを感じたのか?おどけもしないでママの前に座った。

ママ『光ちゃん、カメロ君はねもうドイツに戻ってこないのよ』
光ちゃん『そんな事無いよ・・・だって・・先生は何も言わないもん』

ママ『光ちゃん、ママね今日カメロ君のガードローべも写真も無いのを見たのよ』
光ちゃん『でも、前に他の子の写真が無くなったけど、他の場所に移したことあったもん。だから来るもん』と言いながらも悲しそうな顔になってきた。

ママ『実はね、この前カメロ君のパパに会ったのよ。その時にね、カメロ君のパパは仕事が無くなっちゃって、もうアパートの家賃も食べるものを買うお金も無くなってしまったので、カメロ君たち一家はイタリアに戻るって話していたのよ・・本当はね、光ちゃんには話さないで。って言われたんだけど・・本当の事を話さないと光ちゃんいつまでもカメロ君を待っているから・・ママは話す事にしたのよ』

光ちゃん『嘘だよ・・カメロもう来ないなんて・・来るよ・・だって、日本に行く前に会ってそれっきり会っていないんだから・・』ここで光ちゃんの目から涙があふれてきた。

ママ『ごめんね・・でも、本当にもう来ないんだよ・・』ママも一緒に泣いた。光ちゃんの辛さが痛いほど伝わってきたら、涙が止まらなくなってきた。

光ちゃん『もうカメロには会えないの・・』光ちゃんが泣きながら聞く。ここで光ちゃん気がついた。
光ちゃん『あれ?なんで?ママも泣いているんだよおお~?』

ママ『だって、光ちゃんが悲しいんだなあ・・って思ったらママも悲しくなってきちゃったんだもん・・』と説明して。
ママ『でもね、カメロ君のパパにイタリアの住所を聞いてきたから、たまには写真送ったりしようね?カメロ君のパパも”友達はたとえ離れても友達だから、いつかお互いに大きくなったら行き来ができるかもしれないよ”って言っていたから。忘れないように連絡しようね』と話した。

光ちゃんは、ママと光ちゃんでカメロ君のパパの仕事を探そう。と言ったが、それはね・・無理だね。だって・・アパートももう出てしまったし。一家を支えるような仕事はなかなか見つからないからね・・。

光ちゃんは光ちゃんなりに納得してくれたかな・・。きっと、今夜寝る前にまた思い出すんだね。

『光ちゃんはカメロの笑い顔が好きだったのになあ・・』光ちゃんが言った。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://koutade.blog.fc2.com/tb.php/911-086165c1